作品

前へ

次へ

  • ノベ・ライド -ワナビ少女は絶句する-

    奇跡は起きない!己の描いた作品で戦え!!

    11,420


    2021年9月9日更新

    『己が描いた作品で戦え! 負ければその作品は、死ぬ』 主人公の御法川 白百合<みのりかわ しらゆり>は都立高校に通うラノベ好きの高校生。 様々な小説のコンテストに応募するが、連敗続きのワナビである。 ある日、天界から来たノベラという女性に言霊で戦えと《ノベ・ライダー》というアイテムを託された。 ノベ・ライダーを起動すると、自分の書いた作品を出し合って勝敗を決める《絶句界》と呼ばれる異空間に飛ばされる。 そこでは自分の作品をアピールしながら攻撃するか、相手の作品を徹底的にディスって完膚なきまでに叩き潰して殺すかだ。 プロアマのハンデ、引き分けなんて甘いものは無い。 ワナビの白百合はこの戦いで何を得て、何を失うのだろうか。 ※運営が発表した「情報が少ないキャラクターについては皆さんの創造で、どんな性格か、どんな雰囲気なのかを自由な発想で表現してもらえると嬉しいです。」を大前提として創作しています。 ※話し方や仕草などは《公式の設定発表》や《運営の指示》が無い限りこちらで創作しています。細かな考察を基に創作してはいませんので、皆様が持つイメージとはかけ離れている場合がございます。予めご了承ください。 ※物語の進行上、無名の公式キャラクターには名前を付けています。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む

  • 【ご注意】 この物語は非公式、非公認の二次夢創作です。 実際の公式キャラクターイメージと設定が異なる場合があります。 (公式キャラクターである女子作家が隣の部屋に住んでいる、等) 執筆タイミングにより、もう直せない設定もあります。それをご承知の上でお読みください。 【あら、スージー! 元気?】※あらすじです。 主人公の逆瀬川 舞斗(さかせがわ まいと)はラノベ作家を《目指していた》20代の青年である。 お人よしの舞斗は自費出版詐欺に何度も引っかかり、学生時代からの貯金を全て使い果たしてしまった。 夢破れた舞斗が辿り着いたのは、練馬区江古田にある築40年のボロアパート。 舞斗が自作の二次元美少女フィギュアを棚に並べていた時の事である。 隣人のケンカ声が聞こえ、そののち【大量の本】と【うどん生めん】と【少量のオクラ】と【大量の生活ゴミ】と共に二人の少女が舞斗の部屋になだれ込んできた。 銀河の科学力によって二つの部屋は同一空間と化し、壁の修復は不可能。 貧乏な三人は引っ越すことも出来ない。 おっちょこ女神と能天気アイドルとお人よしの元ワナビ。奇妙な同居生活が始まる。 ※二次オリ創作です。スケベはあるかもですがエロはありません。極力イメージを損なわないように書くつもりです。 ※二次オリ創作です。不明で細かい設定・口調・セリフは筆者が補完したものです。公式設定ではありません。 ※ノベラサイド、ステラサイドとして視点移動が行われる場合があります。(基本的に主人公視点です) ※この作品は筆者の創作論を押し付けるものではありません。また、ノベルアップ+様のポリシーを代弁するものではありません。 ※【ノベルアップ+公式キャラクターの二次創作に関するガイドライン】はしっかり守っています。 ※ノベルアップ+様からの【削除・BAN】を含むご依頼は全てお受けいたします。 ※不定期連載です。更新が遅れても笑って許してくださいネ。

    読了目安時間:1時間54分

    この作品を読む

  • ♪この放送は県立夏ヶ丘高校放送部がお送りいたします♪

    熱い青春は『放送部』にある!

    25,010

    111


    2021年5月5日更新

    【あらすじ】 主人公の美作綾人(みまさかあやと)は県立夏ヶ丘高校放送部の部長である。 しかしヤル気も無く、放送部の伝統である昼の放送と下校放送をダラダラと続けていた。 部員も綾人を含めてふたりだけ。廃部も間近である。 そんな時、ある少女が放送部へ入部したことで、放送部の止まっていた歯車が再び動き出す。 これは放送部に青春を懸けた五人の物語である。 【!重要!】 ※数年前、別ペンネームで他の小説投稿サイトに投稿していた作品です。 ※この《物語》は《フィクション》です。実在するコンテストや実際の放送技術(校内放送・民法・FMを含む)と事実が異なる場合があります。 ※演出上、訓練法のようなものが出てきますが、実際に行う場合は指導者の下、正しく行うようにしてください。 ※この作品を漫画的、アニメ的なものとしてお楽しみいただけたらと思います。 一応書いておかないとね。

    読了目安時間:6時間32分

    この作品を読む

前へ

次へ