プロフィール

ただのしがない小説好き。 他サイトでも掲載をしています。アカウントは以下 最近たいあっぷも覗こうとしてるけど、文字数が足りない問題…… 小説家になろう Silica [ID:1676244] アルファポリス silika

ブックマーク

一覧

  • 君がいるから呼吸ができる

    私ね、君がいるから呼吸ができたんだよ。

    228,450

    590


    2022年8月15日更新

    登校拒否をしていた子にプリントを持っていったのがすべてのはじまり。 大勢の人の前では過呼吸になってしまう下河雪姫と。特に交友関係もなく時間を持て余していた俺、上川冬希。 次第にお互いが大切な存在になっていって――。 糖度120%。純愛イチャイチャ展開で青春を突き抜ける これだけは言わせて欲しいの。 私ね。 ――君がいるから、呼吸ができたんだよ?

    読了目安時間:18時間5分

    この作品を読む

  • ようこそ! カフェオンライン部へ!

    日常×VRゲーム!

    12,000

    0


    2022年8月14日更新

    次世代フルダイブ型ゲーム機が開発され、早一年。 理事長が生粋のゲーマーであることから、私立女子高にも新しい部、新設と共に無理くり導入されることとなった。 「はぁ……。せっかくおしゃれで可愛いカフェを作ろうと思ったのに……。理事長めぇ!!」 「まぁまぁ、いいじゃん? ボクは楽しいよ」 「そりゃ、椎菜は好きなこと出来てるしな」 今日もカフェオンライン部では、一年無料パスを賭け、格闘ゲーム《KAMAAGE》で火花を散らす。 「ようこそ! カフェオンライン部へ!」 ※一応、VRゲームを題材にしていますが、リアルの学園生活をメインに書くつもりです。 なので、対比は、 ゲーム:学園生活=3:7 を予定しています。ご了承ください。 ※毎月第五日曜休載

    読了目安時間:10時間13分

    この作品を読む

  • 跳びヒザ蹴りのお嬢様!

    おーほっほっほっほっほっほっほ!

    531,750

    5,070


    2022年8月14日更新

    日本中から格闘乙女が集う聖龍女学園高等学校。 最強を目指し切磋琢磨する彼女たちの中に、一際異彩を放つお嬢様がいた! その名は小鳥遊紗耶香。 コーナートップで高笑いする彼女の前に次々と現れる、格闘乙女たち! そして「絶対女王」として学園に君臨する最強の生徒会長・九頭竜麗華! 華麗にして激しい乙女たちの熱きバトルが、今まさに始まろうとしていた! ※注意 ・この物語はフィクションであり、実在の人物・団体・出来事などとは一切関係がありません。 ・既存作品等のパロディが多々ありますが、本気で怒られたら修正します。 ・登場する技は絶対に真似しないでください。Don't Try This At Home!

    読了目安時間:9時間14分

    この作品を読む

  • 悪友は地の果てまで追ってくる。~嫌われ者の生き方~

    第2幕公開中。毎週2話更新😸できてない

    33,200

    1,725


    2022年8月14日更新

    大久保 稔流は、毎日の辛苦にため息をこぼし、増え続ける悪友にまた、ため息をこぼした。 平穏無事を手にいれるために無理矢理加入させられた委員会は、大久保 稔流の首を絞めるばかりで、楽にさせてはくれない。 それでも、大久保 稔流の心は叫ぶ。 「《パンドラの箱》は開かせない!!」と。 ※暴力描写は喧嘩シーンのみです。臓物は飛び出ません※

    読了目安時間:8時間4分

    この作品を読む

  • 女だけど生活のために男装して陰陽師してます⭐︎~只今、陰陽師修行中!~

    男装少女陰陽師×平安バトルファンタジー!

    20,300

    180


    2022年8月14日更新

    時は平安。 穢れによって両親が亡くなり孤児となった少女ー暁は叔父の家の跡取りとして養子となり男装をして暮らしていた。散財癖のある叔父の代わりに生活を支えるために小さな穢れを祓う陰陽師として働いていたが、ある日陰陽寮のトップである叔父から提案される。 「実は…陰陽寮で働かない?」 その一言で女であることを隠して陰陽寮で陰陽師見習いをすることに!? そこで妖嫌いの陰陽師仲間の吉平や、色男でプレイボーイと名高い高遠と出会い、何故が共に怪異を解決していかなければならなくなり… 「妖の調伏には因果と真名が必要」 妖が生まれる心の因果を暁の推理と陰陽師の力で紐解いていく。そんな物語。 ※アルファポリスでも掲載しています

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間33分

    この作品を読む