プロフィール

コウテイペンギンさん

上原友里

Lv   :15

ジョブ :女子高生

称号  :ノベラ司祭

アバター:コウテイペンギンさん

レビュアーポイント:0pt

最強の闇魔術使いにして公国元帥だけど女の子だとバレたら超キケン⁉︎ 異世界恋愛ファンタジー EXILE1「男装メガネっ子元帥、超女ったらしに逆尋問を受ける」電子書籍にて発売中です! おかあさんな、家族に秘密でヲタやっとんねん!

作品

一覧

ブックマーク

一覧

  • 現在の青年が未来の系外惑星で戦う話です

    ♡128,850

    〇12,392

    SF・連載中・271話 津嶋朋靖

    2019年10月22日更新

    (著者近影) 近未来、物体の原子レベルまでの三次元構造を読みとるスキャナーが開発された。 とある企業で、そのスキャナーを使って人間の三次元データを集めるプロジェクトがスタートする。 主人公、北村海斗は、高額の報酬につられてデータを取るモニターに応募した。 スキャナーの中に入れられた海斗は、いつの間にか眠ってしまう。 そして、目が覚めた時、彼は見知らぬ世界にいたのだ。 いったい、寝ている間に何が起きたのか? 彼の前に現れたメイド姿のアンドロイドから、驚愕の事実を聞かされる。 ここは、二百年後の太陽系外の地球類似惑星。 そして、海斗は海斗であって海斗ではない。 二百年前にスキャナーで読み取られたデータを元に、三次元プリンターで作られたコピー人間だったのだ。 この惑星で生きていかざるを得なくなった海斗は、次第にこの惑星での争いに巻き込まれていく。 この小説はアルファポリスで2017年1月から連載を始めました。 現在小説家になろうととマグネットでも公開しています。 【お詫びと訂正】 物語の途中で抜けている部分がありましたので追加しました。 第三章の「ドローンを回収に来た男」がそれです。 申し訳ありませんでした。 海斗とカルルが初めて出会う大切にシーンです。

  • 妹のために頑張るお兄ちゃん、好きですか?

    ♡89,330

    〇970

    SF・連載中・52話 あきみず

    2019年10月22日更新

    魚の群れが水竜となり人を襲うミズチ現象。それに対抗すべく特殊な《能力》を発現した人間をまとめあげた国軍。類い稀なる才能を持つがゆえ前線に出ている妹をどうにか守らんとする兄、二舞ハジメ(シスコン)と、研究者を姉に持つ無気力無感情無関心系新人類弟美作フユ(シスコン)は、軍のお荷物部署「海洋調査班」で共に働くこととなる……。 対ミズチの世界で出会ってしまった二人の、ちぐはぐな成長SF物語! ※この作品はセルバンテスでも公開しています。

  • 太陽系外植民惑星はハーレムでした?

    ♡180,360

    〇780

    SF・連載中・165話 怒花亭 進虫

    2019年10月21日更新

    太陽系外植民惑星査察官のオカダ・アツシは、肩書きだけ凄いヘタレヒーローである。オーバーテクノロジーを意のままに操るスキルを持つ彼は、カルキノスと呼ばれる巨大異星生物が闊歩する外宇宙で、今日も大冒険活劇を繰り広げているのだ! 噂によると母星から忘れ去られつつある「アマゾネスの惑星」ことケプラー22bでは、なぜか男性が生まれず、数百万人の純情乙女たちが絶滅の危機に瀕しているらしい。 進め!オカダ君。相棒のアニマロイド、姉御肌ジャガーのスケさんと変態性欲オオカミのカクさんを従えて、600光年彼方に置き去りにされた人類を救うのだ! そしてオカダ査察官×ヒロインとの恋の行方やいかに?! 年の差プラトニック恋愛?の結末にも注目。 この世界観にどっぷりと露天風呂のように浸かってくださいませ。(ファンサービスあります!)

  • 血飛沫、スプラッタ。怪異を狩る最凶少女

    ♡342,303

    〇9,031

    ホラー・連載中・131話 重弘 茉莉

    2019年10月21日更新

    奏矢ジュリは普段には普通の女子大生であるが、依頼があればその手に大型チェーンソーを持って、異形なる者どもに立ち向かう。 ジュリは普通の人間には手に負えない依頼を、警察や個人から請け負う。そしてが依頼あれば、様々な異形を相手にチェーンソーが火花を散らす。 相手が死者であろうが、ゾンビであろうが、妖精であろうが関係なくたたっ切る。 ジュリはチェーンソーと体術を用いて、異形なる化け物どもの首を落とし、袈裟切りにし、蹴り飛ばす。 依頼のため、異形の怪物を狩るため、そして生き残るために、今日もジュリはチェーンソーを手に取る。 怪異を相手に、物理で突き進むアクションスプラッタホラー。

  • ただ一行で紡ぐ怪談。

    ♡249,018

    〇2,510

    ホラー・連載中・170話 水沢ながる

    2019年10月22日更新

    吉田悠軌・著『一行怪談』にインスパイアされて、自分なりに作ってみたワンセンテンスの怪談。 元になった本には「一行怪談凡例」というものかある。 ・題名は入らない。 ・文章に句点は一つ。 ・詩ではなく物語である。 ・物語の中でも怪談に近い。 ・以上を踏まえた一続きの文章。 なるべくこれに沿うようにしているつもり。 気が向いた時に更新します。 この作品は、他サイトでも公開しています。