プロフィール

ボードゲームサークル『天童寺秘伝拳』代表。 『電気代払えませんが非電源(アナログ)ゲームカフェなので心配ありません』を連載中です。

ブックマーク

一覧

  • エステラ-史上最悪のヒロイン-

    どうも。

    12,400

    100


    2022年5月28日更新

    微睡から目覚めたヒューは、自分の身体がなくなっている事に気が付いた。ヒューの首を刈り取ったのは、『氷結の魔女』と呼ばれるエステラ。失われた身体を取り戻そうと、何とかエステラの隙を探すヒュー。 だが、一緒に暮らすうちにヒューは、魔女エステラがあまりにも平凡で、普通の少女にしか見えなかった。そんなエステラの戸惑いながら、魔女たちと交流することでヒューは、魔女たちの真実を知る。 三〇〇年前、『原初の魔女』セノーテの呪いで荊の中に深く閉じ込められてしまった王国、シェオル国。 幼馴染のジャンとの対立。牙を剥く教会の悪意。人間に絶望し、復讐の道を歩むことになってしまった、『復讐の魔女』たち。 三〇〇年前の真実が暴かれる時、魔女と世界の哀しみの物語が静かに幕を開ける――。 怒涛のヒロイックファンタジー。 ※暴力表現・残酷な表現を含んでいます。15歳未満の方、苦手な方は閲覧をしないようお願いします。 本作品は2016年にWeb公開していた作品を加筆修正して公開したものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間39分

    この作品を読む

  • 彼女がほしい女の子です。宇宙人の交尾を手伝うことになりました。

    いざ生命の神秘へ

    231,400

    2,700


    2022年5月28日更新

    これまで100回も女の子にフラれてきた女子高生、本渡ユカ。 ある日、ひょんなことから正体不明の宇宙人、チユに寄生されてしまう。 目的はただ一つ。セックスをして子供を作るため。 ユカの体を借りて交尾を企むチユだったが、女の子好きのユカ的には男とえっちなどしたくない。 きっぱりと断ってやるユカであったが、 「寄生した個体と同じ性別の方が好ましい」 「それって、つまり?」 「女の子とえっちしろ」 こうしてちょっと奥手な女子高生本渡ユカは、チユと共に彼女作りに励むこととなる。 だが地球に降り立った様々な宇宙人たちのトラブルに巻き込まれてしまい……。 はたしてユカに素敵な彼女はできるのか。 チユは子供を妊娠できるのか。 超ハードボイルド純愛えっちSF小説、ここに開幕ッッ!!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間45分

    この作品を読む

  • アンバランサー・ユウと世界の均衡

    唯一無二の属性「アンバランサー」とは!

    16,100

    10


    2022年5月28日更新

    剣と魔法の世界。孤児院で暮らす少女ライラとジーナは、薬草集めに入った森で、ならず者たちに襲われ、ジーナは瀕死の傷を負う。窮地に陥った2人を救ったのは、謎の能力を使う正体不明の若者ユウ。 この世界の原理から逸脱した力を持つユウは、自分は「アンバランサー」だと名のる。 「アンバランサー」とは何か? アンバランサー・ユウは、この世界でなにをしようとしているのか? ユウに惹かれて行動を共にするうち、ライラとジーナは、孤児院の院長である920歳の美貌のエルフ、ルシア先生とともに、世界の存続に関わる大きな流れに巻き込まれていく…… ※なお、この作品は、「小説家になろう」さま「カクヨム」さま「アルファポリス」さまでも掲載されています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間16分

    この作品を読む

  • 異世界の果てで愛を謳う

    空気の読めない男は『見える』ようになった

    79,800

    1,100


    2022年5月28日更新

    うた─う【謳う】:人の注意や興味を引くために長所・効果などを強調すること。 女には『言って欲しい言葉』というものがある──。 恋人にこっ酷くフラれた俺を、親友がそう言って慰めてくれた夜に、俺はトラックに突っ込まれて死んだ。 俺は空気が読めない。感情の機微が分からない。告げられてもいないのに『言って欲しい言葉』なんて気づけない。 じゃあ、気づける力でもあれば、人生変わったのか? 勝手にトラック突っ込ませて、俺の現世での余生を奪った女神は何か『チートスキルあげるから魔王を倒せ』だの言ってたが知ったことか! 俺はこの『言って欲しい言葉が分かるスキル』で百人斬りをするっ! その先に、親友の言っていたような幸せと安らぎが本当にあるのか確かめる為に── 俺は、この異世界の果てで愛を謳う。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間24分

    この作品を読む

  • 一撃の勇者 -神から与えられた祝福はひのきの棒で戦う才能でした-

    『ノベリズム』月間1位、累計6位作品

    31,250

    100


    2022年5月28日更新

    『――この世界は残酷だった。だから彼らはこの世界に抗った』 神の祝福によって最弱の武器『ひのきの棒』しか装備出来なくなった名家の長男ネオン・グロリアス。 帝国最強の剣士の息子でありながら、ひのきの棒しか使えなくなったネオンを帝都の住民は罵倒し嘲笑った。そして尊敬する父からも「お前は息子ではない」と、家族にも見放され遂には帝都から追放される事になる。その悲劇によって深い森の中へと逃げ込んだネオン。それから10年間、彼は森の中での地獄のような日々の果てに、最弱の武器『ひのきの棒』であらゆる敵を一撃で倒す最強の力を得る。 【※付きのシナリオには挿絵があります】 【イラストの著作権は『カシア@twitter/cassia_1fall5』様に帰属します。 小説内に掲載されたイラスト・表紙絵の無断転載や自作発言などの行為は法律によって禁じられています】 【※背景イラストは七三ゆきのアトリエ様とBGスポット様が公開しているイラスト背景を利用規約を遵守して使用しています】 【ノベリズム版はこちら→https://novelism.jp/novel/hbgFI_MsS-iNmNxRZJRKNQ/】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:20時間21分

    この作品を読む