プロフィール

猿龍堂 (さりょうどう) と申します。 Twitter→ https://twitter.com/Saryodo107?s=09 感想ありがとうございます! いつも励みになっています!!

ブックマーク

一覧

  • 週末電脳戦記ルーリスタ

    メカ装備VRバトル×美少女ラブコメ!

    8,928,027

    172,046


    2022年5月19日更新

    【ノベプランキング総合で日間週間1位は多数獲得済み。最高順位はSFジャンル累計1位、総合累計6位】 【メカ装備少女好きやバトルゲーム好き集まれー!】 プロもいる世界的大人気興行である大型筐体のアーケードゲーム『週末電脳戦記ルーリスタ』。 人のアバターが機械武装を纏ってVR空間を行動するこのゲームは、一対一とは限らない対戦に、複数勢力が同時に争うシミュレーションゲーム的な陣取り、そしてプレイヤーの行動力を算出するパズルゲームの早解き要素を併せ持つ、最大10対10×5で毎週末の度に6団体で行われる、通年シーズンを争うリアルタイム団体対戦ゲームだった。 かつて名門家で英才教育を受け、未来最強と目されながら、家族関係の拗れから道を外れ、今や地方の田舎で貧乏家計を支えるためにバイト三昧な高校生の引退少年・峰崎明日真(みねざきあすま)。 名門家の最高峰ギルドで一度は頂点の栄華を極めるも、とある事情からギルドを抜け、幼馴染の明日真と再起するべく現れた、最年少凄腕プロの転校生少女・天鵬院百鬼(てんほういんなきり)。 卓越した才能を持つふたりは、たったふたりから『ルーリスタ』に挑み、埋もれた才能と言うべき仲間たちを集めながら、S1~D4ランクまである世界リーグを最底辺から世間が驚く速度で駆け上がり、頂点を目指していく。 これはそんな『ルーリスタ』業界を席巻するふたりから始まる長編物語である。 ***『IS』や『武装神姫』『メガミデバイス』『アリス・ギア・アイギス』とかのメカ装備少女がお好きな方や、対戦ゲームの駆け引きがお好きな方は是非ぜひ! ***2021/6/11:最終第五部はじまりました! (上下巻的に各部がラノベ二冊分あります) ***当方プレオープン時からの最古参組。 ***日間週間月間だのはノベラポイントの神が現れると時々浮上します。 ***最高値は総合累計ランキング6位、SFジャンル累計1位。 ***時々例外はありますが、基本挙動として、コメントにはコメント、スタンプにはスタンプが必返ります。 ***気軽にバンバン感想書いちゃって欲しいな!(願望 ***2022/4/10。870万応援ポイント&22万PV突破感謝! 皆様の応援のおかげです! ありがとうございます!

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:46時間39分

    この作品を読む

  • 秘密結社ギャラクティカダーク〜世界征服を企む組織はホワイト企業だった〜

    彼らは地球をクリーンでハッピーな星にする

    633,855

    18,056


    2022年4月15日更新

    倫理観の欠如によって学会を追放された生体遺伝子工学の天才、阿久 真人は学会の圧力により就職することも出来なかった。 ある日、自宅PCに現代の科学の枠組みを超えたゲノム式と論文が送られてきた。明らかに怪しい物だったが完全に理解し論文を返信して数日後、真人のもとに怪しい人物が訪ねてくる。 論文を送って来たのは秘密結社ギャラクティカダーク。星間戦争により滅びた異星文明の生き残りだ。彼らは地球で活動する為のスタッフを集めていたのだ。 オーバーテクノロジーを前に狂喜乱舞する真人は世界征服でも人類滅亡でもやってやると意気込むが彼らは実に平和的であった。 地球文明に変革をもたらすためギャラクティカダークはオーバーテクノロジーと優れた人材を使い世界情勢を変えていく。 そして変革の先に待ち受けているモノは…… あらすじが内容と噛み合わなくなって来たので変更しました。 表紙はメインヒロインの今日子さん。藤原アオイさんに描いていただきました、ありがとうございます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21時間48分

    この作品を読む

  • 友達としかみられない

    この言葉で振られた、全ての同士へ捧ぐ。

    1,500,050

    17,304


    2020年5月2日更新

    現代の大学を舞台にした、『死神盗難事件』! 『日常の謎』なので、人は殺されません。 大学4年生の初夏。 渡貫 詳(わたぬき しょう)は、『お悩み相談サークル』に所属している。 気の強い後輩、角川 貴理(かどかわ きり)に振り回されながらも、他人の悩みや、持ち込まれる些細な謎を解決することで自尊心を満足させる、虚しい毎日を送っていた。 そんなある日、詳自身が盗難に遭ってしまう。 割引券、鑑賞券、小冊子という一見無価値なものが次々盗まれ、ウェブ新聞記事のコピーと思われる紙切れと、『死神』のタロットカードが残される奇妙な連続盗難事件。 いつも通り貴理に押し切られ、詳はその事件の解決に乗り出す羽目になる。 犯行の法則性は何なのか? 犯人は誰なのか? その目的は? 『人間は根源的に時間的存在である』 ハイデガーの言葉通り、人は過去からは逃れられない。 *この作品は『小説家になろう』、『カクヨム』でも公開しています。

    読了目安時間:2時間53分

    この作品を読む