プロフィール

かえではなです。 よろしくお願いします。( ¨̮ )

ブックマーク

一覧

  • 毎日、あなたに恋焦がれる

    ♡867,931

    〇5,612

    詩/短歌・連載中・272話・8,923字 桃口 優

    2021年3月6日更新

    読むだけで、恋がしたくなるような短歌を毎日更新していきます。 読んだ人それぞれに思いを馳せて頂きたいので、短歌の説明などはあえて書きません あなたにきゅんが届きますように

  • 140文字以内で。。。

    ♡562,531

    〇964

    童話/絵本/その他・連載中・318話・37,352字 紀之介

    2021年3月5日更新

    Twitterでのコンテンツ用に作話したお話です。 ---------- 「結果的連作」の お品書き:https://novelup.plus/story/770595863

  • 貴方はその力、何に使いますか?

    ♡140,400

    〇800

    現代/その他ファンタジー・連載中・25話・92,631字 優月 朔風

    2021年3月5日更新

    もしウィンクだけで人を殺せる力を手にしたら、貴方はその力、何に使いますか。 誰かを守るため? 自分を守るため? それとも――憎い相手を、殺すため? ☆★☆ 別れたはずの元恋人に殺されかけ、死の間際にあったある一人の少女。 そんな彼女が手に入れたのは、右目を瞑ることで人を殺めてしまう事ができる、wink killerと呼ばれる死神の力だった。 「この力は、大切な人を守るために使う」 少女はそう誓い、大切な者を守るために生きると決めた。 ――はずだった。 ※次回更新は3月12日(金)予定です。 ※小説家になろうにて前編完結済の作品の、リメイク版になります。 ※読者の皆さま、いつも温かいコメントをありがとうございます。 ※素敵な表紙絵は瑞樹くりむ様(@773_cream)に作成していただいたものになります。著作権は瑞樹様にあり、画像は小説表紙として使用許可を頂戴しておりますので、無断使用・無断転載はお控えください。

  • 化け物の傀儡ニーチェのお話です

    ♡449,420

    〇3,960

    現代/その他ファンタジー・連載中・247話・303,965字 土佐屋治兵衛(とさや じへえ)

    2021年3月6日更新

    ~命など取るに足らなぬ~ ~救いは精神が欲する~ この世には、闇の生き物がいる。 誰にも知られず大都市の片隅の暗闇に身を潜め、捕食対象である人間を知るために、或いは人間を『喰らう』ためにこの闇の生き物は傀儡を飼っていた。 傀儡は人間。 名はニーチェ。 闇の生き物が唯一、食欲が湧かない人間。 ニーチェの体には悪魔憑きが憑りついていた。 悪魔憑きとは、人に取り憑く魂の事。 そして不思議な事に、或いは奇跡的にニーチェと悪魔憑きは仲睦まじく共存していた。 「私たちは一心同体よ」 互いにそう言い合う仲であった。 或る日、闇夜も跳ね返す喧騒たる繁華街でニーチェはエクソシストと遭遇してしまう。 仲の良い悪魔憑きを除霊されまいとしてニーチェはエクソシストに立ち向かう。 激闘の末、エクソシストを倒し知ったのは、神への信仰の復活を目論む殺戮計画だった。 計画を阻止しようと決心し、ニーチェは悪魔憑きと共に動き出す。 しかし、ニーチェの前に立ちはだかる超人化した自称悪魔たち。 そして、現れる謎の老婆。 老婆の口から悪魔憑きが知る者の声が聞こえてきた時。 ニーチェに取り憑く悪魔憑きが老婆にさらわれた。 ――助けて! ニーチェ! 助けて!―― さらわれた悪魔憑きを取り返すために、ニーチェは我が身が傷つこうとも自称悪魔たちに戦い挑む。 ※小学生の頃から考えていた闇の化け物。今書けそうな気がしたから書いてみた。 エブリスタで書いた小説を再構築してダークファンタジーとして書きました。 エブリスタとは違うオリジナルストーリーです。 尚、現在エブリスタに掲載していた作品はすべて非公開とさせて頂いています。

  • 宇宙の旅をする神話

    ♡119,800

    〇2,410

    SF・連載中・27話・105,045字 高橋正臣

    2021年3月4日更新

    西暦二一〇〇年代の初頭に地球に小惑星アポフィスが落ち、それを契機に広範囲に渡って核戦争が勃発した。 社会の荒廃は二二〇〇年代まで続いたが、人類は統一政府である『人類統合政府』を設立と人工知能との間で締結された『火星条約』の後ろ盾により宇宙開発を強力に推進。人類社会は、ようやく復興の途についた。 二二〇〇年にはの開発が、二三〇〇年代に入ると木星圏の開発が始まり、人類はそこを新たなる故郷として生活を営むようになっていった。 一方で、アポフィスの悲劇を繰り返さないため、人類統合政府は宇宙軍を設立。宇宙軍は強力な宇宙戦艦や宇宙空母を有し、降り注ぐ小惑星から植民星を守るために活動を行っていた。 この戦艦や空母には、銘々規則が存在し、すべての大型艦は女神の名前を冠していた。 二六一四年。 一隻の画期的な宇宙空母が就役した。 艦名は「イザナミ」。 従来の艦を大きく凌駕する高速性能を誇るこの艦は、人類統合宇宙軍が導入した、初めての完全無人空母であった。