プロフィール

ひよこ剣士

⑧/青井 青

Lv   :12

作品数 :6

ジョブ :ひよこ剣士

称号  :プレオープンビギナー

アバター:ひよこ剣士

レビュアーポイント:0pt

2018年の頑張り ・(アルファポリス)第1回ライト文芸大賞 優秀賞受賞 基本低浮上

ブックマーク

一覧

  • 邪神に呪われた青年と怪異少女の両片想い

    ♡1,175,200

    〇90,537

    現代ファンタジー・連載中・230話 時雨オオカミ

    2020年1月24日更新

    ――優しさだけでは救えないものもある。 「怪異少女と両片想いしながら怪異事件を解決していく和風・あやかし・純愛ファンタジー」 邪神の本性を見て正気を失わず一矢報いてしまった青年、令一は隷属させられ呪われてしまった! 世間から忘れ去られ、邪神の小間使いとしてこき使われる毎日。 諦めかけていた彼はある日夢の中で一人の怪異少女と出会う。 赤いちゃんちゃんこの怪異、そして「トイレの紅子さん」と呼んでくれという少女と夢からの脱出ゲームを行い、その日から令一の世界は変わった。 からかい癖のある紅子と、ヘタレな令一。両片想いながらに成長していく二人が絶望に立ち向かう、純愛伝奇活劇! 怪奇×神話×和風×純愛×ほんのりミステリー。 ※ 最初の方は後味悪くバッドエンド気味。のちのち主人公が成長するにつれてストーリーを重ねていくごとにハッピーエンドの確率が上がっていきます。ドラマ性、成長性重視。 ※ ヒロインは一章以降、初対面まで長い。 更新予定【21日 本日おやすみ】 表紙のイラストはFAで友人の雛鳥様から。掲載許可を取得済み。Twitter宣伝でも使用。右下辺りにサインがあります。 また、連載中挿絵の詳細は後書きにて記載。 ※ ハーメルン(2016/9/12 初出)、小説家になろう(2018/6/17 転載)、カクヨム、アルファポリスにてマルチ投稿。

  • ちょっとズレた日常を、あなたにも。

    ♡429,815

    〇19,482

    現代ファンタジー・連載中・158話 桜乱捕り

    2020年1月21日更新

    物心が付く前に両親を亡くした『秋風 花梨』は、過度な食べ歩きにより全財産が底を尽き、途方に暮れていた。 そんな中、とある小柄な老人と出会い、温泉旅館で働かないかと勧められる。 怪しく思うも、温泉旅館のご飯がタダで食べられると知るや否や、花梨は快諾をしてしまう。 そして、その小柄な老人に着いて行くと――― 着いた先は、妖怪しかいない永遠の秋に囲まれた温泉街であった。 そこで花梨は仕事の手伝いをしつつ、人間味のある妖怪達と仲良く過ごしていく。 ほんの少しずれた日常を、あなたにも。

  • 熱帯魚を飼うJKたちの極彩色な日常譚

    ♡619,800

    〇13,495

    純文学/文芸・連載中・91話 スガワラヒロ

    2020年1月24日更新

    行きつけの熱帯魚ショップを訪れた巳堂琴音は、同じ高校に通う小清水由那を発見する。 まったくの初心者だという小清水を見かねた琴音は、「師匠」として水槽のイロハを教えることに……。 琴音の幼馴染である千尋、清楚なクラス委員長の莉緒も加わって、JKアクアリストたちの学園生活はどんどん賑やかになってゆく!? 姿勢はエンジョイ、知識はガチガチ。 アクアリウムを通して交流を深めてゆく少女たちの、ちょっと百合風味な日常物語。 ※本作は「カクヨム」様にも掲載しています。が、付録はノベプラ限定です。 ※毎週金曜日17:05に本編更新します。 協力/キャラクターデザイン:卯月みそじ様 カバーイラスト:はるあや様 タイトルロゴ:黒井澪様 デフォルメアイコン:桑折様

  • もし、誰でも時を越えられるなら…

    ♡6,850

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・265話 ちゃま

    2020年1月14日更新

    「これからお前をある時代に送る、そこにもう一人未来から来た女の子がいるはずだ」 少女は時を越え、少年と出会う。最低な街で歪んでしまった彼は少女を妹とし、心を解きほぐされていく。そこに芽生えるのは感謝か、友愛か、恋心か、それともーー。 「ボク、いつまでもシャルと一緒にいたい。他には何もいらないよ」 平行世界系の時間移動もののファンタジーになります。長年虐めを受ける主人公が降りかかる理不尽な災禍の中で足掻く少し狂気的な物語に始まり、王道の冒険ストーリーへと繋がります。 更新頻度はまちまちですが、もし追いかけて読んでくれてる方がいましたらメッセージ等で催促して下さると喜びますー、また何が起きているか分かりにくい等で加筆注文もしてくれるとありがたいです。誤字や()の中がルビに化けてたりしたら教えてください。 なろうからの引っ越し作業、完了しましたー。ここからは同時更新でやってく

  • 140字で心を震わすことができるのならば

    ♡10,600

    〇0

    純文学/文芸・連載中・13話 時雨オオカミ

    2019年12月27日更新

    たったの140字程度で人間の心を震わすことができたのなら? おれはそれを確かめるために、こうして物語を紡ぐ神様の遣いになってみたんだ。 人々の営みを眺めながら。 それぞれの物語から一部を、写真を撮るように切り取って、そうして電子の海の中に流してみる。 おれが素晴らしい物語だと思った事柄を、そうして伝えることができたのならば。それで多分、十分なんだろう。 父さんみたいに記者になるわけでもなく、母さんみたいに大きな図書館の管理をできるわけでもない。 おれはただのしがない、「紡ぎ手カラス」 できるのは精々……電報くらいだよね。 ※タグで遊んだ分も含まれます。