プロフィール

お試し運転中

ブックマーク

一覧

  • 少し偉そうな感想文

    気になった作品を紹介しています。

    4,521,563

    10,730


    2022年11月30日更新

    ノベルアップ+で読んだ、自分視点で気になった作品の感想を書き連ねます。 基本的に完結した作品のみを紹介していきたいと思いますので、それはご了承願います。 更新は不定期で、三か月ごとに長期休載しますので。

    読了目安時間:17時間30分

    この作品を読む

  • 活動報告という名のお絵描き練習帳

    執筆の合間にまったりイラスト書いてます。

    382,150

    541


    2022年11月26日更新

    作者の落書きがメインで、文字は少なめ。 お気軽にのぞいてみてください♪ と言っておきながら、いつの間にやら100話超と長くなってきました。全然お気軽じゃない……。 そんなわけで各話に#で数字を振り、掲載イラストの種類ごとに分類しました。ご活用ください♪ ・キャラクター 公式:#1~4、19、21~23、25、34、66、68、94、95、105、106 自作:『不可思議はきみの身近に?』#5、7~12、18、29、32、35~42、86、89、92、93、98~102、(似顔絵メーカー)#87、88、104 『ノエルとフィオナ』#33、58、62、65、70~76、78、79、81~83、85、90、91 『あくまで天使ちゃん』#13、14、16、47、54、57、61、63 (その他)#43 ・風景:#26、28、76 ・植物:#31、67、104 ・食べ物:#20、75、77、80、103、109、110、111 ・武器:#97、107 ・その他:#15、74、84、96、108 ▷捧げもの:#17、24、27、30、49、69 ▷プラナリア企画(by咲蘭さま):#6、44~46、48、50~53、55、56、59、60 ◁戴きもの:#64、101 ◁色塗り:#68、97

    読了目安時間:1時間26分

    この作品を読む

  • 輝鑑

    面倒なら「文明十六年、冬」から読んでネ!

    1,121,407

    10,335


    2022年11月26日更新

    輝鑑読みの講談師、語るに曰く。 時は神武天皇即位紀元に直して2142年。但馬に稀代の英傑が生まれようとしていた。 男の名は、垣屋続成。彼はのちに大陸の皇帝にまで上り詰める伝説の大英雄であった。 だが、その続成とて当初から英傑であったわけではない。彼もまた、幼少から無敵の軍神というわけではなかった。 だがそれでも、彼は最強と言いうる名将であった。 今宵は、彼の前半生を彩る一級史料を紐解いてみたいと思う。 その、書の名は「輝鑑」。自叙伝に近い体裁を取ったその書は、公的記録であると同時に、一級史料に相応しいだけの確たる反証を受け止められる名著である。何せ、ツッコミどころが物語という体裁を取ったことと続成特有の方言は多少なりとも誇張されているのではないかというところだけであったというのだから、推して知るべしである。 そしてこの輝鑑に乗せられた垣屋続成の前半生は、おおよそ現在の我々からは知る術のない、波乱に満ちたものであった。齢八十を超え、畳の上で死したとは到底思えない、危難の連続であった。 それでは皆様、お立ち会い。初代富良東皇帝にして、かの伝説の聖君の一生を語ろうぞ!

    読了目安時間:29時間46分

    この作品を読む

  • ハジマリノヒ

    獣人だらけの世界が舞台オムニバスSF

    1,480,467

    28,089


    2022年11月25日更新

    第三次世界大戦は、究極の生物兵器ゲヘナにより終結した。 地球上から国家が消失し環境が激変した世界で生きるのはキメラと呼ばれる獣人達だった。 そんなキメラ達が生きる世界を書いたオムニバス小説。 かたつむりの観光客(完結) 遺伝子操作技術によって進化した元人間と人造人間達の総称『キメラ』 キメラ技術の発見から発展した第三次世界大戦終結後、大陸の形すら変えられた地球に新たに七つの大都市が出来た。 そんな世界を謎の美女プリデールと『なんでも屋』のスゥが旅行する話。 人類の終わり、ヒトのハジマリ(完結) 人類が生み出してしまった最終生物兵器ゲヘナの暴走で滅んだ人類文明が新しい形へと再生するまでの話。 殺人鬼の作り方(完結) キメラを兵隊として運用していた第三次世界大戦の頃。 元々気が弱い犬の頭を持つキメラ兵『ジャック』が殺人鬼に墜ちる。 甘いマイアズマータ(完結) 違法な人造人間を造り、それを売って暮らす男の下に娘を名乗る少女が訪れる。 男は娘の正体を察し、殺そうとするが……? くろいながれぼし(完結) 荒野で見つけた焼死体を埋葬しようとしたら、それは鉱物生命体だった? 鉱物生命体クオリアの少女オニキスと、熟練の傭兵ガレスの奇妙な旅。 ほしをみるひと(完結) 第三次世界大戦が勃発する少し前、田舎育ちの冴えない少年マーカスが出会ったのは不思議な喋る石だった。 激動する世界の中、一人と一個は生きていく。 不実の湖(完結) くろいながれぼしでの戦い以降、行方不明になっていたクオリア・パールの反応が確認された。 依頼を受けて現場に向かったクオリア達を待ち受けるものとは? 森と追手とアルバイト(完結) ノアから送り込まれる追手から逃げつつも、世界中を旅している少女、ニレ。 追手はなんとか撃退するものの、路銀が尽きてしまう。 仕方なくニレは危険なアルバイトを請ける事になる。 新月の月時計(完結) トロメアの隠れ住む森での任務からノアへと帰還した二人……しかしストラの身体に異常が…… 評価応援ブクマ、宜しくお願いします。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間37分

    この作品を読む

  • 咲蘭のノベプラ活動報告。

    「咲蘭のノベプラ近況ノート」リニューアル

    1,308,444

    2,600


    2022年11月25日更新

    咲蘭のノベプラ様での活動報告です。 一緒に読んだり書(描)いたり、ゆるゆると楽しみたいですね♪ (旧)「咲蘭の近況ノート」ですが、200話を超えたので、2021/02/27 リニューアルいたしました。引き続きよろしくお願いいたします。 イラストは依澄礼さまよりいただいたものを使用しています。

    読了目安時間:3時間3分

    この作品を読む

  • アメジストの軌跡

    時代に翻弄され利用された少年の物語

    218,400

    858


    2022年11月25日更新

    人間が生まれながらにして持つ魔法の力と、遅れて発展した科学の力が融合した世界。 終わりのない戦乱の中に誕生したエルディラント帝国は、建国以来の軍事主義を貫き、次々と他国を侵略していった。 皇帝ペルガモンの圧政によって、民は厳しく税を取り立てられ、兵役を課せられ、明日も分からない日々を生きていた。 国境付近にある小さな町プラトウに住む少年シェイドは幼馴染のソーマと共に、税目のひとつであり、エネルギー源でもある鉱石を採掘する毎日を送っていた。 ある時、首都エルドランに隠遁する高名な予言者が、 ”プラトウが自国軍の襲撃を受け、廃墟と化した町から放たれたアメジスト色の光が世界を包み込む” と予言する。 真偽を確かめるべく国の重臣が現地に向かうも一足遅く、町は蹂躙されてしまう。 襲撃を生き延びたものの家族や親友を失ったシェイドは、怒りと悲しみから秘められた魔法の力を解き放つ。 眩い光が軍を一瞬で蹴散らしたのを見て、重臣は彼の規格外の力を見込んで救世主として祭り上げ、叛乱軍を結成することを画策する。 果たして叛乱は成功するのか? 予言にある、”アメジストの光が世界を包み込む”とは何を指すのか? これは時代に翻弄され、時代に利用された、ひとりの少年を取り巻く物語である。 ※カクヨム様、小説家になろう様、アルファポリス様にも併載

    読了目安時間:8時間53分

    この作品を読む