プロフィール

人生初の小説を書き始める。 一度しかない人生、好きなことやった方がいいよね!

レビュー

一覧

ブックマーク

一覧

  • オムニバスSFです、よろしくお願いします

    ♡778,753

    〇24,957

    SF・連載中・295話 うぐいす

    2020年7月12日更新

    第三次世界大戦は、究極の生物兵器ゲヘナにより終結した。 地球上から国家が消失し環境が激変した世界で生きるのはキメラと呼ばれる獣人達だった。 そんなキメラ達が生きる世界を書いたオムニバス小説。 序章(完結) 人類が生み出してしまった最終生物兵器ゲヘナの暴走で滅んだ地球が再生するまでの話。 殺人鬼の作り方(完結) まだ世界大戦が終わってなかった頃の話。 元々気が弱い犬の頭を持つキメラ兵『ジャック』が殺人鬼に墜ちる。 かたつむりの観光客(完結) 世界大戦終結後、大陸の形すら変えられた地球に七つの大都市が出来た。 謎の美女プリデールと『なんでも屋』のスゥが世界を旅行する話。 甘いマイアズマータ(完結) 違法な人造人間を造り、それを売って暮らす男の下に娘を名乗る少女が訪れる。 男は娘の正体を察し、殺そうとするが……? くろいながれぼし(完結) 荒野で見つけた焼死体を埋葬しようとしたら、それは鉱物生命体だった!? 鉱物生命体クオリアの少女オニキスと、熟練の傭兵ガレスの奇妙な旅。 ほしをみるひと(完結) 世界大戦勃発前、田舎育ちの冴えない少年マーカスが出会ったのは不思議な喋る石だった。 激動する世界の中、一人と一個は生きていく。 不実の湖(執筆中) くろいながれぼしでの戦い以来行方不明になっていたクオリア・パールの反応が確認された。 依頼を受けて現場に向かったクオリア達を待ち受けるものとは一体? オムニバスなのでどの話からでも読んで頂けるようになっています。 評価応援ブクマ、宜しくお願いします!

  • 血飛沫、スプラッタ。怪異を狩る最凶少女

    ♡594,980

    〇12,721

    ホラー・連載中・210話 重弘 茉莉

    2020年7月11日更新

    奏矢ジュリは普段には普通の女子大生であるが、依頼があればその手に大型チェーンソーを持って、異形なる者どもに立ち向かう。 ジュリは普通の人間には手に負えない依頼を、警察や個人から請け負う。そしてが依頼あれば、様々な異形を相手にチェーンソーが火花を散らす。 相手が死者であろうが、ゾンビであろうが、妖精であろうが関係なくたたっ切る。 ジュリはチェーンソーと体術を用いて、異形なる化け物どもの首を落とし、袈裟切りにし、蹴り飛ばす。 依頼のため、異形の怪物を狩るため、そして生き残るために、今日もジュリはチェーンソーを手に取る。 怪異を相手に、物理で突き進むアクションスプラッタホラー。

  • 読むとほんわか、女子メインの日常系小説♪

    ♡57,532

    〇125

    童話/絵本/その他・連載中・130話 float-streams

    2020年7月11日更新

    【活動再開のお知らせ】 緊急事態宣言発令により当小説の更新を一時凍結(無期限)とさせていただいていましたが、2020/06/13の21時から投稿を再開いたします。 現状が現状なので再ストップの可能性もありますが、その時はその時でお知らせします。 それでは、お待たせいたしました。お楽しみくださいませ♪ ---------- 元々男として転生したが、それはなんと転生設定未完成のまま転生させてしまうといううっかりミス! そして、高校1年になろうという日に「正しい転生設定として」急に女の子になってしまった『小山いおり』。 これは、慣れないながらも妹や母、友達に支えられ、徐々に順応していこうとする彼女をメインに据えた、日常系小説です。 元々アメブロで書いていたものを移設していきます(話数がアメブロに追いついた段階でノベルアップ+オンリーにします)。 1話あたり大体1000字~3000字ぐらいです。 2019/9/7、第1話公開開始!! アメブロ版に追いつくまでの間は、10月以降は2020/1/7まで毎日21時に1話ずつ公開していき(9月中は火・木・土の21時、公開初期は17時でした)、 予定通りにアメブロ版に追いついたので、同月11日から毎週土曜日の21時更新へ変更しました。 アメブロでは出来なかった「章分け」が出来るの、いいですね♪

  • 心情描写たっぷり群像劇ダークファンタジー

    ♡179,600

    〇5,050

    異世界ファンタジー・連載中・144話 狐目 ねつき

    2020年7月11日更新

    「これは、運命に抗い世界を救った一人の少年の、一生を描いた物語である」 剣と魔法が栄える世界、ワンダルシア。 増えすぎた魔神や魔物の驚異に怯えた人類は、都市の周りを「ゲート」で囲み、生活を続けていた。 始まりの舞台となるのは「城塞都市ゼレスティア」 主人公となる少年、アウルは建国当初から国王に代々仕える名門「ピースキーパー家」の生まれ。 しかし、日々をだらだらと過ごし、平々凡々とした生活を続けていた。 親も兄弟も軍に仕えているため家には全く帰らず、一人で暮らしていたアウル。 そんなある日、自宅に兄が帰ってきたのだが――。 ※2020年2月15日、「小説家になろう」様にて公開をしていた短編をこちらでも公開しました。 内容は主に日常回メインとなっております。第一部と第二部の間に掲載しましたので、お手隙の方は是非読んでみてくださいm(_ _)m

  • 「セリフだけ?」「しかも140字」

    ♡589,555

    〇980

    童話/絵本/その他・連載中・404話 中村尚裕

    2020年7月11日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。