プロフィール

大正むすめ

鳥越ホクト

Lv   :23

作品数 :3

ジョブ :探偵

称号  :ノベラ大司教

アバター:大正むすめ

レビュアーポイント:12pt

第7回HJ文庫大賞ファイナリスト。 入賞するつもりだった第8回HJ文庫大賞で二次選考落ちしてからしばらく小説を書いていませんでしたが、このたび創作意欲が復活してノベルアッププラスにて小説を書き始めることとなりました。 公募作品ではできないような実験的なことをしていきたいと思っています。 あと、書くのもスタンプやコメントに返信するのもかなり遅いです。ご迷惑おかけして申し訳ありません。

ブックマーク

一覧

  • 宇宙を舞台にしたレース活劇!

    ♡224,250

    〇395

    SF・連載中・241話 双子烏丸

    2020年4月2日更新

    人類が宇宙に広く進出した、宇宙時代。星から星へと宇宙船が常に飛び交う世の中で、流行した競技、それは小型宇宙船による、レース競技だ。これは、その宇宙レースの色々と幼いショt……いや、優秀で若い宇宙レーサー、フウマ・オイカゼと、その他愉快なレーサーと登場人物が織りなす、SFレース活劇である! 表紙イラストは、朝山なのさんに描いて頂きました! 第五章の最後にはファンアートもありますので、ぜひ見に行って下さい!

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ♡2,391,355

    〇15,760

    異世界ファンタジー・連載中・343話 白玖

    2020年4月2日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

  • サイバー技術が発展した大正時代!

    ♡34,800

    〇0

    SF・完結済・21話 黄鱗きいろ

    2020年4月1日更新

    時は大正。忌々しき鎖国から開けて数十年。 日本が鎖国中、諸外国の技術は『とあるきっかけ』によって飛躍的に高まり、今や世界中を駆け巡る電脳網が張り巡らされている。 そんな中、鎖国中にあった日本は、技術者たちにとって文字通り『金の鉱脈』だった。 おびただしい技術の流入、文化の侵食・混合。そして、暗躍する技術スパイたち。 かつて『黄金の国』と呼ばれた日本に隠された謎とは――!?

  • 第三章開幕です。

    ♡336,132

    〇1,084

    異世界ファンタジー・連載中・116話 秋山静夜

    2020年4月2日更新

    非転生モノ。 非俺Tueeeeモノ。 非ハーレムモノです。 勝てなくとも前に進むことはできる。 負けても失うものばかりではない。 手の平から多くのモノが零れ落ちたとしても、それでも握りしめたモノだけは離さないで。 感覚的には各々が思い描く王道RPGのゲームクリア後に続く物語と位置付けてもらえると比較的入りやすいかと思われます。 大衆の危機に現れた勇者とその仲間は多くの艱難辛苦を超えて、世界を救うに至ります。 つまりこの物語のスタート時点でボスは既に倒されているところから始まります。 当然裏ボス的な存在がいるわけですが、世界が仮初めの平和を取り戻した以上、そこから先の戦いが果たして勇者に求められるのか。 勇者の個人としての望み、そしてその対極にいるはずの魔王とは何だったのか。 この物語に登場する主要キャラクターはゲームクリア後の位置づけなのでほとんど能力がカンストしています。 よって能力の成長ではなく、相性やメンタル、工夫などで勝敗が変動します。 またレベルの概念も存在しますが、これは彼ら彼女らの世界をゲーム的なフィルターを通して見ている結果と考えていただけると幸いです。 この物語は12章構成で予定しています。 第一譚:無垢純白の勇者譚 第二譚:灼銀無双の魔法譚 第三譚:憎悪爆散の魔人譚 第四譚:理念夢想の人形譚 第五譚:天涯波濤の英雄譚 第六譚:神魔謀逆の賢悠譚 第七譚:愛憎跋扈の青春譚 第八譚:〇〇〇〇の伝承譚 第九譚:覇道羅刹の逆襲譚 第十譚:滅私愛国の王道譚 第十一譚:〇〇〇〇の滅亡譚 第十二譚:手垢まみれの魔勇譚 現在、第二譚まで公開済みで、第三譚の投稿も開始してします。 本編の方にもあらすじを用意してますので、気軽に覗いていってください。 一切のネタバレなしで読まれたい方はあらすじや設定等の項目を飛ばして読むことをお勧めします。 本編は「いつかのどこか」から始まります。 気に入って頂けましたら、ブックマークや評価をしてもらえると大変励みになります。 今後ともよろしくお願いします。 ※個人的な私見ですが、この物語は主人公たちを主軸にした群像劇ですので、各キャラクターに自己投影するより、神様視点で見た方が楽しめるかと思います。 小説家になろう、アルファポリスにも掲載中です。

  • ひとの願いで少女はかわる

    ♡129,600

    〇346

    現代ファンタジー・連載中・45話 久末 一純

    2020年4月1日更新

    金なし親なし未練なし。 そこまで言うならやってやる。 それがわたしの義務ならば。 魔法少女になってでも。