プロフィール

歴史大好き! よろしくお願いします! 更新情報はツイッターにて報告しています。 @nobunaga_take3

ブックマーク

一覧

  • 一番最初に書き始めた長編小説です。

    ♡41,000

    〇5

    文芸/純文学・完結済・209話・596,563字 谷内 朋

    2020年8月28日更新

    半世紀の歴史を受け継ぐ若者たちの奮戦記です。 創業五十年を迎えたものの、経営者の高齢化によって閉館が決まっていたペンション『オクトゴーヌ』 そこに最後の客としてやって来た若い男性に興味を示し、閉館を撤回して後継を託す。 それから一年半後、先代経営者が亡くなって程なくリニューアルオープンを迎え、様々な人々と関わり合いながら少しずつ地域に根付いていく。 *2020/08/28/17:00をもって完結致しました。 他サイトでも掲載中です。

  • 古代中央アジアが舞台のIF戦記

    ♡211,250

    〇2,155

    歴史/時代・連載中・37話・119,784字 哈密

    2020年8月6日更新

    8世紀。唐(古代中国)・吐蕃(チベット)・大夏(トハリスタン)の三国が西域の覇権をかけ、血で血を洗う熾烈な争いを繰り広げていた。故郷を奪われた者、肉親を失った者、何となく流れで戦に加わった者。それぞれの信念や思惑が交錯し、巨大な一枚のタペストリーを織りなしていく──── ◆第1部 西域演義 長安出身の商人・李春が戦乱に巻き込まれながらも、己の歩むべき道を手探りで見つけ出す物語。 ◆第2部 翠緑の蹄鉄 中央アジアの騎馬民族・突騎施(テュルギシュ)がメイン。過酷な運命に翻弄される中で、少年少女は強く生きることを決意する。 ◆第3部 赤嶺の誓い 加速度的に膨らんでいく唐・吐蕃の緊張。両国の間に横たわる溝はもはや修復不可能なほどに深かった。互いの正義をぶつけ合う激動の第3部。 【舞台となる地域】 日本、中国、雲南地方、東南アジア、チベット、モンゴル、パキスタン北部、アフガニスタン北部、キルギス、タジキスタン、ウズベキスタン、カザフスタン、トルクメニスタン 表紙絵は第2部主人公・吐火仙(とかせん)です 表紙・挿絵←匿名の絵師様からいただきました ★←挿絵あり 【参考文献】 ・資治通鑑(著・司馬光) ・マナスーキルギス英雄叙事詩ー(訳・若松寛)

  • 好きな人を守るために好きな人を裏切る

    ♡27,100

    〇10

    現代/その他ファンタジー・完結済・11話・184,475字 探空

    2020年5月4日更新

    【第1回ノベルアップ+小説大賞、二次選考通過作品】 【第8回ネット小説大賞、一次選考通過作品】 西暦2030年、神が地上に現れ、宣言した。この世界は間違って生み出されたので滅ぼすべきだと。 世界を滅ぼそうとした神に対して人類は全武力で抵抗し、神を撃退する。 しかし、世界を滅ぼすべきだという神の言葉を崇拝するメフレグ主義と呼ばれる思想が民衆の間で広まり、メフレグ主義者によるテロなどが世界中で起きるようになる。 国などの体制側は世界を守るために反メフレグ主義を取り、メフレグと反メフレグの争いが始まる。 その争いの中で、メフレグ側にはソフィア、反メフレグ側にはパナリオンと呼ばれる能力者が現れる。 ソフィアはこの世界を滅ぼそうとした神が能力を与え、パナリオンはこの世界を守護しようとするもう一人の神が能力を与えている。 メフレグと反メフレグの争いは、二人の神の代理戦争となっていった。 主人公の河水雪(かすいせつ)は、望まずソフィアになった高校生。 過去に自分の心を救ってくれた幼馴染である須々木理恵(すすきりえ)に対して恋愛以上の強い愛情を抱いている。 しかし、とある事件に巻き込まれた理恵を救うため、やむを得ず神と交わしたソフィアになるための契約内容は、最強のパナリオンである理恵を裏切ることで力を得るというものだった。 これは、好きな人を守るために好きな人を裏切らなければならなくなった少年のその果てを描く物語。 ※この作品は、「小説家になろう」でも掲載しています。

  • 土方歳三に助けられた女の子の話

    ♡6,000

    〇0

    歴史/時代・連載中・52話・188,553字 浅葱るな

    2019年12月4日更新

    土方歳三に助けられた女の子は、髪の色が桜色で瞳は碧色。出生の秘密さえ忘れてしまった彼女は、土方に恋をした。しかし、彼には許嫁が居た。似合いの二人で想いを告げることなく彼女は、彼の横で戦い続ける事を決めた。 そんな彼女に沖田は惹かれていく。

  • 第一回歴史時代小説大賞参加作品です。

    ♡27,900

    〇0

    歴史/時代・連載中・61話・133,377字 星川亮司

    2019年11月30日更新

    時は戦国、関ケ原。 豊臣の天下を守るため立ち上がった石田三成の軍師、嶋左近が、豊臣の天下簒奪を狙う徳川家康の銃弾に倒れ、再び、目覚めた……ら、あ~ら不思議、現代の高校三年生、時生カケルと魂が入れ替わった。 カケルは戦国の武田家、山県昌景にスカウトされ命がけの戦国ライフ。 左近は、魂入れ替わりの謎を解くため、現代ヌクヌクライフ。 左近とカケル、互いの人生を追体験して、漢 としてどう成長してゆくのか……。 (小説家になろう、エブリスタ、へ重複投稿しております)