プロフィール

ブックマーク

一覧

  • 見習い陰陽師の高校生活

    その青年、安倍晴明の血を引く見習い陰陽師

    81,100

    530


    2021年7月31日更新

    『科学万能』の言葉が謳われる二十一世紀。 その社会の闇の中、『非科学的』として存在を否定された妖怪たちや、呪術を生業とし、人々を苦しめる者たちはいまだ存在していた。 そんな奴らと戦うことができる、一人の青年がいた。 彼の名は土御門護。月華学園に通う現役高校生である。 そして、平安時代にその名を響かせた「稀代の陰陽師」安倍晴明の子孫である。 修行中とはいえ、警察や探偵では解決できない難事件を陰陽師の術を用いて幾度も解決する……ことはしない。 彼らが解決できない現象を引き起こしたのは、伝承や言い伝えを馬鹿にした人間が引き起こしたもの。いわば、その被害は因果応報。やったことが自分の身に返ってきただけであり、解決してやる必要はない。 それが護の信条であった。 二年生への進級を控えた春休み。幼馴染である風森月美に夢で誘われ、護は単身、出雲へと向かった。 「神の国」と呼ばれたかの地で、護は自分の信条を曲げて立ち向かわなければならない事件に遭遇した。 果たして、その事件の全貌と黒幕の目的は?護は無事に事件を解決できるのか?! 平安の世より千年。科学の力で退けられ、現代社会の影に追いやられながらも、息をひそめ虎視眈々と人々を狙う『闇の存在』に、一人の高校生見習い陰陽師が立ち向かう純和風の陰陽師幻想譚、ここに開幕!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間41分

    この作品を読む

  • 魂喰いのアーシェ

    魔術✕機械な肉食系(物理)ファンタジー

    1,160,670

    4,089


    2021年7月30日更新

    ――やはり魂は、腐っているほど美味い。 ヘルヴェティア王国で第十三警備隊長を務めるアーシェ・シェヴェロウスキー中尉。 見た目は子どもな彼女だが、軍の中尉という役職とは別の、もう一つの顔があった。 それは―― 見た目は子どもな少女(二十七歳)が自らに刻まれた「業」を武器に人間、そして神秘的存在「ミスティック」へ立ち向かっていく近代ヨーロッパに似た世界を舞台にした異世界ファンタジー。 果たして運命は彼女に味方するのか、それとも―― 【大福餅さん(Twitter:@daih033)から主人公アーシェのイラストを頂きました。ありがとうございます<(_ _)>】 ※タイトル微変更(20/04/19)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間40分

    この作品を読む

  • ひとくちセリフ劇場

    「セリフだけ?」「しかも140字」

    1,155,950

    1,277


    2021年7月30日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

    読了目安時間:3時間1分

    この作品を読む

  • ドゥームズ・デイ・クロック

    "正義"とは何か? 人々は迷い決断する

    246,900

    1,300


    2021年7月30日更新

    十数年前、突如として現れ世界を滅亡の危機へと追い込んだ一人の能力者が居た。後に"最凶の能力者"と呼ばれるその存在と相討ちとなった一人の青年。「七瀬 鏐(ななせ りゅう)」。彼は後に英雄と呼ばれ未来永劫語り継がれる存在となった。 そして現代、英雄の弟である「七瀬 寥(ななせ りょう)」は兄の様な正義の味方になる夢を抱いていた。 ある日、寥は対能力者育成機関である「聖組織(エクスペリメント)」が運営する学園へ特待生として迎え入れられる事となる。 しかし、それは世界を巻き込む壮大な戦いへの幕開けでもあった……

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間14分

    この作品を読む

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    伊賀を抜けた才蔵は月の化身に救われる

    1,353,160

    3,715


    2021年7月30日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間30分

    この作品を読む