プロフィール

通勤中と娘を寝かしつけた後にちまちま書いてます。 温かく見守っていただければ幸いです。

ブックマーク

一覧

  • 作品、読みます。感想書きます。

    埋もれている名作を見つける場としても是非

    705,280

    265


    2022年8月10日更新

    小説を募集します。未完・完結問いません。 感想書きます。 自分にあった作品を見つける場としてもお使いください。冒頭に作品リンクを貼り付けておきます。

    読了目安時間:5時間5分

    この作品を読む

  • 一万字まで小説読ませてください

    私の寿命が尽きるその日まで続けます

    2,726,795

    8,006


    2022年8月2日更新

    2020/10/10 200話記念により表紙がつきました。 志茂塚ゆり様、ありがとうございます!! 基本は書き手の私ですが、自分に足りないものを補うため、色んな思いやその中に隠されたものを理解しくみ取る能力を身に着けたくて隠れた名作を読んで学んでいきたいと思っています。正直者ゆえ、酷評になってしまいがちな可能性はありますが、それでもいいですよ!という心優しい方の作品をお待ちしています。もしかすると、勝手に読んで勝手に感想の時もあるかもですが、そのへんは許してくだされ…… 皆さまの素敵な作品をお待ちしています。よろしくお願いいたします。 *** ※200話以降のエピソードは「次へ」のボタンを押さないと開けません。 201話以降のエピソードを探す際はお手数ですが次のページを開いてくださいね! ※何度か自主企画の運営をお手伝いor企画を立ち上げる、といった回数が多くなりましたので、読書順番票の次のエピソード、『4話』に参加する企画、主催する企画などのお知らせを残していくようにいたします。終わった際はお礼を述べた後に<非公開>させて頂きます。 作品紹介と共に、よろしければチェックしてみてくださいませ。

    読了目安時間:12時間14分

    この作品を読む

  • 狂人ダイアリー ~大正浪漫幻想活劇~

    大正浪漫 × 文学 × 異能力バトル!

    1,130,126

    24,375


    2022年7月12日更新

    少し不思議で、大正浪漫と文学の香りが漂う物語。 舞台は大正四年。 原稿依頼の初仕事を成功させるため、東京までやってきた新人編集者の主人公・虎丸。 謎に包まれた美貌の幻想文学作家・八雲に会えたはいいが、なぜか原稿と引き換えに怪異と闘わされてしまうことに。そのまま五人の小説家が暮らす怪しい洋館に居候することになってしまった。 彼らの書く文字には不思議な力が宿っており、次々と怪現象が起こっていく── 文字と言葉を操觚《あやつ》る小説家たちの、異能力バトル&和風ファンタジー! ※イラストは漫画家の神風銀さまに描いていただきました。(★のついた話が挿絵入り) ※実在する作家や作品の名称も登場しますが、ストーリーに絡むものはすべて架空です。

    読了目安時間:17時間21分

    この作品を読む

  • 月夜のハルジオン

    大魔王の子✖️神様の子

    418,400

    2,885


    2022年4月4日更新

    昔々、とまではいかない昔。 神の国と魔族の住む国がありました。 お互い、人の願いを叶えるために存在しています。 神は人に助言を与え、魔族は人の願いを何でも叶えてあげます。 ただし、魔族は条件付きです。それは命だったり、人の何かだったり。それらを簡単に奪ってしまいます。 神は人が何かを成し遂げたときに喜びを覚えます。 魔族は人から何かを奪ったときに喜びを覚えます。 このお話は神の国を統べる神様の子、魔族を統べる大魔王の子、二人が織りなすちょっと不思議な物語。 大魔王は1人の子を産みました。 「この子を人間界に堕としてみよう」 気まぐれな大魔王は小さな我が子をポイッと人間界に捨てました。 一方、神様も1人の子を産みました。 「この子を人間界に送ろう」 憂いた眼差しで子をそっと人間界に置きました。 子どもたちは高校生にまで成長しました。 風巻悠馬と土端百華。 人ならざる2人が結ばれるまでのお話。 (月)に本編、(木)〈あれば(土)〉にsideをup中。 「小説家になろう」と同時更新しております。 ※この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

    読了目安時間:6時間48分

    この作品を読む

  • 一話ゆるっと感想、ゆるっと批評会

    事情により長期休業、リクエスト済はその内

    71,700

    105


    2020年8月10日更新

    皆さんの作品、読ませてください。 ゆるっと感想を言わせて頂いたり、ときにはゆるっと思ったことを言ってみたり。(綿貫の趣味で食べ物に例えてみたり)

    読了目安時間:46分

    この作品を読む