プロフィール

ミステリー×異世界ファンタジーという無謀な試みに挑戦しています。よろしくお願いします。 @Emil_novel

ブックマーク

一覧

  • 魂喰いのアーシェ

    魔術✕機械な肉食系(物理)ファンタジー

    997,020

    4,034


    2021年6月21日更新

    ――やはり魂は、腐っているほど美味い。 ヘルヴェティア王国で第十三警備隊長を務めるアーシェ・シェヴェロウスキー中尉。 見た目は子どもな彼女だが、軍の中尉という役職とは別の、もう一つの顔があった。 それは―― 見た目は子どもな少女(二十七歳)が自らに刻まれた「業」を武器に人間、そして神秘的存在「ミスティック」へ立ち向かっていく近代ヨーロッパに似た世界を舞台にした異世界ファンタジー。 果たして運命は彼女に味方するのか、それとも―― 【大福餅さん(Twitter:@daih033)から主人公アーシェのイラストを頂きました。ありがとうございます<(_ _)>】 ※タイトル微変更(20/04/19)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間47分

    この作品を読む

  • 最強の女騎士さんは、休みの日の過ごし方を知りたい。

    彼女は知る。休日を満喫するという事を――

    118,200

    2,580


    2021年6月21日更新

    ―― 王国歴 221年。 世は混迷を極めていた。 魔物、魔獣の襲撃に王国の防御は疲弊し、民の恐怖は限界に達す。 その混乱の世に、光が差し込む。 王国騎士団。 剣技、知略、諜報に優れたその集団の活躍は瞬く間に国全土に広がり、平和と安寧をもたらすのであった。 エリートばかりの騎士団の中での、絶対的エースの存在がその活躍の源。 ルーティア・フォエル。別名『稲光の騎士』。 雷光のように鋭く、伸びる穂先のように枝分かれする華麗な剣技を持つその騎士は――女性であった。 これは、彼女の闘いの―― ――ではなく。 彼女の、『休日』との闘いの記録である。 生まれも育ちも城で育った彼女は、幼い頃から国のために剣技に明け暮れていた。 そのため、彼女は『休む』事を知らない。自分の身体は国のため、民のためにあると、信じていた。 しかし、国王の心配は増すばかり。 若く美しい女騎士は、未だに自分の人生を全くといっていいほど謳歌していないのであった。 国王は告げる。「休日を満喫する事」を。 そして、王国からの刺客により、ルーティアは知るのだった。 ――『休日』を。 ※この作品の世界観は『極めて現代日本に近いファンタジー世界』です。緩い目で見ていただけると幸いです。 ※一話につき七分割しています。毎日投稿しますので、一週間で一話が終わるくらいのペースです。 ※この小説は他サイトと重複投稿を行っております。

    読了目安時間:2時間57分

    この作品を読む

  • eハイ!!<全国高等学校総合ゲーム大会>

    【部活+ゲームモノ】

    239,207

    1,555


    2021年6月20日更新

    今野修真は高校2年生のガチゲーマー。 彼には目標がある。それは先輩達から引き継いだ『ゲーム部』を存続させること。 その為には実績がいる。誰もが認める立派で偉大な実績が。 そんな彼の元に集まったのはギャル、ラガーマン、お嬢様、Vチューバー。 統一感ゼロの異種族パーティで全国制覇を目指す。 全国一ゲームが上手い高校生は誰か? それを決める年に一度の大会が今年も始まる!!

    読了目安時間:13時間3分

    この作品を読む

  • 金貨使いの怪人<ファントム>

    かつて英雄と持て囃された男の復讐劇

    30,450

    250


    2021年6月19日更新

    超巨大ダンジョン都市アルカディア。七つのダンジョンが都市の中に存在し、冒険者達の黄金郷と呼ばれるこの地で、莫大な借金返済を果たす為、出稼ぎ目的で神(やくざ)に拉致られた一人の日本人が紆余曲折を経て長い眠りから目覚める。かつて金貨使いの怪人と呼ばれ英雄と持て囃されたその男は再びダンジョンに挑む事になる。裏切った仲間とダンジョンを支配する神々に復讐する為、呪われた金貨の力を使って。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む

  • 迷探偵シャーロットの難事件

    名探偵×迷探偵のポンコツ推理コメディ

    319,600

    3,235


    2021年6月19日更新

    高校生で探偵として名を知られている杜家偵秀。ある日、彼のクラスにシャーロック・ホームズの子孫を名乗る少女が留学してきた。彼女の名はシャーロット・ホームズ。名探偵を自称する彼女と、知る人ぞ知る名探偵の杜家偵秀。二人の探偵の邂逅は、有無を言わさず推理対決へと発展するが……そこで彼女の口から飛び出したのはポンコツな迷推理ばかりだった。 ※毎週土曜日更新予定 ※なろう版から加筆修正を行った別バージョンとなっております。 ※イラストは黛クロナ様から頂きました。

    読了目安時間:6時間57分

    この作品を読む