プロフィール

常になんか愛を呟いてます

ブックマーク

一覧

  • 【  章紋のトバサ  】 ~フランケンシュタインの魔女とおしゃべりなウサギ~

    紋章が彩るダークファンタジー・スリラー

    12,900

    10


    2022年6月24日更新

    ――創られた死体たちに、紋章を添えて―― 紋章と呼ばれる、機械の代わりに埋め込む魔力を持った技術。 その紋章の技術が発達した地方都市『鳥羽差市』で、女子中学生が姿を消した。 最後の目撃証言は、羊の紋章から繋がる「裏側の世界」。 10年前のバラバラ殺人事件から生まれた、「バフォメットの都市伝説」に出てくる世界……失踪してから1カ月経つまでは、住民の誰もがその考えを持っていなかった。 ――10年前の事件、知っているか?―― 女子中学生が姿を消してから1カ月後、『鳥羽差市』を囲む森の中に、奇妙な移住者が訪れる。 ひとりは缶コーヒー好きの自称箱入り娘“イザホ”、もうひとりはおしゃべりなウサギの“マウ”。 彼女たちの引っ越し理由は、自立をして母親を安心させるため。 そして、10年前にこの街で起きたバラバラ殺人事件を詳しく知ることで、自身の存在理由を確かめるためだ。 ……10年前と同じ空気が、鳥羽差市に広がっていることを知らずに。 ――ボクたちの新生活の場所をここにして、やっぱり正解だったみたいだね―― 鳥羽差市で待ち受けるのは、個性豊かな住民たちとの出会い。 街を愛する私立探偵、暗い顔の刑事、喋るマンション、忘れん坊の喫茶店店長、どこでも寝てしまう女子中学生…… そして、イザホを裏側の世界へと引きずり込み、命を狙う存在。 着々と進んでいく奇妙で狂気を感じる現代の事件。 次第に明らかになる、羊の頭の大男が起こした10年前の事件の真実…… 存在理由を求めた先にあるのは、敬意か? 再現か? 「カクヨム」「小説家になろう」「エブリスタ」「Nolaノベル」と重複投稿しています。 表紙は「夏野YOU霊」さんに書いて頂きました!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間19分

    この作品を読む

  • 本田拓斗(ほんだたくと)19歳。高3、男。 成績は中の上くらいをキープ。運動はまあまあ得意。見た目は、まあ普通。友達もそれなりにいるし、そこそこ楽しい高校生活を送っていた。 そんな彼はある日交通事故に遭い、長期入院を強いられる事になった。命にかかわる大怪我を負ったが、怪しい手術を受けてどうにか一命をとりとめる。 生きている事が不思議な事故からどのように生還したかを医師から説明を受け、そのあまりに現実離れした内容に戸惑う拓斗だが、彼の波乱に満ち溢れた数奇な運命はまだ始まったばかりだった。 手術とリハビリを終え留年、二度目の高校三年生のゴールデンウイーク明け、担任教師と共に教室に足を踏み入れた瞬間、教室は謎の光に包まれた。 光が収まったあと視界に入ったのは見た事のない、教室ではないどこか。 ここで拓斗と教師、そしてもう一人、訳アリの少女は無資格者の烙印を押され追放された。 でも怪しい手術によって、彼には過酷な異世界を生き抜く力が既に備わっていた! *この作品は、他サイトでも掲載しています。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11時間33分

    この作品を読む

  • 創作に使ってほしい科学の話

    ネタにどうぞ

    235,211

    433


    2022年6月24日更新

    ズヒューン、相手のライフルから発射されたビームが動力源の核融合炉を貫いた。ドカーンという轟音とともにその機体が爆発した。 「野郎!」と仲間の死に激高した彼はその機体を追った。「待て。退け。重力に捕らわれるぞ。」という上官の声は彼の耳には届かなかった。 しばらくすると彼の機体は大気との摩擦で真っ赤に染まった。「しまった。」と彼は思い、引き返そうとしたが強大な重力に逆らうほどの推力は出せない。 機体は崩壊をはじめ、恐怖におののいた彼は「助けてください、少佐!」と叫んだが、通信機能はすでに破壊されていた。 実はこの一文には科学的には正しくない表現が含まれています。 物語だから、フィクションだから、異世界だからで片づけてしまうのはもったいない。 科学的に正しい表現を使うことで、物語に厚みと説得力が出てくるはず。 それに、科学は創作のネタの宝庫と言っても過言ではありません。 「錬金術」など科学そのものです。 科学を知れば物語が生まれてくる。 そんな創作と科学のコラムです。

    読了目安時間:5時間13分

    この作品を読む

  • 明らかな双月の下、遥かなる地へ

    ふたつの月持つ世界で繰り広げられる幻想譚

    167,900

    329


    2022年6月24日更新

    ――この明らかな双月の下、遥かなる地へ君と行こう―― 過去のために戦い未来へと歩む者達。彼らの運命の歯車を回し始めたのは、かつて交わされた『約束の言葉』だった。 ふたつの月を持つ双月界にて、自己中守銭奴『秋良』と記憶喪失天然少女『はるか』を中心に織り成される異世界幻想譚。 天地守護・環姫が六種族の祖と共に妖魔達を魔界へ封じた創世の時から三千余年。 過去を明かさぬ『秋良』は過去を失った『はるか』を拾ったことで妖魔との戦いへ巻き込まれていく。それが世界の真実に繋がっていくとは、このときはまだ知らぬままに――。 現在、毎週金曜日の夕方~夜に更新しています。 ※小説家になろう様でも掲載中です。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間39分

    この作品を読む

  • 少し偉そうな感想文

    気になった作品を紹介しています。

    3,880,169

    8,155


    2022年6月24日更新

    ノベルアップ+で読んだ、自分視点で気になった作品の感想を書き連ねます。 基本的に完結した作品のみを紹介していきたいと思いますので、それはご了承願います。 更新は不定期で、三か月ごとに長期休載しますので。

    読了目安時間:15時間18分

    この作品を読む