プロフィール

名前の読みは「ひろもと ゆうおう」。 twitterID→@hiromotoyuuou ライトノベル・マンガ・アニメ・特撮・SF・ファンタジー等々、物語を愛する者です。 だから物語に対して真摯に愛と情熱を込めて、面白さとメッセージやテーマがある物語を書いていきたいと思っています。 そんな物語を好む方は、どうか読んでいただければ幸いです。

ブックマーク

一覧

  • 中二病は黒歴史ではなく英雄譚への布石!?

    ♡600

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・7話・16,138字 小鳥遊なし

    2020年10月31日更新

    魔法使いとは開花し魔力を駆使することで常軌を逸した現象を起こす者。 それと似て非なるもの。……中二病。 思春期時に訪れる自分を特別な存在と信じ込み、特別な力があると思い込んでしまう心の病だ。 しかし、本人は強く信じ込んでいるのだ。自分は特別だと。 この魔法使いの存在する日本で、そんな病に侵されていた少年がいる。それが柿谷《かきたに》 凛《りん》。 そんな彼はとんだ手違いにより本物の魔法使いを育成するための機関「黒魔学院」に入学することになった。 魔法の使うことのできない彼は中二病時代の知識を糧にこの黒魔学院をどうやって乗り切っていく!?

  • 乙女の熱い想いがぶつかる学園バトル小説!

    ♡30,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・35話・115,133字 kattern

    2020年10月31日更新

    セイントプリンセス学園。 そこは大国クレデント王国のあらゆる貴族の子女と特殊な事情を持った乙女が住まう寄宿学校。 大国の子女の結束を目的として作られた乙女の園。 しかしそこにはもう一つ、決して覆らない盤石の封建制度が産んだ暗部が色濃く存在していた。 その名は――舞闘会! 貴族の子女たちが、一族の威信を一身に背負って繰り広げられる、ビキニアーマー真剣勝負! 勝者には栄誉を、敗者には従属を。 決して表向きには覆ることのない封建制度の舞台裏。 決闘を罪に問われない女達が繰り広げるリアルマウントバトル。 セイントプリンセス学園では、毎週の金曜の夜、一族の栄誉を背負った乙女達が決闘にあけくれる。 そう、大陸全土から子女が集まるセイントプリンセス学園である。 必然、この学園の頂点に立つ者こそ、クレデント王国の真の支配者となる資格を持つからだ。 そしてそれは王族とて例外ではない――。 この物語は、王国の第一王女ことハーニィ・ジェミニが、ちょっと遅れて入学してきた事から起こる大騒動。 絶対王者。負けること許されぬ身の、第一王女ハーニィが巻き起こす、奇跡の八番勝負の物語である。 一言、そこに付け加えるならば――。 「舞闘会なんて無理無理の無理ぃ!」 この第一王女、根暗陰キャコミュ障の者ということだけである!

  • 生きるべきは生き、死すべきは死す

    ♡106,700

    〇40

    現代/その他ファンタジー・連載中・40話・296,262字 DDDog

    2020年10月31日更新

    ──『陰謀と野望にそびえ立つ積層都市に、棺桶背負った亡霊の、静かな怒りが燃え上がり、今叛逆のGUNが咆哮する!』 ◆◆◆◆ 我々の生きる現代とは異なる未来を歩むこの地球(ほし)にて──。 突如として月が欠け、破片が地球へと落下したことで世界中の環境が変容した痛ましい事件、〈リフレイン〉と呼ばれる惨劇から、半世紀。 生き残った人類は世界各地に積層都市を築き上げ、そこを最後の楽園、〈方舟〉として暮らすようになっていた。 積層都市のうちのひとつサン・ミゲルにて、ある出来事からなにに対しても無気力で日々を無為に生きている男、ジャンゴ。 彼は腐れ縁の友人トニーと、自分を慕う少女ベルとともに争いごととは無縁の日々を送っていた。 しかし、そこへ〈巫女〉と呼ばれる女性カグヤとの思いがけない出会いを発端として、ジャンゴの硬く封印されていた過去と罪が暴かれ始める。 カグヤとは何者か。ジャンゴの過去とは。 侵食され始める日常。迫り来る魔の手。 なんのためにもう一度戦うのか。 赫焉に染まる夕陽のもと、彼らの戦いは幕を開ける。 それは正義のためでも悪のためでもなく。 ただ一欠片の人間性のために──。 【表紙イラストはヒロヤ様 @h_iro3d に有償で依頼したイラストになります!】

  • ファンタジー好きな全ての方に贈ります

    ♡17,630

    〇15

    異世界ファンタジー・連載中・275話・1,224,530字 憂木 ヒロ

    2020年10月31日更新

    孤独な少年トーヤの前にある日現れたのは、謎の少女エル。 彼女は、復活した七人の大悪魔を討伐する英雄としてトーヤが相応しい器だという。 幼い頃から物語の英雄に憧れを抱いていたトーヤは、自分が悪魔を倒す英雄になるのだと決意する。 過去に悪魔と戦った者たちは、『神器』と呼ばれる武具を用い彼らを封印した。トーヤもそれを手に入れるため、エルと共に神器の眠るダンジョンに挑む。 神と悪魔の力が交錯する王道ハイファンタジー、ここに始動! 「小説家になろう」様と多重連載しています

  • 家族になると誓ったから

    ♡4,700

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・39話・81,030字 一ツ木

    2020年10月31日更新

    創作者が集う街、アポロ・ポートで暮らす凸凹作家コンビ、アルバートとアルフレッドの初々しい愛と冒険、時々シリアスな日常を描いています。 というか わりとずっとイチャイチャしてます! すいません! 第1章は完結! 第2章を現在連載中です! 表紙絵はリウ様(@riu_0502)が描いてくださいました!ぜひTwitterでフォローを! ※カクヨム、アルファポリス等でも掲載しております