プロフィール

小説初心者です。 右も左もわかりませんが、読んだり書いたりがんばります。 基本的にスタンプ・ビビっとにはスタンプで、コメントにはコメントで返したいなと思ってます。

ブックマーク

一覧

  • ある女子高生の不思議な体験

    ♡407,900

    〇5,137

    歴史/時代・連載中・115話・142,463字 八島唯

    2021年2月28日更新

    聖リュケイオン女学園。珍しい「世界史科」を設置する全寮制の女子高。不本意にも入学を余儀なくされた主人公宍戸奈穂は、また不本意な役割をこの学園で担うことになる。世界史上の様々な出来事、戦場を仮想的にシミュレートして生徒同士が競う、『アリストテレス』システムを舞台に火花を散らす。しかし、単なる学校の一授業にすぎなかったこのシステムが暴走した結果...... ※表紙のイラストは作画三林こーこ様によるもので使用許可を頂いております。 ※この作品は『小説家になろう』『アルファポリス』『カクヨム』『マグネット』『ノベリズム』『エブリスタ』様にも掲載しております。

  • ちょこまか働くセラの可愛さをご堪能下さい

    ♡85,900

    〇100

    異世界ファンタジー・完結済・49話・107,649字 呑竜

    2021年2月27日更新

    転移先の王様に嫌われたジローは極寒の地ザントに飛ばされ、女ばかりの修道院の料理番としてこき使われることとなった。 食材は足りないし、設備も整っていない。 料理人にとっては悪夢のような環境で、ジローはその力を発揮させていく。 誰もが見向きもしなかった食材の有効活用、斬新な料理法、修道院自体の経営力の底上げ。そして── 「うん決めたっ。セラがジローのお嫁さんになってあげるっ」 わずか10才のシスター見習いに見込まれてしまったジローの未来は果たして? ※最後はきっちりハッピーエンドです。

  • 動く城にまつわるハイ・ファンタジー小説

    ♡30,400

    〇750

    異世界ファンタジー・連載中・10話・44,686字 珀花 繕志(ハッカ ゼンジ)

    2021年2月27日更新

    クレヴァー・アノックライトは魔道具と呼ばれる古代の不思議な力を宿す道具を修理する技術屋を営む青年。 ある日、スクエルム王国の双子の姫君が目の前に現れ「ヴァッダニア王国の侵略によって国が危機に瀕している。自分たちの城をプルート・キングダムとして起動してほしい」と依頼される。それは悪魔の城と異名を取る強大な力を持つ巨大な戦車のような兵器だ。 いくら最高の技術師、城士(キャッスラー)の称号を持つ祖父から技術を学んだとはいえ、自分にそんなことができるかと悩むクレヴァー。 そんな時、かつての親友でヴァッダニア現国王エクドラが、祖父が直したプルート・キングダムを操り現れた。

  • 私、勇者じゃなくて女神なの!

    ♡27,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・53話・96,764字 佐渡 寛臣(さわたり ひろおみ)

    2021年2月27日更新

    魔法の世界アルデールを守護する女神フィーナシュフェイト(フィーナ)は、その日、アルデールに異世界人を召喚しようとした。 女神フィーナは召喚した青年をアルデールへ送ろうとしたとき、不意に背中を押されて自分がアルデールへの門をくぐってしまう。 アルデールの勇者として召喚されたフィーナは現地の人間に言う。 「私、勇者じゃない! 女神フィーナシュフェイトだもん!」 その発言を聞いた人間たちは騒めく。我らが唯一の神の名を騙るとは……。 静かに怒る村人に取り囲まれて、フィーナは恐怖のあまり、無様にも土下座を晒してしまう。 ――私は勇者じゃないし、勇者になんてなりたくないよ。 勇者の付き人アルティリアの提案で、勇者になると嘘をつくフィーナ。 勇者になりたくないけれど、自らが守護する世界の闇に触れたフィーナは次第と自分のするべき本当のことに気づいていく。

  • 2021年2月27日更新

    『さあ、行こう、空へ』 老若男女のハーピィが集う里、"ハーピニア" そこに住むハーピィの娘"ハル"は先天的に飛べないハーピーである。 しかし彼女は脚力を鍛え、異常な速さで走る事が可能な"爆走少女"であった。 ある日、彼女は空から落ちて来た少年"ソラ"を助ける事になる。 彼は空飛ぶ島"ソラジマ"から落ちてしまった王子を自称し、自分をソラジマへ帰して欲しいと願ったのだ。 多くの住民が名乗りを挙げない中、唯一ハルは名乗りを挙げ、彼を背負ってソラジマへと帰す為に各地を奔走する事となる。 これは空に焦がれる少女と、空から来た少年の、天空を目指す冒険譚──。 「わああああっ!? ハルぅぅぅぅっ! 止まれええええっ!」 「わたしは急には止まれないいいいいっ!」 ……冒険譚になると、いいのだが。 ※こちらの作品は『小説家になろう』様、『カクヨム』様、『pixiv』様でも掲載しています。 ※前日譚はこちら→ https://novelup.plus/story/866352013