プロフィール

ボードゲームサークル『天童寺秘伝拳』代表。 『電気代払えませんが非電源(アナログ)ゲームカフェなので心配ありません』を連載中です。

ブックマーク

一覧

  • ゼロからはじめる島津大河誘致

    宮崎鹿児島を主な舞台に戦国と今を描きます

    1,370,328

    7,022


    2021年4月18日更新

    南九州の架空の自治体、宮之城市(みやのしろ)で島津義弘公を大河ドラマに誘致したいと願う一人の青年(ハンドルネーム 祭り之介)と東京の引きこもりの若者(ハンドルネーム コモロウ)横浜に住む壮年の男(ハンドルネーム フウイ)との会話や議論を通じて目標に向かって進んでいく物語。

    読了目安時間:14時間22分

    この作品を読む

  • ただ将棋をして話すだけ

    こんなのんびりした将棋もまた将棋

    59,100

    110


    2021年4月18日更新

    毎週金曜日、深夜、大学の休憩スペース。僕は師匠と話をしながら将棋を指す。師匠はいつもつかみどころのない女性。何を考えているのか、僕にはよく分からない。でも、将棋が好きなことだけは知っている。 ゆっくり、穏やかに流れる二人の間の時間。殺伐としない将棋は、こんなにも美しく、愛おしい。 師匠と僕の将棋の様子をたんたんと描いていきます。対局の描写が中心に描かれることは無いので、将棋を知らない人でも、楽しめる作品となっています。

    読了目安時間:1時間45分

    この作品を読む

  • 人造乙女の決闘遊戯 ~グランギニョール戦闘人形奇譚~

    スチームパンクな異世界闘技場バトル物です

    756,750

    18,215


    2021年4月17日更新

    蒸気機関と練成技術が発展した、現実とは異なる世界。 そこでは『人造乙女(オートマータ)』同士による、熾烈な『決闘遊戯(グランギニョール)』が行われ、圧倒的な支持を集めていた。 刃煌めき血飛沫飛び散る、残酷極まり無い『決闘遊戯』は、堕落した貴族達の欲望を満たす究極の娯楽として、或いは権威権勢を誇示する手段として、国家主導の下、誰に咎められる事も無く、日毎夜毎、営々と開催され続けた。 若き練成技師・レオンは、非情な階級社会に翻弄されつつも、市井の医師として、孤児院の子供達と共に生活を続けていた。 しかしそんなレオンの下に、損壊したオートマータの娘が運び込まれた事で、事態が一変する――。 スチームパンク風、異世界闘技場バトルノベルです。 お楽しみ頂ければ幸いです。 ・こちらの作品は「小説家になろう」様、「カクヨム」様にも投稿致しております。 ・表紙の画像を「永久凍土さま」より頂きました! 心より感謝致します! (https://novelup.plus/user/137185484/profile)←永久凍土さまのプロフィール&作品群です!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:14時間11分

    この作品を読む

  • 僕、あの日夢をみたから

    あの日があるから今の僕があるんだ

    121,608

    1,030


    2021年4月17日更新

    宮沢 明弘(みやざわ あきひろ) 今はまだ窓の外を見つめるだけの高校生 そんな少年が書いていた日記を振り返る たった一人の成長物語 大丈夫、何も心配ないよ だって僕 「僕、あの日夢をみたから」 《ノベラポイント、1回50pまででお願いしたいです!》 ※強制は出来ないので希望です(^^ゞ

    読了目安時間:48分

    この作品を読む

  • 泣き虫魔法少年アーサーと白猫ノーラの奇妙で憂鬱な冒険

    ひとりぼっちの少年の成長の物語です!

    19,950

    58


    2021年4月17日更新

    第二次世界大戦直前のイギリスを舞台に、相続問題に揺れる名門貴族ウォルズリー家を、遥か日本からひとりの日英ハーフの少年が次期当主候補として訪れた事から物語は始まる。 実は少年は現当主の孫で、偉大な魔法使いと呼ばれた初代当主の血を色濃く受け継ぐ魔力の持ち主であり、彼が訪れた本当の理由は闇の勢力から一族を守るため。 彼らを狙うのは魔女狩りで虐殺された一族の復讐のためにナチス・ドイツを操り世界を滅ぼそうと企む『黒い森の魔女』ニナと、その力を借り、次期当主の座を狙う大叔父ルーパス。 彼をサポートするのはかつて『はじまりの魔女』と呼ばれ、猫に姿を変え七百年以上生きている白猫ノーラ。 イギリス政府の諜報部MI6も加わって事態は大きく動いていく。泣き虫少年の大冒険がいま始まる。

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む