プロフィール

はじめまして。 大塚可修と申します。下はカシュウと読みます。由来は言いたくありません。 アイコンの文豪猫、めちゃくちゃ可愛いですよね。お気に入りです。ちなみに犬派です。 Twitterは嫌い、というか肌に合わないのでやってません。許してください。→始めてみました。仲良くしてください 『ゾンビだらけの世界で高校生たちが生き残り、主人公が国を興す』というような物語をメインで書いてます。かれこれ構想6年になりますね。 好きなものはR6Sと犬です。 仲良くしてくれると嬉しかったり嬉しくなかったり。コメントにはコメントで返信することを心掛けています。 夢は書籍を出して、あとがきを書くことです。 どなたか私をプロにしてください。売れますよ。印税は3億%でいいです。 対応できる範囲でポイントを頂いた人の作品にも目を通してます。

ブックマーク

一覧

  • ◢◤ TH eFLATLAND ◢◤

    現代ニッポン悪者的日常とゆるふわ戦争譚

    66,200

    370


    2022年9月25日更新

    現代ニッポンの大都市(物語上の架空)八華(ハッカ)都市がある八華島を舞台とした偽神と悪者達の物語。 この島には秘密がある。 多数の異世界が連なる多元界から『FLATLAND』と呼ばれ それら異世界間同士を繋ぐ唯一の中継地であることを。 この人口700万人の島と大都市はいつも通り、狂騒に明け暮れる中、 密かに異世界の種が往来し管理され、支配されているこの地を中心にそのバランスが崩れ始める。 この街の「悪者」と呼ばれる住人である街賊(ガイゾク)と様々な世界や種の思惑と策略が絡み合い八華を飲み込む時、 繋がった世界たちは無謀なテンションで踊り出しフクリクションを起こしていく。 誰もが主役でありそれでいて主人公なき群像劇であり創世記であり異世界間の仁義なきタタカイ。 ここは、地獄という名のテーマパーク。 まだまだ未熟者なので、未熟者ゆえの勢いと趣味的なノリで書いてます。 登場人物多めのごった煮。ゆるいテンションで進んでもいきます。 ご都合主義でゴメンナサイ。 稚拙なものですがよろしくです。 言うでもなく、この物語はフィクションです。 実際の世界とは一切何の関わりもございません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間36分

    この作品を読む

  • 勝手にノベラポイントを月額提供する

    勝手に作家を応援プロジェクト

    169,064

    859


    2022年9月23日更新

    ノべラポイントのサブスクリプション化を流行らせたいだけ。 他にも、お金の楽しい使い方、投資、支援など、お金にまつわる内容をお届け。 4.25 日間 一位 4.26 週間 二位 月間五位 取得 ありがとうございます!

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 賢者というのは強いんじゃなかったのか?!

    王道ファンタジーを貫きます!!

    74,500

    431


    2022年9月22日更新

    この世に生を受けたすべての人間は、精霊の加護を受ける。 一つの精霊の加護を受けた人間を、術士。 二つの精霊の加護を受けた人間を、導師。 三つの精霊の加護を受けた人間を、賢者。 そして、四つ以上の精霊の加護を受けた人間を、魔人と呼んだ。 長年、世界に存在していなかった賢者と魔人が生を受けた。 しかし、実際の能力は術士や導師に遠く及ばない。 これは、帝国魔術学院に入学した賢者の青年と、魔人の少女の成長と青春の物語。

    読了目安時間:6時間9分

    この作品を読む

  • 武公の刀

    古の刀を廻り、過去と現在が交差する。

    2,808,047

    8,472


    2022年9月20日更新

    数百年も昔に歴史に埋もれ、失われたはずの魔刀。 それが蘇る時、悲劇が繰り返される。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:10時間11分

    この作品を読む

  • 賢者が恋した賢者の恋

    コミカル+シリアス+恋愛?×群像劇‼️

    1,189,956

    5,672


    2022年8月31日更新

    【作品紹介】 これは、物語を考えないまま書き始めた物語。 最初は、ファンタジー世界を舞台にした短編のラブコメを書くつもりだった。しかし、そうはならなかった。 ラブコメが何たるかを知らず、そもそも、小説すら読んだことのない私が、小説など書けるはずもなかった。 しかし、書き進めるうちに、物語が浮かんできた。 このキャラクターは、どうしてこうなったのか? 彼らの過去には、何があったのか────? それらの疑問が積み重なり、繋がり合い、物語は構築されていった。 ラブコメを書くつもりだったので、当然恋が始まる。思いついたのは【絶大な力を秘めた女性が賢者に一目惚れをする】というものだった。 最初に思いついたヒロインはラシディアといった。 賢いが少し天然の可愛らしい魔女とした。 次に思いついたのが、ジュメイラという戦士だった。ラシディアとは対照的で、グラマラスで快活、しっかりした感じの女性だった。 あまり深く考える事もなく、ヒロインはラシディアとし、ジュメイラはその義理の姉とした。 次に、ラシディアが誰に、どういった経緯で恋に落ちるかを考えた。 今思えば、恋に落ちるまでも重要な物語であるはずなのだが、何しろ私は小説初心者。短絡的に【一目惚れ】という安直な方法を選んだ。 賢者との出会いはこうだ。 ヒロインたちが街へ来て、偶然出会って一目惚れ────。何とも捻りのない流れだ。よくこんな設定で話を続けようと思ったものだ。 しかし、当時の私にはそれ以上の発想は一切浮かばなかった。 ヒロインたちは街へとやって来た。なんの為に? そうだ。街へ行く理由が必要だった。 そこで咄嗟に考えた。それが、【めちゃ強い魔物を倒さないと手に入らない素材で作った特別な魔法薬を売りに行く】というものだった。 そして、その魔法薬の噂を聞きつけた賢者がやってきて出会う──。そうだ、それにしよう。 その程度の考えで物語は進められた。 しかし、私は思った。──ラシディアたちって、何故そんな力を持っているのだろう、と。 二章を書き終える頃、ようやくその答えが分かった。 太古の昔より続く忌しき宿業──。彼らには壮絶な過去があり、過酷な未来が待ち受けていた。 それを描く為、第三章から主人公たちの過去へと遡り、この物語は始まる────

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:19時間32分

    この作品を読む

  • 蟲の声は聴こえない

    やや異世界ほのぼのファンタジーです。

    70,000

    180


    2022年8月22日更新

    街はずれの粉挽き小屋で暮らす、少年リコ。 育ての親である【じいちゃん】とふたり、おだやかな日常をおくっていた。 ある日、リコは森の中で言葉を話せない少女と出会う。 少女の言葉を探しに旅に出ると決めたリコは、 様々な出会いと別れをくり返しながら、東を目指す。 旅のなかで次々と明らかになる少女の言葉と、この世界の理の謎。 リコは、少女の言葉を見つけることができるのでしょうか? そして、この世界の緩やかな歪みに対峙した時に、何を思うのでしょうか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間19分

    この作品を読む