プロフィール

シュウ・スターリング(デンドロ)

えん@雑記

Lv   :19

作品数 :6

ジョブ :殻ひよこ

称号  :プロ応援者

アバター:シュウ・スターリング(デンドロ)

レビュアーポイント:3pt

https://twitter.com/minazukien 細々と書いています! たなぼた作家になりたい あ、あと読まれたい

レビュー

一覧

ブックマーク

一覧

  • 表紙絵が全てを物語ってマス

    ♡358,750

    〇706

    ブログ/活動報告・連載中・230話 依澄礼

    2020年5月28日更新

    黒依澄「カッとなってやった。後悔は、ちょっとしてる」 こういう人間も生息してるよ、というお話。 華麗にスルーしてください。 お絵描き始めたのは「88話」から。初期はホント凄まじい。 いろんな表紙絵や『底』のイラストは、ペンタブ未使用。「MediBang Paint」というアプリを使ってiPadで描いてます。

  • 現代の妖退治物語。

    ♡710,490

    〇30,950

    現代/その他ファンタジー・連載中・108話 夏月凛太郎

    2020年5月27日更新

    古の時代、妖は人々の隣にあり、時として人々の生命を脅かしてきた。 ――時が経ち、現代。 妖は物語の彼方へと押し込まれ、その存在が信じられなくなって久しい。 だが、妖が消えたと思われた現代にも、妖は密かに、しかし確かに存在していた。 地方都市――丹来市。 地元の進学校に通う少年穂積善には、高校生としての顔の他に、もうひとつの顔を持っていた――人知れず妖を退治する、拝み屋としての顔を。 拝み屋の少年:穂積善と「鴉」の通り名を持つ情報通の少女:印藤小霧が妖絡みの事件に立ち向かう和風伝奇活劇。 ※『呪は紅く』連載終了後に断筆予定のため、ノベラポイントによる応援はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。 ※MAGNET MACROLINK、小説家になろうでも掲載しています。 ※表紙は電咲響子様よりいただきました。ありがとうございます! ※挿絵のある話にはエピソードタイトル横に★印をつけております。「昏い水」第一話の挿絵はrosine@ロジーヌ(@rosine753)様よりいただきました。ありがとうございます!

  • お奉行様と妖怪たちの織り成す不思議な日常

    ♡13,600

    〇10

    歴史/時代・連載中・96話 風楼

    2020年5月27日更新

    江戸の町奉行だった、暖才善右衛門。 哀れ真面目過ぎたが故に江戸を放逐され、人っ子一人居ない僻地の宿場町へと追いやられる。 そうしてたどり着いた誰もいないはずのその町で、善右衛門は一匹の化け狸と出会う。 どうやらその狸は暖才善右衛門のことを知っているようで……? そんな化け狸との出会いから始まる、古の日本を舞台とした妖怪と神々が入り交じる風変わりな日々の中で……町奉行、暖才善右衛門は今日も沙汰を下すのだった。

  • MMORPG異世界転生、主人公はゲーム脳

    ♡1,630,550

    〇23,125

    異世界ファンタジー・連載中・237話 秀文

    2020年5月27日更新

    黒峰徹(くろみねとおる)は、病により若くして息を引き取る。 そして、気が付くとハマっていたMMORPG『ディスガルド戦記』の世界に生まれ変わっていた。 転生した徹は、死霊使いの素質を持つ事を知る。 その素質とは、死者の魂と交流可能という物。 徹は迷わずネクロマンサーへのクラスチェンジを目指す事になる。 また、徹は持っていたゲーム知識を存分に役立てる。 生産系の知識を使って資金調達。高レベルの装備入手。 必要となる素材の場所も、全て徹の頭の中にあった。 しかし、その結果として、徹は権力者に目を付けられる。 徹の意思とは関係無く、帝国との争いに巻き込まれて行く事となる……。 この物語は、試練を乗り越え、死霊の軍勢を作り、徹が死霊王へと至る内容となっている。

  • 僕は君に恋をした。フラグラブコメ開幕!

    ♡9,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・34話 パティル

    2020年5月17日更新

    僕は求めていた。 気づいたら美女が隣で寝て居たり、知らない女の子と道端でぶつかり仲良くなって行ったり。他にも、一緒に勉強と称して二人っきりの個室でドギマギしながら、あっ、とか言って消しゴム落として拾おうとしたら手と手が重なったり! 僕は掴み取る為、行動に出た。 こんな夢溢れる妄想を抱くようになったのは丁度一年前。 小学五年生になった春。転校してきた自称アニメオタクの親友、真神 新家<まがみしんや>に勧められるがまま数々のアニメを見て、僕は素晴らしい世界観を手に入れる事が出来たんだ。 するとどうだろう、このまま中学生にあがっても良いのだろうか?と疑問が浮かんだわけだ。 僕は気づかぬうちに異性との交流は減り、小学六年の貴重な時間はアニメとその原作を漁る事に全てを費やしていた。 ギリギリだった。 僕は行動に移すと親に無理を言い、中学受験を開始。 アニメ知識や原作本を読んでいたためか、難なく僕は中学受験に成功。 僕こと大河 蒼<たいが あおい>は新しい出会いを手に入れるべく、一人暮らしの準備を開始したのだった。 が! 隣の家には美人な年上のお姉さんが! いつの間にか家の中に見知らぬ女の子が! 通学路に突如現れるフランスパン! ベランダに怪しい影! スーパーで出会った先輩! その他諸々、何か色々と妄想を越えた数々のフラグが押し寄せるが僕は声を大にして言おう。 「思ってたのと何か違うんですけどっ!!」 ハートふらない妄想ラブコメディ、開幕。