プロフィール

ハジめまして。よろしくお願いいたします。はむはむ、と読みます。書き始めてまだ半年ほどの卵ですけれども、一生懸命がんばります。

ブックマーク

一覧

  • 翡翠の星屑

    少女と青年の異世界ファンタジー作品です。

    35,400

    130


    2021年4月13日更新

    暗く澱んだその場所は果ての果て。最果てと呼ばれた牢の中。 「何がおかしいの?」 「──あんたは、誰だ。どうしてここにいる?」 母親を探す少女と囚われていた青年が出会い、物語は動き始める。関連のなかったひとつの出会いが新たな繋がりを呼び、やがてすべては必然と束ねられていく。少女が願い、青年が覚悟し、紐解いた先に見つけたのは、小さな星屑の欠片だった。 ※まれに暴力描写、残酷な描写が入る時もありますのでご注意ください。 ※小説家になろうにて連載している作品と同作品です。一部加筆修正しています。わけあってこちらでも掲載します。ご了承くださいませ。 ※タイトル画像は紅蓮のたまり醤油さん(@buU6eVC5WX4dNxM)が作ってくださった作品です。その節はどうもありがとうございました。 ※2021年3月2日から更新を再開します。毎週火曜日午前10時に更新予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:24時間41分

    この作品を読む

  • 人見知りなので石に転生しました

    人との関わりっていいですよね。

    71,600

    100


    2021年4月13日更新

    【 あらすじ 】 石田欣二(いしだきんじ)は冴えない内気な高校生。 学校からの帰り道にて、神の使いの不祥事により、突然の事故で命を落としてしまった。 神様から転生の機会を与えられ、どのような生き物にでも、どのような世界のでも転生できると告げられる。 人間関係に苦手意識を持っていた石田は、誰とも関わらずに過ごせるよう、石になって異世界で生きたいと神様に願う。 俺なんかどうせ系ファンタジー。 ※他のサイトに投稿されている『誰とも関わりたくないのでただの石に転生しました。実はオリハルコン仕様のLvカンスト最強ゴーレムだったけど、だからって何かしたいわけでもありません』は、本作品と同じ内容、同じ作者の作品です。

    読了目安時間:12時間43分

    この作品を読む

  • 漢検準一級は異世界で無双の夢を見るか?

    突然異世界に転生してしまった男の話。

    83,000

    500


    2021年4月13日更新

    俺、こと大和健吾は今、未曽有の事態に直面している。 何が未曽有かと言うと、まず自分がどこにいるのかわからない。と言っても、いい年して迷子になったと言う訳ではない。本当に訳が分からないのだが、気が付いたら突然知らない場所に放り出されていたのだ。 自分が誰か、これはわかる。名前は大和健吾。日本の首都・東京でサラリーマンやってた26歳で、家族は田舎に両親と妹、ともに健在。貯金は300万足らずで、恋人はいないが別にモテなかった訳じゃない。5年くらい前までは普通に付き合ってる彼女がいたが、上京と同時に浮気されて別れた。つーか、アレ絶対俺が上京する前から浮気してただろ。 趣味は娯楽作品を見る事。邦画より洋画が好きで、アニメやラノベなんかも結構見る。自慢兼特技は漢字。漢検準一級を持ってるのは数少ない自慢の一つだ。一級じゃないのかって?バカ言え、準一級だって合格率15~6%だぞ、十分凄いだろ。 さて、記憶ははっきりしているが、肝心の現在地がわからないと言う事ははっきりした。 だがそれはいい。いや、全く良くはないのだが、それ以上に問題なのは、ここが明らかに現代日本ではない事だ。と言うよりも、俺の知識に該当する地域がない。 俺は別に動植物に詳しい訳じゃないが、まず見た事ない植物・・・・・・植物?がいっぱい生えてる。たぶん日本には自分で歩き回る根っ子みたいな足の生えた草なんて自生してないし、角の生えた大型犬サイズのウサギもいない。いないはずなんだが・・・・・・まぁ、実際に見たんだからしょうがない。 と言うか、今俺の目の前にいるんだけどね。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間57分

    この作品を読む

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期が舞台のファンタジーです

    841,160

    2,560


    2021年4月12日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸の浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間49分

    この作品を読む

  • 心霊刑事 楓

    怪奇事件に刑事高見澤とバイトの楓が挑む

    402,350

    61,712


    2021年4月12日更新

    世の中には犯人が人間ではない怪奇事件が増えていた。怪奇事件専門の刑事高見澤は、電子義眼でサングラスをかけている盲目の少女楓を最低賃金で助手のバイトに雇った。楓は持ち前の霊感力で、人外、半妖、悪霊などが引き起こす事件の捜査の大きな助けとなる。次々と難しい事件を解決したニ人は怪奇事件捜査の最強コンビになった。高見澤は楓をプロの刑事に育てようとする。しかし、楓には誰にも知られていない秘密があった。

    読了目安時間:7時間30分

    この作品を読む