プロフィール

プチクリ作家 ◆戦績 2021 QBビキニアーマー大賞 入賞 2020 アルファポリス 第11回ドリーム小説大賞 奨励賞 カクヨムWeb小説短編賞2019:中間選考通過。

ブックマーク

一覧

  • 徒然すあま ノベプラ版

    日々思うことを適当に。

    486,203

    1,440


    2021年11月27日更新

    特にテーマを決めずに、その日思いついた事を書いていきます。 他サイトで投稿していた創作論みたいな話もするかも。 ただのブログなのでポイントはいりませんよ! 投げるなら連載ゲフンゲフン。

    読了目安時間:5時間27分

    この作品を読む

  • スコップ活動、ド素人の初心者がゆく!

    スコップとは作品発掘者のことを言うらしい

    45,625

    115


    2021年11月27日更新

    レビューを書きたくても500文字に達しなかった作品も含める、作品紹介コラムです。 でも、できるだけレビューを書こうと思います。ジャンルは「作品紹介」へ入れました。 気まぐれ更新となりますが、よろしくお願いいたします。(_ _) ※リンク切れはそのままにしております。そういう名前の作品が以前ノベプラにあった、という証拠を残しておきたいからです。

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 猫耳幼女育児日記

    猫耳おねロリ。略称「ねこいく」

    1,447,642

    8,345


    2021年11月27日更新

    漫画家・猫崎神奈は愛猫・アメリと死別してしまう。 しかし、アメリは猫耳人間の幼女として生き返り、二人のほのぼの生活がふたたび始まるのであった。 神奈と一緒にお買い物したり、美味しいご飯を一緒に作って食べたり、物ごとを教えてもらったり、お友だちと遊んだり……愛され、のびのびと成長していくアメリをご覧ください! ひたすら優しい作品です。 ●イラスト提供:友人

    読了目安時間:33時間40分

    この作品を読む

  • くらっしゅ・おぶ・ふらっしゅ ~"くらっしゅ"だらけだった男子が急に"ふらっしゅ"を浴びまくる美少女に!!~

    読むとほんわか、女子メインの日常系小説♪

    139,332

    395


    2021年11月27日更新

    【定期投稿再開のお知らせ】 2021/5/29/21時公開予定でした第173話を2021/7/24/21時に投稿することとし、これをもって毎週土曜21時の定期投稿再開を再開します。 また、イラスト担当さんがプロジェクトから抜けたことにより、今まで掲載していた挿絵の仕様が一切禁止となってしまいました。 全削除できていると思いますが、万一残っていればお知らせくださいませ。 当小説をお楽しみの皆様には大変申し訳なく思うのですが、何卒ご了承お願いいたします。 【あらすじっ!】 元々男として転生したが、それはなんと転生設定未完成のまま転生させてしまうといううっかりミス! そして、高校1年になろうという日に「正しい転生設定として」急に女の子になってしまった『小山いおり』。 これは、慣れないながらも妹や母、友達に支えられ、徐々に順応していこうとする彼女をメインに据えた、日常系小説です。 元々アメブロで書いていたものを移設していきます(話数がアメブロに追いついた段階でノベルアップ+オンリーにします)。 1話あたり大体1000字~3000字ぐらいです(一部は超えますが)。 2019/9/7、第1話公開開始!! アメブロ版に追いつくまでの間は、10月以降は2020/1/7まで毎日21時に1話ずつ公開していき(9月中は火・木・土の21時、公開初期は17時でした)、 予定通りにアメブロ版に追いついたので、同月11日から毎週土曜日の21時更新へ変更しました。 アメブロでは出来なかった「章分け」が出来るの、いいですね♪

    • 性的表現あり

    読了目安時間:11時間24分

    この作品を読む

  • 自主企画~一人ぼっちのクリスマス~

    クリスマスを盛り上げよう!

    40,800

    74


    2021年11月27日更新

    去年のクリスマスを振り返ると一人でした。そのまた一年前も一人。 ということで寂しい主催者がクリスマスを一人盛り上げたいと思い自主企画を立ち上げました。 形式については現在検討中ですので、決まり次第こちらで書き留めたいと思います。 追記 コンテスト形式にします!詳しくは本文よりご確認ください。 みんなクリスマスを楽しみましょう! 一人の人もそうでない人も楽しめる自主企画にしたいですね!

    読了目安時間:11分

    この作品を読む