プロフィール

離島育ちの野生児。京都修行を経て今に至る。 技能:漢文翻訳 専攻は倭寇、貿易陶磁、南宋滅亡など、主にモンゴル帝国のころ。 趣向:雑食 新撰組、離島、音楽、異能バトル、機械、クルマ、ミニ四駆など。 一言: ノベラちゃんは五島うどんもお好きらしい。 近況: 2020年1月、ペンネーム変更。 はせつき・もとやです。 旧ペンネームは氷月あやでした。 2020.04『姉上は麗しの名医』小学館 2021.01『帝都の用心棒 血刀数珠丸』小学館 2021.06『拙者、妹がおりまして①』双葉社 2021.07『拙者、妹がおりまして②』双葉社 2021.10『拙者、妹がおりまして③』双葉社 2021.11『伏竜 蛇杖院かけだし診療録』祥伝社 2022.01『拙者、妹がおりまして④』双葉社

ブックマーク

一覧

  • 銀二十枚分、愛してください。 ~奴隷の少女の剣風録~

    ネガティブ少女の成長記。完結しました!

    248,146

    1,931


    2022年2月28日更新

    実の父によって、銀貨二十枚で人買いに売られた少女アリサ。 東方王国の「万象の闘士」たちに救出された彼女は、内に眠る類稀な「力の器」を見出され、王国に迎えられる。 だが、十六年の生のほとんどを無力な村娘として生きてきた彼女が、闘士としての魂を身につけるのは容易ではなかった。 人とぶつかれば謝り倒し、銀五十枚のドレスを見れば「自分の安さ」に落ち込み、なにもできない自分を嘆くアリサ。 そんな中にあっても、修行の日々を経て、身の内に眠る力は目覚めていく。 身体の芯で熱く滾るなにものかに、アリサの若い身体は疼いて…… 元奴隷の無気力ネガティブ思考少女が、戦士としての力と自覚を得ていく過程を描いた長編ハイファンタジー。 「心の綺麗な人には見えない」系お色気要素も随所に盛り込んでおります。 ええこれは、天地に満ちる万象の力ですよ。なんにも妖しくありませんってば! ※復讐要素・ざまぁ要素はありません※ ※成り上がりものとも多分ちょっと違います※ 表紙画像: Morguefile.com http://mrg.bz/2b1f62 ロゴ制作: chrs様

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間29分

    この作品を読む

  • 伯爵令嬢の家庭教師はじめました

    これは乙女ゲー異世界転生……なの?

    27,100

    100


    2022年2月24日更新

    ここは本当にあのゲームの世界なの――? 『主人公、シャルティーナ・グランツ(デフォルト名・変更可能)。 ゲーム開始時年齢十八歳。その三年前、魔法士ルディに師事し、 僅かながらの魔法と様々な学問を修め、マティアス伯爵家令嬢の家庭教師を勤めることとなる。 それが乙女ゲーム『伯爵家の家庭教師~麗しのガヴァネス』、通称・伯ネスの基本設定』 十五歳の誕生日の朝、突如前世を思い出したシャルティーナ。 どうやらこの世界は、前世の『わたし』が遊んだ乙女ゲームの中らしい。 なのに、ゲーム開始時と違う時間、違う設定、違う状況。 伯爵家の家庭教師となった日は、ゲームよりも一年前倒し。 そして悪役として立ちはだかるはずの伯爵家令嬢は、年齢も、周囲の環境もまったく違っていた。 記憶にある状況や設定と少しずつ変化している世界。一体何故――? 偉大なる魔法士の弟子となり、己の知識と経験を積んでいくシャルティーナ。 幼い令嬢を救い出し、友を助けるため、堅実に着実に、出来得る限り力を尽くす。 建国の英雄王伝説が残る王国で、下級貴族でありながら王家や貴族の隠された事実に近づいていくのだが、 この世界、そしてシャルティーナ自身にも大きな謎が浮かび上がってくるのだった。 異世界転生。悪役令嬢救出。友の秘密。知らぬ間に育っていく恋。 主人公補正なんてほんの僅か。魔法だって微々たるもの。 あるのは記憶と知識、そして虚勢のような開き直りだけ。 それでも友を、家族を、思い人を、大切な人々を、持てる力で懸命に守り抜いていく少女の物語。 ※小説家になろう、アルファポリスでも連載中です※ ※ノベプラが先行更新です※

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間40分

    この作品を読む

  • まんぷくシェアハウス

    おいしいごはんとあたたかな暮らし、ありま

    2,000

    0


    2021年10月12日更新

    「せいちゃん、それならうちに下宿したらいいよ!」 しがない小説家・綿貫正彦は行きつけの定食屋で働くお気に入りの店員・湯浅誠一郎が住処をなくしてやむなくバイトを辞めなければならないと聞き、自分の家に住まわせることに。 祖母の残した古い日本家屋に暮らす綿貫は、金はないが部屋だけはたっぷり余らせていたからだ。 誠一郎と綿貫は美味しいものを食べながら、手探りで同居生活を進めていく。するとそのうち、誠一郎の知人・春川泉や後輩・今井耕助もわけあって転がり込んできて… 凸凹な男四人が、飯と同居を通じて各々の悩みを解決したりしなかったりする話。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 宵の薬師  (短編版)

    戦国史に埋もれた癒しと裏切りの秘話

    23,900

    0


    2021年8月21日更新

    永禄12年、岐阜に下向した権大納言・山科言継は、陰鬱な地元武士・佐藤忠能と語らい、その壮絶な過去を知る。そして、いまだに彼を悩ます心の傷を癒そうと奮闘するが・・・ 実在の公家、山科言継による日記「言継卿記」の記載をもとにしたフィクションです。 (※加筆の上、長編化する予定です)

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:52分

    この作品を読む

  • 旅は竜連れ世は情け

    少女と竜の冒険&陰謀のハイファンタジー

    20,300

    1,010


    2021年8月15日更新

    竜が棲む大陸に暮らす少女・アイシャは、片腕を失った夜に、片目を失った竜・ジーヴと共に旅する契約を交わす。少女は生き別れた兄を探すため、竜は一族の生き残りを探すために。 噛み合わないまま旅を続ける二人は、やがて大陸を揺るがす陰謀の渦中へと飛び込んでいく。 (たぶん)王道ファンタジー。 ※ストーリー上、多少暴力的な描写を含みます。 「外伝 竜の踊るときは踊れ」は音楽をテーマにした合同誌に寄稿したものです。単品でも読むことができます。 この作品は、カクヨムやエブリスタ、小説家になろう、個人サイト(https://nanos.jp/nebel/)にも掲載しています。 以下読まなくても問題ない人物紹介 ◇アイシャ 肝が据わっている人間の少女。左腕の肩から先を失っている。行方不明になった兄を探し、黒竜のジーヴとともに旅をしている。 好き:料理、兄、体を動かすこと 嫌い・苦手:絵、上から目線、じっとしていること ◇ジーヴ 滅んだ黒竜の一族の元族長。常に尊大な態度。右目の視力を失っている。黒竜の生き残りを探してアイシャとともに旅をしている。 好き:肉、酒、愉快なこと 嫌い・苦手:強い匂い、不愉快なこと ◇エイミール 海洋学者であり竜の研究者でもあるアイシャの兄。現在行方不明。のほほんとして鈍くさいところがあるが芯は強い。 好き:研究、妹、本 嫌い・苦手:船、血、激しい運動

    読了目安時間:3時間6分

    この作品を読む