プロフィール

ブックマーク

一覧

  • 四煌の顕現者:ゼクス・ファーヴニルの闘争譚

    煌めきと共に、すべての敵を打ち倒せ。

    608,615

    40,240


    2022年7月18日更新

    「貴様はもう、私達の子ではない」 詠唱と意志力により武器や自然現象を再現する存在、【顕現者】。 適性審査で「詠唱途中で能力がランダムに発現する」という致命的な欠点を背負い、能力者として認められなかった少年は。 実の家族・友人に見捨てられ、同時に存在自体を消されかけてしまうが逃げ延び、心優しき夫妻に拾われることになった。 ――5年後。 少年は、【学園】へ足を踏み入れた。 彼が入学した時から、止まっていた運命の歯車は再び、音を立てて動き出す。 少年の「復讐」と「新しい人生」が、始まろうとしている。 異能×復讐×青春 etcetc...... 様々な要素の絡み合った学園譚、開幕。 「覚悟しろ。……そう簡単に、お前達を許せそうにない」 ※格好いい表紙は蒼原悠様(Twitter:@AzureFlag373813)に頂きました! ※祝!累計総合41位、累計ジャンル別5位。 これからもよろしくお願い致します。 ⊿二次創作は基本許可致しますので、コメントにお願い致します。 ※アルファポリス様にて「四煌の顕現者:ゼクス・ファーヴニルの復讐譚」として当時連載中です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21時間27分

    この作品を読む

  • この悪辣な天秤を心に宿して

    友情と恋心の感情が人格分離し、争います

    1,923,080

    77,455


    2022年4月3日更新

    高校二年生の高野凛子(たかの りんこ)はある日の放課後、教室内で騒ぐ男子たちの会話を偶然耳にする。 その際、「クラスのイケメン男子が一ヶ月後の夏祭りにて、蘭奈(らんな)ちゃんに告白予定」との情報を知ってしまう。 凛子は密かにその蘭奈ちゃんに恋心を抱いていたが、親友である彼女にはその気持ちをひた隠しにしていた。 恋する相手が誰かと付き合うのは嫌だ。でも、この感情は決して彼女には伝えられない――! どうするべきか葛藤する凛子の前に、一人の魔女が驚きの提案をもって現れる。 「貴女のその人格を【友情】と【恋心】の二つの人格に分離してあげる! お互い争い合って、各自の望む結末を目指しなさい!」 魔女の提案する争いのルールは以下の通り――。 ・毎朝の起床時にランダムで人格が決まる。選ばれた人格は終日、行動する権利を得る。 ・一ヶ月後の夏祭りにて、蘭奈ちゃんがイケメン男子の告白を受け入れるか否かで勝敗を決する。 凛子は魔女からの提案を受け入れ、 【友情】の人格時には彼氏が出来るように応援し、 【恋心】の人格時には彼氏が出来ないよう妨害する、 という矛盾に満ちた日々を送ることになる。 ――この争いの結末は、魔女も知らない。 ♪♭♪♭♪♭ イラストは小西たま様に制作いただきました。 第22話『勉強会の終わりと、幸せな休息【♪】』のラストシーンです。このエピソードには大きいサイズのイラストを掲載しています。 無断転載・無断利用はしないようお願いします。 ♪♭♪♭♪♭ 私が大好きな要素をたくさん詰め込んでいます! 女の子たちの可愛い仕草や会話、ソフトな百合、心理戦、謎解き、ヒロインの葛藤&成長、そして アツい展開もあります! 毎週 火、木、土、日の 19 :30 頃 投稿予定です! (。・・。) (2022/4/3 追記) 完結しました! 応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23時間15分

    この作品を読む