プロフィール

名前の読みは「ひろもと ゆうおう」。 ライトノベル・マンガ・アニメ・特撮・SF・ファンタジー等々、物語を愛する者です。 だから物語に対して真摯に愛と情熱を込めて、面白さとメッセージやテーマがある物語を書いていきたいと思っています。 そんな物語を好む方は、どうか読んでいただければ幸いです。

ブックマーク

一覧

  • ゼロからはじめる島津大河誘致

    宮崎鹿児島を主な舞台に戦国と今を描きます

    1,907,510

    11,128


    2021年7月25日更新

    南九州の架空の自治体、宮之城市(みやのしろ)で島津義弘公を大河ドラマに誘致したいと願う一人の青年(ハンドルネーム 祭り之介)と東京の引きこもりの若者(ハンドルネーム コモロウ)横浜に住む壮年の男(ハンドルネーム フウイ)との会話や議論を通じて目標に向かって進んでいく物語。

    読了目安時間:17時間21分

    この作品を読む

  • 必浄の拳ー近隣諸国から次々と令嬢が追放されてくるので田舎の小国は大変ですー

    周辺国の治安も心配ですが我が国も大変です

    43,005

    5


    2021年7月24日更新

    大国に囲まれた小さな国、エグザリア。 元々はのどかで平和な国だったけれど、最近は近隣諸国の治安の悪化に伴って大小さまざまな罪を犯して国を追われた貴族令嬢の追放先にやたらと選ばれるようになってしまった。 今日もまたエグザリア国立学園には各地から追放された令嬢が転入してきた様子

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間27分

    この作品を読む

  • 三匹のカエルと七人の闇堕ち姫~女の子が異世界で生き残る為の七つの方法~

    カエルと少女の異世界戦記

    199,100

    36,570


    2021年7月24日更新

    ※各話に不定期ですが挿絵を新たに描き下ろしております。 更新はTwitterにて報告させていただいております。https://twitter.com/azuemu 『シオリは姫神に転身し、他の六人の姫神と戦うことにした』 ある日、女子高生のシオリは山中で目を覚ます。 そこで勇敢なアマン、怪力のウシツノ、博識のアカメという三匹のカエルと出会う。 魔女によればシオリは七人の姫神の一人、白姫としてこの地に降臨したらしい。 同じく獰猛なトカゲ族の元には、女子大生のレイが黒姫として降臨していた。 姫神の力は人智を超える。 降臨した姫神を利用しようと各地で戦争が勃発。 カエル族はトカゲ族の襲撃により、あえなく滅亡してしまうのであった。 北のクァックジャード騎士団の赤き鳥タイランの助力を得て、三匹のカエルとシオリはトカゲ族、そして黒姫レイと戦うことに! 裏で暗躍する金眼の魔女オーヤ、そして火竜の力を宿す紅姫アユミの暴走! 主役級キャラ目白押しの戦略群像劇。 やがてシオリは勇猛な騎馬民族を率い、レイは亡者の群れを生み出す。 銀姫は女帝国家を統べ、紅姫はハイエルフ、藍姫は異形の戦闘怪人どもを戦線に投入する。 愛を求めた桃姫は孤独に涙し、囚われの身の金姫は終わらない磔の刑に呆然とする。 日本から転移した七人の女それぞれの生き残る方法とは。 そして〈力〉〈智慧〉〈心〉の三柱による姫神システムの真意が解き明かされるとき、人類にひとつの道標が示される。 この作品は「小説家になろう」にも掲載しております。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:25時間43分

    この作品を読む

  • 黄昏英雄譚 ~アナザーワールド・クロニクル~

    ファンタジー好きな全ての方に贈ります

    24,930

    25


    2021年7月24日更新

    孤独な少年トーヤの前にある日現れたのは、謎の少女エル。 彼女は、復活した七人の大悪魔を討伐する英雄としてトーヤが相応しい器だという。 幼い頃から物語の英雄に憧れを抱いていたトーヤは、自分が悪魔を倒す英雄になるのだと決意する。 過去に悪魔と戦った者たちは、『神器』と呼ばれる武具を用い彼らを封印した。トーヤもそれを手に入れるため、エルと共に神器の眠るダンジョンに挑む。 神と悪魔の力が交錯する王道ハイファンタジー、ここに始動! 「小説家になろう」様と多重連載しています

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:61時間56分

    この作品を読む

  • 女刑事と吸血鬼 ~妖闘地帯LA

    現代アメリカが舞台の洋画風味の作品です

    29,200

    100


    2021年7月24日更新

    アメリカ有数の巨大都市ロサンゼルス。 今この街では、人間の血を一滴残らず吸い取って殺害する連続殺人鬼、 通称『サッカー』が猛威を振るっていた。 ロサンゼルス市警に所属する女刑事ローラ・ギブソンは、 『サッカー』の有力な情報を掴み、その犯行現場へと踏み込む。 彼女はそこで黒い髪と絶世の美貌を持つ謎の女・ミラーカと遭遇する。 この出会いを切欠としてローラは、闇の世界に蠢く人知を超えた怪物達の 血みどろの闘争に巻き込まれていく事になる。 吸血鬼、狼男、半魚人、神獣、ミイラ男…… ロサンゼルスで繰り広げられる現代の百鬼夜行に2人の女が挑む! ※本作品はフィクションです。登場する人物・団体・ 名称等は架空であり、 実在のものとは関係ありません。 ※この作品は小説家になろう、カクヨムでも公開しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:29時間45分

    この作品を読む