プロフィール

物語の女神ノベラ

朝食ダンゴ

Lv   :15

作品数 :8

ジョブ :女子高生

称号  :ノベルアップ常連者+

アバター:物語の女神ノベラ

レビュアーポイント:0pt

小説を書く人。 私の作品が現実を生きる人の励ましとなりますように。 智慧とは勇気。 智慧とは誠実。 智慧とは慈悲。 創作とは希望的でなくてはならない。 芸術とは人間に眠る力を開花させるものだ。

ブックマーク

一覧

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ♡1,949,655

    〇13,875

    異世界ファンタジー・連載中・298話 白玖

    2020年2月17日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

  • 真エンディングの条件は『全員救済』

    ♡1,019,100

    〇20,305

    異世界ファンタジー・連載中・104話 Imaha486

    2020年2月16日更新

    「シーフと一緒に世界を救ったってのは、コンプライアンス的に色々とマズいんだ」 そんな意味の分からない理由で勇者パーティを追い出されたシーフのカナタだったが、故郷へ帰ろうにも、そこは魔王の城に最も近いサイハテの街。 宿や食事代は超高額、街を一歩出れば強敵モンスターだらけ、しかも財布の中身は無一文……。 ――そして、この世界は滅ぶ運命にある"救いのないセカイ"だった。 だが、そんな絶望的状況での「水の精霊エレナ」との出会いが、彼を……いや、世界の運命を大きく変える事になる。 カナタに課せられた使命はただ一つ。 それは、かつて誰にも知られる事無く悲劇の結末を迎えた者達を全員救い、この世界が平和を迎える「真のエンディング」へと辿り着くこと! ※旧タイトル「勇者パーティーを追放されたシーフが過去改変で皆を救う物語(ハッピーエンドが好きな人のための)」から改題しました。

  • 傭兵の女の子がロボを駆って活躍します

    ♡74,800

    〇435

    SF・連載中・37話 ラウンド

    2020年2月17日更新

    これは、軍事力の衝突が完全に商業化した、有り得たかも知れない遠い未来の世界の話。 今日もまた、国際的に公認された戦闘地域の何処かにおいて、国家や企業が出資して即席に生み出された軍隊による、統制された戦闘行動が行われていた。 そして、そのような戦場で、強力かつ華やかな軍備が常に求められ続けた結果、とある兵器が誕生する。 人型の胴体に腕と足を持ち、自由に武装を施して戦場を駆け巡る鉄の巨人たち。人々はその兵器の一つを「モビルフレーム」と呼び、それを駆る者たちの事を「フレームライダー」と呼んだ。

  • クールな美少女同級生に甘やかされすぎる

    ♡263,850

    〇6,720

    恋愛/ラブコメ・連載中・13話 モノカキ・アエル

    2020年2月16日更新

    「まったくもう……しょーちゃんはお寝坊さんなんだから……」 上原奨吾のクラスメイトには、その可憐さで学園中の注目を集める美少女、藤村繭香がいる。 いつも人目をひく人気者なのに、クールで誰も寄せつけない彼女。 奨吾がある朝目を覚ますと、そんな美少女、藤村繭香が、”お母さん”になっていた。 父親の再婚によって、奨吾と義理の家族同士になってから、彼女は自分をお母さんと呼んで、なぜか世話をやいてくるのだ。 「とにかく私のことはお母さんって呼んで」 「いやいやいや……」 彼女が『お母さん』にこだわる理由はなぜなのか? 奨吾は考える間もなく、繭香の不思議なペースにのみ込まれていく。 「お母さんって呼ぶの恥ずかしいなら、とりあえずは繭香で妥協する」 ごはん、お風呂、学校生活。 どんなところでも、繭香は奨吾の世話をやきたがる。 これは、不器用で過保護な少女と、そんな彼女に歩み寄れない少年のお話。

  • 毎週日曜日に更新予定!!

    ♡43,860

    〇950

    現代ファンタジー・連載中・139話 松秋葉夏

    2020年2月16日更新

    ごく普通の高校生だった一ノ瀬一騎。 ある日、一騎は正体不明の怪物――《魔人》に襲われてしまう。 絶体絶命の窮地を救ったのは、異世界から召喚された《銀狼族》の少女、イノリだった。 《魔人》と異世界召喚、二つの真実を知ってしまった一騎はイノリが所属する組織、《特派》に身柄を拘束されてしまう。 だが、そこで驚きの事実が判明した! 召喚者にしか纏えないはずの魔導兵装《イクスギア》を一騎も纏うことが出来たのだ! その事実を知った一騎は、みんなの笑顔を守る為にイノリと一緒に戦うことを決意するのだが―― イノリが頑なに一騎の協力を拒み、決闘で一騎を一方的に叩きのめすとイクスギアを没収してしまうのだった。 けれど、イノリのピンチに駆けつけた一騎が再びギアを纏った時、最弱だった少年は『最強』への系譜を歩みだす! 最初からクライマックス!! 怒涛のバトルファンタジー!! これは、異世界の力で最弱だった少年が『最強』へと至る物語―― ※小説家になろう様で連載投稿していた作品をリニューアル、新たに再編集して投稿しております。 ※小説家になろう様、マグネット様、カクヨム様にも掲載しています。 ※作品に掲載している挿絵はNOMU様に描いて頂きました。NOMU様の許可を得た上で掲載させて頂いております。