プロフィール

ブックマーク

一覧

  • 不慮の事故(死神の手違い)で命を落としてしまった日本人・御厨 蓮(みくりや れん)は、間違えて死んでしまったお詫びにチートスキルを与えられ、ロートス・アルバレスとして異世界に転生する。 「目立つとろくなことがない。絶対に目立たず生きていくぞ」 生前、目立っていたことで死神に間違えられ死ぬことになってしまった経験から、異世界では決して目立たないことを決意するロートス。 十三歳の誕生日に行われた「鑑定の儀」で、クソスキルを与えられたロートスは、最弱劣等職「無職」となる。 そうなると、両親に将来を心配され、半ば強制的に魔法学園へ入学させられてしまう。 魔法学園のある王都ブランドンに向かう途中で、捨て売りされていた奴隷少女サラを購入したロートスは、とにかく目立たない平穏な学園生活を願うのだった……。 そしてロートスは、この世界の真実に近づいていく。 スキルとは。 神とは。 そして運命とは。 これは、壮大なスケールで描かれる一大叙事詩である。 ※『小説家になろう』でも掲載しています。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:16時間18分

    この作品を読む

  • 鬼喰いの浄鬼師~くらえ俺の消臭剤!妖怪怨霊シュパッと討伐!イマドキの陰陽師が青春と呪術に全力投球!!~

    イマドキのアイテムと呪術をミックス!!

    58,271

    23


    2021年5月12日更新

    平安時代の夜空に浮かぶ消臭スプレー。 そんな異質な一文から始まるこの物語。 レーザーポインターの結界、対魔のLEDライト。鬼を追跡するドローン。 現代アイテムと陰陽道を組み合わせた術を使うのは令和に生きる青年たち。 時には、悪霊や鬼に取り憑かれた罪もない人々に、憑侵除霊(ダイブ)する事で精神世界に侵入。 重力も秩序も無いその混沌とした世界で、制限時間内に取り憑く邪鬼を打ち払え!! 現代に生きる阿形 桃眞(あがた とおま)は、興味本位で目覚めさせてしまった異形の存在に、両親や友達を殺されてしまう。 間一髪、陰陽師達に救われた桃眞は、令和の時代にも存在する陰陽寮へと連れられる。 外界とは隔絶されたその世界で、桃眞は、復讐と大切な人々を守る為に陰陽師となるべく寮生活を始めるのだった。 個性の強い仲間達との寮生活、青春、恋愛。笑いと涙……。 桃眞達は、令和時代と平安時代を行き来しながら真実を追い求め、成長してゆく。 今までに見た事もない、新しい陰陽師物語が君を待っている。 そう……これは、令和時代の陰陽師達の物語だ。 本格的! 現代陰陽師×ハリポタな雰囲気が漂う、青春ダークバトルファンタジー!!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間42分

    この作品を読む

  • 異世界SNS

    魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    1,052,776

    15,845


    2021年5月12日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 ※〈第1回ノベルアップ+小説大賞〉に応募しているこちらの作品もぜひ! 『伝説の勇者ポイントカード』 https://novelup.plus/story/261249263 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

    読了目安時間:35時間0分

    この作品を読む

  • 生活魔法は万能です

    ルキアスは今日も生きている

    1,700

    0


    2021年5月12日更新

    生活魔法は万能だ。何でもできる。だけど何にもできない。 それは何も特別なものではないから。人が歩いたり走ったりしても誰も不思議に思わないだろう。そんな魔法。 ――そしてそんな魔法が人より少し上手く使えるだけのぼくは今日、旅に出る。 ※レイティングはそんな部分が無いこともない程度です

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間42分

    この作品を読む

  • 異世界に行きたかったので、ネット通販で『異世界の扉』買ってみた。

    自由に異世界旅行

    1,300

    0


    2021年5月11日更新

    ある日、異世界に憧れる少年、天道遥翔はネットの通販サイトで異世界に行くことが出来る扉が販売されていることを知り、全財産をはたいて購入した。しかし、一週間経って届いた商品は段ボールを切り貼りして作られた鳥居の様な何かだった。その場に居合わせた幼馴染みたちは詐偽にあったのだと遥翔を責めるが、当の本人はそれを『異世界の扉』だと信じて疑わず、説明書通りに『異世界の扉』を起動するのだった。すると、あろうことか『異世界の扉』が光り輝き遥翔たちのを包んだ。そして、気がつくと彼らは見知らぬ場所に転移していた。皆があり得ないと一蹴した『異世界の扉』それは本当に異世界に行くことのできる扉だった。これは様々な異世界を冒険する少年少女の物語。 「小説家になろう」様「アルファポリス」様「カクヨム」様でも投稿しています。

    読了目安時間:5時間3分

    この作品を読む