プロフィール

祝、ぷれ子さん復活!!! 悲願、成就っ!!!!! 今はいろんなジャンルにチャレンジしてます。 ぷれ子さんのアバター、実装されました! (レビューも練習中です。レビューを書くと文章力が上がると聞いたので……)

ブックマーク

一覧

  • ストーリービルダーズ7

    書籍化記念の新シーズンです!

    32,065

    999


    2022年12月4日更新

    神は考えた。 「ミステリーは上手くいかないということがよく分かった。ここはあえて人気のジャンルで攻めてみたらどうだろうか。となると過去のアンケートから異世界ファンタジーと恋愛だな……ん? 異世界ファンタジーと恋愛……異世界恋愛……そうだ、よく聞く悪役令嬢ものにしよう!」 というわけで、巷でよく聞く悪役令嬢もので行くことにした神様ですが、今回はちょっと趣向を変えて、彼自身がナレーターとなり読者の皆さんに語りかける形で選択肢を提示していくことに決めたようです。 ※今回はいきなり本編から始まります! ☆このシリーズ最初の作品『ストーリービルダーズ』がゲームブックとして発売されます!

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • ノベプラ面白いんだけど! 2日前に戻りたいんだけど!!

    この新鮮な気持ちを残したい

    1,389,213

    14,786


    2022年12月4日更新

    1月3日にノベプラと出会った彼は、このワクワク感を残すためにエッセイを書き始めた。 試行錯誤しながら住民たちと交流し、大手投稿サイトで折れた心が癒されるハードフルストーリー。 ここに感情をぶん投げろ!! エッセイだから何でもありだ! ひゃっはー! 睡眠時間が限界だ! 2022/1/11にスケブで、まりも氏(@marimo0084570)に扉絵描いてもらいました! ノベラとステラ、住人さんたちが迎えてくれて……本当に感謝です!

    読了目安時間:28時間56分

    この作品を読む

  • ひとくちセリフ劇場

    「セリフだけ?」「しかも140字」

    2,372,882

    12,563


    2022年12月4日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

    読了目安時間:4時間59分

    この作品を読む

  • Vtuberの幼馴染は自分の正体を隠せていると思っているので、全力でからかってやろうと思います

    身バレ対策は大事

    72,850

    3,840


    2022年12月3日更新

    Vtuberファンである友人が勧めてきたVtuberがどう考えても幼馴染だった。 根拠としては、声も性格も普段通りであること。そして友人に見せられた料理配信に映っていた道具やキッチンが幼馴染の家そのものだったことだ。 あまりの無防備さに、知り合いにバレた所で問題無いと考えているのだろうと思ったが、どうやらそうではないらしい。 ちょっとでもVtuberではないかと俺が疑念を向けると露骨に慌てだすのだ。 そんな状況下なのに、彼女は俺やクラスメイトの皆に正体がバレていないと自信満々のご様子。 ならば全力でからかって反応を楽しむしかないじゃないか。 そういえば、この幼馴染は俺が個人的にやらされているVtuberの大ファンでもあるらしいな。

    読了目安時間:6時間56分

    この作品を読む

  • 少し偉そうな感想文

    気になった作品を紹介しています。

    4,544,363

    10,745


    2022年12月4日更新

    ノベルアップ+で読んだ、自分視点で気になった作品の感想を書き連ねます。 基本的に完結した作品のみを紹介していきたいと思いますので、それはご了承願います。 更新は不定期で、三か月ごとに長期休載しますので。

    読了目安時間:17時間34分

    この作品を読む

  • 一秒でファンタジーをぶっ壊す誤変換

    世界観崩壊、一秒前。

    1,954,285

    2,597


    2022年12月4日更新

    一秒でファンタジーの世界観は崩壊した――誤変換によって。 物語を数百万字も書けば誤変換だらけです。溜まった分を紹介していきます。

    読了目安時間:2時間31分

    この作品を読む