プロフィール

ノリと勢いで書いてるヒト科マメ類です。 細かいことを考えるのが苦手ですが、よろしければお願いします。 「志は低く、野心は隠さない」! それが私の執筆魂《シッピリッツ》!!

ブックマーク

一覧

  • アンタとはもう戦闘ってられんわ!

    熱血!爆笑⁉ロボットものです

    159,150

    1,054


    2022年5月28日更新

    時は21世紀末……地球圏は未曾有の危機に瀕していた。人類は官民を問わず、ロボットの開発・研究に勤しみ、なんとかこの窮地を脱しようとしていた。 そんな中、九州の中小企業である二辺工業の敷地内に謎の脱出ポッドが不時着した……。 爆笑必至の新感覚ロボットバトルアクション、ここに開戦! ※ちなみに『戦闘って』と書いて『やって』と読みます。お願いします。 2021年4月22日、日間ランキング、総合・ジャンル別ともに1位! 皆様のおかげです! ありがとうございます!

    読了目安時間:9時間32分

    この作品を読む

  • 雷王、大いに懊悩す~ラスボス魔王、使命を果たして元の世界に戻りたくない異世界転移チート勇者によって全力で延命させられるの巻~

    勇者「俺は永遠に甘い汁を啜りたいんだ!」

    33,750

    85


    2022年5月28日更新

    「要するに、アンタには死なれちゃ困るんだよ。俺が、この異世界で幸せな一生を送って、天寿を全うするまで、な」 魔族を統べる魔王イラ・ギャレマスは、自身の城へと攻め込んできた“伝説の四勇士”の三人、ジェレミィア・ファミィ・エラルティスを、その圧倒的な力を以て圧倒する。 残るは、黒髪黒目の冴えない男――シュータ・ナカムラのみ。 だが……シュータは、魔法陣で三人の仲間を魔王城の遥か彼方へと吹っ飛ばし、ただひとりで魔王と対峙する。 ――そして、20分後。不様に大理石の床に這いつくばっていたのは、魔王ギャレマスの方だった。 シュータの繰り出す圧倒的なチート攻撃の前に為す術もないギャレマスは、自身の敗北と迫りくる死を覚悟するが、そんな彼に対し、シュータは不敵な笑みを浮かべながら、意外な提案を持ちかけるのだった――。 「なぁ、魔王。ここはひとつ、手を組もうぜ……!」 *小説家になろうにも、同作品を掲載しております。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間57分

    この作品を読む

  • まのう! ~魔王様? それ、人間界で育ちますっけ?~

    4コマ風の超短編ほのぼの魔界辺境農家日記

    536,300

    1,865


    2022年5月28日更新

    【5秒で読み終える4コマ風の超短編異世界ファーマーファンタジー】 ※2021/09/27 第1部完結済 ※ほぼ毎日投稿です。 ※20000PV感謝です!! ――ここは、魔王様の統治する魔国。その辺境の辺境。 世間は人間との戦争で大変みたいだけど、ここはそんなの関係ない。ほのぼのと日々を過ごして、日記を残す。そんな毎日。 小さな小さな、魔界のファーマーダイアリー。 誰であろうと、美味しいものには勝てないのである……!

    読了目安時間:10時間20分

    この作品を読む

  • 本田拓斗(ほんだたくと)19歳。高3、男。 成績は中の上くらいをキープ。運動はまあまあ得意。見た目は、まあ普通。友達もそれなりにいるし、そこそこ楽しい高校生活を送っていた。 そんな彼はある日交通事故に遭い、長期入院を強いられる事になった。命にかかわる大怪我を負ったが、怪しい手術を受けてどうにか一命をとりとめる。 生きている事が不思議な事故からどのように生還したかを医師から説明を受け、そのあまりに現実離れした内容に戸惑う拓斗だが、彼の波乱に満ち溢れた数奇な運命はまだ始まったばかりだった。 手術とリハビリを終え留年、二度目の高校三年生のゴールデンウイーク明け、担任教師と共に教室に足を踏み入れた瞬間、教室は謎の光に包まれた。 光が収まったあと視界に入ったのは見た事のない、教室ではないどこか。 ここで拓斗と教師、そしてもう一人、訳アリの少女は無資格者の烙印を押され追放された。 でも怪しい手術によって、彼には過酷な異世界を生き抜く力が既に備わっていた! *この作品は、他サイトでも掲載しています。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間30分

    この作品を読む

  • 落零〈rakurei〉~おちこぼれ達の退魔伝~

    妖魔VS退魔師のバトルファンタジー

    422,150

    1,318


    2022年5月28日更新

    ──これは少年の物語である。 男子高校生、五十土五奇(いかづちいつき)の平和な日常は、とある一体の”妖魔”と呼ばれる存在によって破壊された。 父子家庭で育った五奇がある日学校から帰宅すると、何者かの手により、父の精神を破壊されてしまったのだ。 「キミ可愛いね? 優しく殺してあげようか?」 その魔の手に襲われそうになった所を、白いマントの男に救われた五奇は、敵が”妖魔”であること、それを倒せるのは”退魔師”だけだと教えられ、父の仇を討つため退魔師を目指すことになる。 それから三年後、退魔師達が所属する、特殊対妖魔殲滅部隊(とくしゅたいようませんめつぶたい)通称:トクタイに、なんとか入隊出来た五奇だったが、割り振られたチームは”おちこぼれ”達の巣窟だった!? 前途多難な落ちこぼれ退魔師達の物語、開幕! (表紙イラストは梅咲しゃきこ様@Ume_syaki です) (こちらは小説家になろう様、カクヨム様、Nolaノベル様でも連載しております)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間59分

    この作品を読む