プロフィール

2021年にノベルアッププラスに現れた超新星です。(自分で言うな) 創作が趣味の人。イラストをメインに描いて活動しています。(表紙絵などは自作) 書いただけで眠っていた小説があり、それを公開してみようと思ったのがきっかけで、こちらのノベルアッププラス様に出会い、投稿を始めました。 主に自作小説を公開しています。大体、平日の夕方に更新しています。 イラストブログも公開中(こちらはかなり不定期更新)です。興味のある方は是非覗いて行ってください! イベント系も積極的に参加しており、イベントきっかけで生まれた短編小説などもたくさんあります。サクッと読めますので暇つぶしにどうぞ。 書くだけでなく、他の方々の作品ものんびりですが読ませて応援させて頂いております!小説初心者ですが、色んな世界を表現できるよう頑張ります!よろしくお願いします。 追記:ポイント、スタンプ、コメントなどありがとうございます!励みになります!今後とも、ご縁があればよろしくお願いします✨ 追記2:たまに、過去の投稿済みエピソードを編集し改編することがあります。その場合はTwitterにて報告するので、ぜひそちらもチェックして下さいね!(アカウントの宣伝) ☆その他活動場所☆ Twitter▶️【https://twitter.com/mi_hot00】 pixiv▶️【https://www.pixiv.net/users/17769759】 SKIMA(イラスト有償依頼受付)▶️【https://skima.jp/profile?id=167253】☞詳細はリンク先に記載しています。Skebも受付中です。Twitterプロフィールにリンクあり。お待ちしております。

ブックマーク

一覧

  • スマホを開くな

    ミステリー×ホラー『最高総合日計1位』

    131,100

    710


    2021年9月28日更新

    通う生徒の大半が富裕層の家庭で育った女の子、つまり所謂お嬢様学校と呼ばれる私立清蘭(せいらん)女学院。 その高等部に、ある日こんな噂が流れ始める。 それはある日スマートフォンに自分からメッセージが送られてくると言うものだった。 そしてそれが送られてきた人は、最終的には死んでしまうとも…。 そんな恐ろしい噂を信じる者もいれば、全く信じないものもいる。 そしてそれを誰かの呪いだと言うものもいれば、それは誰かの陰謀だと言う人もいた。果たしてどちらが正しいのだろうか? それとも答えはどちらでもなく、真実はどこか違うところにあるのか? そしてこの物語に登場する人々に救いはあるのだろうか? 学院の中で起きる数々の惨劇。それにあなたは戦慄することになるだろう。 さて、そろそろ物語の事を話そう。物語はこんなところから始まる。 私立清蘭女学院2年1組の卯月雛(うづきひな)はある日こんな噂を耳にする。それはスマートフォンにいきなり変なメッセージが送られてくると言うもので、詳しく話を聞くとどうやら数字が送られてくるらしい、そしてその数字が少しずつ減っていき、最後には0になると…。そしてその直後何か恐ろしい動画が送られてくるらしいのだ。 そしてその後、送られてきた人物は、同じように恐ろしい目にあう…、と。 そしてしばらく経ったある日、雛のもとに『5』と言う数字が届いた。 言うまでもなく、それは例のメッセージである。 果たしてそれは一体何なのか? ただの噂? それとも誰かの呪い? もしくは誰かの陰謀か? さて、卯月雛に救いはあるのだろうか? その運命やいかに…? 1日1話更新予定です。 9/16扉絵載せました。たまには人に頼らず自力で、と言う訳でお目汚しすみません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間50分

    この作品を読む

  • 死にたい系JKの占い放浪記〜過去未来異世界異界なんでもありありマシマシですっ

    貴方の人生は、たった一つの価値ある宝物!

    227,644

    3,492


    2021年9月28日更新

    「死にたい」 いつもマイナスなことばかり考える神里優梨は、今時の女子高校生失格なのかもしれない。 普段イジメられているわけではない。 学校や家では静かに真面目に生きてきた。 両親も共働きながら、そこそこ暖かく優しい家庭。 数は少ないが大切な友達だっている。 勉強や運動も得意でも苦手でもない。 容姿だって美人ではないがどうしようも無いほど酷くも無い。 だからこれが、恵まれている人生のレールなんだと自分でも思う。 でも いつだって私は、何もない。進みたい道も、やってみたいことも。 今〝呼吸をする〟理由だって 「本当にそうですか?」 不意に現れた怪しげな雰囲気の女性。 彼女は不気味に微笑みこう続けた。 「それなら私が、過去や未来、異世界異界の誰かの記憶に、ほんの一瞬連れていってあげましょう。そしてあなたの未来の生き方に、ほんの少しの勇気と生きていける希望を与えましょう」 信じない信じない信じない! そんなもの絶対に 『信じな〜い!』 これは今時かもしれないネガティブなJKと、怪しげな雰囲気の女占い師が、様々な時代の様々な人の人生の一部を、ほんの一瞬のぞき観て、すごく大きなものを得る、そんな成長物語です。 ※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、思想などとは一切関係ありませんので、それをご了承の上閲覧いただけたら幸いです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間34分

    この作品を読む

  • 殺伐蛮姫と戦下手なイケメン達

    チェスト異世界恋愛!

    91,600

    87


    2021年9月28日更新

    地球の歴史における中世と近世が混在するような、しかし同時に地球とは明確に異なる世界、スピオル(現地言語で「あまねく全て」の意)。 祖国を追われた亡国の姫君が異国に逃れ、そこで華やかな大貴族、秀麗な犯罪組織の長、慈悲深い宗教指導者、万能の天才、闘技場の花型と、様々な見目麗しい貴人と出会い、思いも依らぬ運命に巻き込まれていく…… そんな、乙女が好むよくある物語と見せかけて、だがしかし。 見目麗しき貴人達は、貴族も犯罪王も闘技者も、あくまで華麗で文明的だが戦弱き文化国家の住民で。 そして何より。 亡国の姫君は北方の野蛮な祖国で天下統一直前までいった荒々しい猛者、殺伐蛮姫だったのだ! 華やかで、地球のどっかの国で見たような文化的で戦に弱く女性に優しいおしゃれな国レーマリアと、これまた地球上の様々な猛々しく荒々しい国歌や民族の要素を一身に束ねたような恋愛物語に付き合うつもりのない野蛮な国から来た女主人公の「愛とは」「大切なものとは」を問う珍妙なる物語、ここに開幕! 注1.この物語に登場する異世界の国家や民族は地球の様々な国家や民族の歴史等に関するジョークや出来事と類似する要素がありますが、あくまで異世界の国家ですので「いや、あのネタは実際には史実のデータの統計から考えると正しくないよ」という指摘とは一切無縁かつ無関係でそういう国だから仕方ないという事をここで宣言させていただきます。 注2.この物語に登場する異世界のある言語は日本語の方言を思わせる形で描写されていますが、あくまでその言語の雰囲気を伝える為に近い表現をチョイスしているだけですので地球日本の特定の方言に忠実という訳では無く、誇張・簡略化・別方言の混合を含みます。ご了承下さい。また他の言語につきましても一部地球の言語のルビ等を当てたりしていますが、あくまで地球の相当する言語でこの世界はこの世界なので、地球でその単語に最も近い訳語を当てた結果複数の言語や時代が混在する場合もございます、これもご了承の上異世界の雰囲気をお楽しみいただければ幸いです。

    読了目安時間:3時間54分

    この作品を読む

  • 140字のふたり

    それでも私は恋をしている

    601,185

    4,667


    2021年9月28日更新

    コロナ禍で、部活ができなかったり、登校できなかったり、制約ばかりの生活の中、それでも恋をしている高校生たちの姿を描く140字小説。 冬から春、そして夏へと、四季の移ろいをたどりながら、ふたりの何気ない日々をつづります。 * * * * * * * 読者様のアンケートを元に、最もきゅんきゅんするエピソードを厳選した 「140字のふたり ベストセレクション」 を公開中。純度の高いきゅんをお求めの方はどうぞ。 * * * * * * * 「どっかの高校放送部員が朗読してみた」さんが、1月編「紹介」を朗読してくれました! ためらいがちな彼女の質問と、笑っている目がずるい彼の答えと。 ぜひ耳でも味わってみて下さい! https://www.youtube.com/watch?v=0EC-we12Hog * * * * * * * 表紙イラストは、アメユジさんに制作いただきました。 アメユジさんのポートフォリオはこちら。 https://ameyuji.myportfolio.com/ 大人の絵本のような素敵な世界です!

    読了目安時間:1時間25分

    この作品を読む

  • 「おっさんがカップ麺を作るだけ」という文学表現

    おっさん+カップ麺=純文学

    313,300

    875


    2021年9月23日更新

    (表紙絵……小野ユーレイ@naoesdoodle) おっさんはカップ麺に湯を注ぐ。今日も明日も。

    読了目安時間:1時間42分

    この作品を読む