プロフィール

主に伝奇バトルものを書いてます。 エブリスタ様で連載していた作品をこちらにも投稿していこうと思うので、 良かったら覗いていってくれると嬉しいです!

ブックマーク

一覧

  • ファミリーズ 〜家出中の魔王の子たち、庶民派でダークなヒーローやってます〜

    ドタバタアットホームファンタジー!

    499,700

    185


    2022年10月3日更新

    遥か昔に、神樹《しんじゅ》によって魔力を与えられた人間と悪魔。幾度も戦争を繰り返した二つの種族は宿敵同士で、戦争が終わった今でも冷戦状態が続いている。 そんな中、魔王の子でありながらヒーローを職業とする八男二女の悪魔十人兄弟、ファミリーズが人の町に住んでいた。王族ディアボロスの天性の黒魔法、黒血《こっけつ》を有し、人知を超えた力を駆使して非道な悪人や魔獣を撃破する。中でもリーダーの末っ子黒野 アイスケは、天使のような可愛らしい見た目とは裏腹に、お金に目がないイタズラ好きの悪魔。いつも傍若無人で金遣いの荒い兄姉たちに振り回される苦労人だ。 そんなドタバタした日常の中で出会った、勇者の一人娘、煌《きら》 ひまり。魔王の子と、勇者の娘。対になる二人が出会ってから、世界を揺るがす未知なる運命が動き出す。 ウザイくらいの愛が詰まったドタバタアットホームファンタジー! ※過激な表現はありませんが、戦闘シーンなどの暴力描写、ほんのお色気要素はあります。 ※過激ではありませんが、同性愛の描写があります。 この作品は小説家になろう様、エブリスタ様、魔法のiらんど様にも掲載させていただいています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間38分

    この作品を読む

  • 賢者が恋した賢者の恋

    コミカル+シリアス+恋愛?×群像劇‼️

    1,190,956

    5,672


    2022年8月31日更新

    【作品紹介】 これは、物語を考えないまま書き始めた物語。 最初は、ファンタジー世界を舞台にした短編のラブコメを書くつもりだった。しかし、そうはならなかった。 ラブコメが何たるかを知らず、そもそも、小説すら読んだことのない私が、小説など書けるはずもなかった。 しかし、書き進めるうちに、物語が浮かんできた。 このキャラクターは、どうしてこうなったのか? 彼らの過去には、何があったのか────? それらの疑問が積み重なり、繋がり合い、物語は構築されていった。 ラブコメを書くつもりだったので、当然恋が始まる。思いついたのは【絶大な力を秘めた女性が賢者に一目惚れをする】というものだった。 最初に思いついたヒロインはラシディアといった。 賢いが少し天然の可愛らしい魔女とした。 次に思いついたのが、ジュメイラという戦士だった。ラシディアとは対照的で、グラマラスで快活、しっかりした感じの女性だった。 あまり深く考える事もなく、ヒロインはラシディアとし、ジュメイラはその義理の姉とした。 次に、ラシディアが誰に、どういった経緯で恋に落ちるかを考えた。 今思えば、恋に落ちるまでも重要な物語であるはずなのだが、何しろ私は小説初心者。短絡的に【一目惚れ】という安直な方法を選んだ。 賢者との出会いはこうだ。 ヒロインたちが街へ来て、偶然出会って一目惚れ────。何とも捻りのない流れだ。よくこんな設定で話を続けようと思ったものだ。 しかし、当時の私にはそれ以上の発想は一切浮かばなかった。 ヒロインたちは街へとやって来た。なんの為に? そうだ。街へ行く理由が必要だった。 そこで咄嗟に考えた。それが、【めちゃ強い魔物を倒さないと手に入らない素材で作った特別な魔法薬を売りに行く】というものだった。 そして、その魔法薬の噂を聞きつけた賢者がやってきて出会う──。そうだ、それにしよう。 その程度の考えで物語は進められた。 しかし、私は思った。──ラシディアたちって、何故そんな力を持っているのだろう、と。 二章を書き終える頃、ようやくその答えが分かった。 太古の昔より続く忌しき宿業──。彼らには壮絶な過去があり、過酷な未来が待ち受けていた。 それを描く為、第三章から主人公たちの過去へと遡り、この物語は始まる────

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:19時間32分

    この作品を読む

  • アルセ・レイリア

    記憶喪失の少女から始まる物語

    89,800

    390


    2022年8月27日更新

    森の中で出会った記憶喪失の少女と共に青年は家族を助けるためにギルドに向かう。 少女の名前はアルセ・レイリア。 『黎明の五称号』である証の髪と目の色をした少女とともに旅立つのはイルド・ラスファーン。 彼もまた黎明の五称号の一人であった。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間16分

    この作品を読む