プロフィール

 メインの作品は『月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚』です。他に長編、短篇と掌篇多数あります。  どうぞご一読ください(*- -)(*_ _)ペコ  

ブックマーク

一覧

  • その少女、闇に魅入られて

    「それ」からは逃れられない

    34,600

    165


    2022年5月23日更新

    交通事故で両親を亡くした奈津子は、過疎化の進む小さな村で新しい生活を始めた。 家族の温もり、優しい友達。彼女がずっと望んでいたものがそこにはあった。 新生活に胸躍らせる奈津子。そんな彼女をあざ笑うかのように「それ」は忍び寄ってきた。 決して逃れることの出来ない災厄に、奈津子はなす術もなく怯えるのだった。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 大杉の誓い~外交官・安達峰一郎青春譜~

    ある外交官の若き日を描いた青春小説です。

    850,128

    4,062


    2022年5月23日更新

    21世紀になってもなお、力による現状変更という大国の暴挙がまかり通る現実世界にあって、かつて、世界平和の理想実現に邁進し、全世界からその高潔な人品を称賛された日本人がいました。 彼は、幕末激動の明治2年、賊軍の地であった出羽国に誕生し、教育熱心な家族の愛情の中で成長していきます。 彼こそ、後にポーツマス日露講話条約の随行員として堪能なフランス語を駆使して講話締結に尽力し、第一次世界大戦後に成立した国際連盟の日本全権として活躍、その人格的高潔さは世界的にも称賛されて、アジア人として初の国際司法裁判所所長に満場一致で選出された、法学博士安達峰一郎です。 彼は恒久世界平和の理想を信じ、国際法に基づいた争いのない社会の実現を目指しました。彼こそが日本人として最初の、真の世界平和主義者でした。 力による秩序破壊がいまだに続く混沌とした21世紀、世界平和を目指した法律家としての彼の信念を育くんだ少年時代を振り返り、彼の原点に学ぶことが今こそ必要かもしれません。

    読了目安時間:11時間9分

    この作品を読む

  • 物書きの備忘録

    間違えやすい言葉を書き残していきます

    353,308

    967


    2022年5月23日更新

    異字同訓、重言、誤字誤用は自覚しているよりも沢山あったりします。 自分が良く間違えたり、ややこしいと思う言葉の備忘録。 自戒の為に書き留めておきます。 【サブタイの★に関して】 特に普段使いで間違えてそうなモノに付けておく事にします。 【更新情報】 月曜~金曜、朝と夜の二回更新

    読了目安時間:2時間55分

    この作品を読む

  • 外れ婚約者とは言わせない! 〜年下婚約者様はトカゲかと思ったら最強のドラゴンでした〜

    年下婚約者様はドラゴンでした!

    410,600

    0


    2022年5月23日更新

    獣の本性を持つものが重用される獣国ハリカリの公爵家の令嬢、アイラには獣の本性がない。 アイラを出来損ないと周囲は言うが、両親と弟はアイラを愛してくれている。 アイラが8歳のときに、もう一つの公爵家で生まれたマウリとミルヴァの双子の本性はトカゲで、二人を産んだ後母親は体調を崩して寝込んでいた。 トカゲの双子を父親は冷遇し、妾腹の子どもに家を継がせるために追放しようとする。 アイラは両親に頼んで、マウリを婚約者として、ミルヴァと共に自分のお屋敷に連れて帰る。 本性が本当は最強のドラゴンだったマウリとミルヴァ。 二人を元の領地に戻すために、酷い父親をザマァして、後継者の地位を取り戻す物語。 ※一章はザマァ、二章からほのぼの子育てとなる予定です。 小説家になろうサイトにも投稿しています。

    読了目安時間:54時間48分

    この作品を読む

  • 竜と、翔ける。

    物語を書く。それは想いを背負うこと。

    10,222

    235


    2022年5月23日更新

    平成から令和になり、多くの人が小説を書き、ネットを通じて読んで貰えるようになった。 出版社が『小説家』を選んであげて売ってあげるという環境から、読者が『小説家』を育て、読者が作品を世の中に売り出す環境へと変化した結果、『物書き戦国時代』に突入したのは間違いなかった。 『物書き』の増加は『作品』を大量に作りだし、大量の『異世界』を創り上げていく。 完結する『異世界』もある中、完結することなく無責任に放置される『異世界』の増加。 それは『読者』だけではなく、その世界を創った『物書き』の知らない所でいつの間にか消えてしまうのか、それとも……。 主人公である高校生翔太は、歴史シュミレーションゲームが好きだったことから、そのゲームの登場人物ではなく、自分の作成したキャラクターたちに活躍の場を与えてあげたいと小説を書こうと決めたのだが……。 小説を書き始めて書き終わることなく放置されてしまった作品たち。その放置されてしまった作品の登場人物たちと、中途半端に終わった世界観や設定の中に作者自身が放り込まれてしまったとしたら。 放置されていつのまにか消えてしまうかもしれなかった世界で作者がその作品の登場人物たちと必死に生き抜こうとするお話が始まる。 ※この作品は熊乃しっぽ作『竜翔伝』のリメイク的な作品になっています。読む際にはその点をご了承ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む