プロフィール

女子高生

このページを報告

ヨシコ

Lv   :13

ジョブ :ひよこ剣士

称号  :百花繚乱

アバター:女子高生

はじめまして、おはようございます。ヨシコと申します。 紅茶を飲むのが好きです。あとMONSTERキメるのが好きです。 でも紅茶飲んで小説書くのはもっと好きです。ああ、小説書くと紅茶が美味い。MONSTERも美味い。 そんな調子でお話を書いています。どうか皆様、宜しくお願いいたします

作品

一覧

ブックマーク

一覧

  • それは科学と神話の交差点、廻る運命の話。

    ♡24,100

    〇880

    SF・連載中・32話 ぱんのみみ

    2019年8月18日更新

    200年前、世界は一度滅んだ。 終末を乗りきった世界は既知の世界ではなくなっていた。 そそりたつ世界樹・ユグドラシル 球体型AI《Mother》 魂の切り札――ヴァルハライド ヴァルハライドを操るレプリカント 人知を越えた種族、神 かつての英雄達、その生まれ変わり、転生者 法が意味をなさない土地『関東自治区』 想像に実態を与える力――魔力 そして、その魔力を制御する魔法。 それらが組合わさる世界で青年と輪廻転生の魔性が出逢うとき、異常なる神話が幕を開く。 ※毎日9時放流

  • あなたはきっと、この物語の虜になる。

    ♡72,290

    〇1,875

    純文学/文芸・連載中・107話 廣末あんり

    2019年8月18日更新

    世界のどこにも存在しない日、9月31日の夜のこと。 銀髪の少女ココロによって、記憶喪失の美少年ことヤマトの世界は塗りかえられた。 国家治安維持協力会議なる、実力組織の一員を名乗ったココロ。 階級《ランク》は一等。 爵位《クラス》は伯爵。 就く役職は執行官。 自身はヤマトの上司であり、妻でもあると彼女は語る。 一方。 不良のタケルと貴族のハルカは、ともに互いの友人の失踪事件を追っていた。 キーワードは『模造品』。 他者《ひと》を知らず。 己を知らず。 求めるものが何かもわからず。 脆い絆の裏に隠れた、緑の予感に戸惑いながら。 情熱《おもい》の残骸《かせき》を胸に抱き、街に出ていた年度末。 タケルはとある少年《かいぶつ》に。 ハルカは少女《だれか》の拉致現場に。 それぞれ遭遇してしまう。 輪郭だけの人の貌《かお》。 まともでありたい欲の塊。 ひとりよがりの誠心誠意。 甘く冷たい排除の理論。 鎌首をもたげる後ろの正面。 ヤマトとタケル。 ココロとハルカ。 『戒《もと》めあい、壊《あい》しあう』 その真理に導かれ、相見える二対の獣。 蒼い瞳の賢者《まもの》が笑う。 それは素晴らしいことなのだと。 時は現代、舞台は『この国』。 青春幻想長編、ここに開幕。 無《から》の神《うつわ》に注がれるのは、誠《ゆめ》か愛《いのり》か。 それとも、魂《こころ》か。

  • ノベルアップ+のサイトを攻略します!

    ♡243,010

    〇1,060

    ブログ・連載中・31話 猫太郎

    2019年8月18日更新

    アバター、称号、ジョブ、レベルアップなど他の小説投稿サイトにない機能があるようなので、攻略していこうと思います! 他にもサイトの更新内容まとめとか機能解説とかGoogleAnalyticsについての記事等のお役立ち情報も随時掲載していきます! ※表紙画像で使用されているノベルアップ+のロゴ、キャラクターの画像の著作権は「HOBBY JAPAN」様に帰属します。

  • 猫執事!どS騎士!ヘタレ皇子!;゚Д゚)

    ♡149,330

    〇1,590

    恋愛/ラブコメ・連載中・22話 クリプタ

    2019年8月18日更新

    王国最大の惨事”継承闘争”から半年……。王国はある判決を下した。 「ーーゴーシュ・ハルハートを国家反逆罪として処罰する」 本当にそうかしら? そんな疑問符を抱えながらアリス・ハルハートは辺境に飛ばされ、父ゴーシュの罪を償いながら隠遁生活を送っていた。 それから数年。 ひょんなことから王宮へ行くをすることになったアリスは獣人執事のニャンタと共にいざ王宮へ………。 せっかくのチャンスだ、自身と父の汚名を払拭しよう! と意気込むアリスだったが、事態はアリスが思っていた以上に深刻なもので…………。没落令嬢の彼女は王族が抱える闇と陰謀に巻き込まれていくことになる。

  • 異世界に渡らない系ファンタジー

    ♡94,010

    〇350

    現代ファンタジー・連載中・112話 F。

    2019年8月18日更新

    二〇二〇年九月、二回目の東京オリンピックが終わったまだ暑い夏の日のことだった。 突如、世界中に異世界との通行ができる魔法陣が出現したのだ。各国は自国内の対応に追われ、特に日本は渋谷のスクランブル交差点に出現した巨大魔法陣、これだけはどうやっても消すことができず、途方に暮れていた。そんな折、異世界から来た一人の『精霊』を名乗る女性が巨大魔法陣を『管理するために』現れる。かくして、ここに特例的に精霊をトップとする内閣府異世界通行管理局が設立された。 それから二年と約半年後。主人公上田稔は内閣府異世界通行管理局に異動となる——。 異世界渡航を管理する公務員、お仕事です! ※「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス」にも投稿中 ※表紙画像の著作権は次の通りです。(著作権者:Mytho88さん、ライセンス:CC by-sa 4.0、<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E9%96%A3%E5%BA%9C>)