作品

前へ

次へ

  • 何やってるんですか先輩!

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・8話・15,453字 旧天

    2020年10月23日更新

    「魔法庁隠れ課、それは魔法庁の殆どの職員が知らない特務隊。都市伝説にすらなった事がない隠された部署。隠れ課のメンバーですら全容を把握できていない謎の組織。様々な任務を一度も失敗することなく遂行する超エリート集団。絶対に失敗することは許されない魔法庁の最終手段。ある時は軍事基地を爆発させたり、ある時は権力者の自宅に忍び込んだり、ある時は怪物と戦ったり、ある時はゴミ拾いをしたり。任務は多岐にわたる。そんな隠れ課にある日、緊急任務が言い渡された。侵略者? 軍が壊滅した? どうやら私たちの出番のようね。人類の未来は私たちにかかっている。いくよ、一平!」 「何やっているんですか先輩? 病院が嫌いだからって逃げないでください」

  • うどんを食べる先輩の話

    ♡200

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・完結済・1話・2,148字 旧天

    2020年10月18日更新

    夜食を食べる先輩

  • オリキャラになった!

    ♡500

    〇0

    ミステリー・連載中・12話・24,112字 旧天

    2020年7月12日更新

    ある日を境に一部の人類がオリキャラになっていた。主人公も目が覚めたら自分の黒歴史ノートのファンタジー小説のロリ魔法使いになっていた。そして頭の中には師匠の人格もあり 《この世界は何度も巻き戻されている。それを止める為に動きなさい》 と言われる。だが作中でロリ魔法使いは脇役で世界を救えるような力を持っていない設定でまともに戦うことができなかった。 いつも師匠の影に隠れているような私に一体何ができるのですか? これは、黒歴史ノートでは主人公になれなかったロリ魔法使いが師匠を超え、立ちはだかる強敵を倒し、やがて英雄へと成り上がる話

前へ

次へ