プロフィール

ブックマーク

一覧

  • 真面目なファンタジー小説を書きたくなって

    ♡771,600

    〇30,463

    異世界ファンタジー・連載中・71話 SHO

    2020年8月3日更新

    人間界と魔界が覇権を競い、血で血を洗う戦いを続けていた太古の昔。 両陣営は疲弊し、最後の賭けに打って出た。 人間界では異世界より勇者を召喚し、魔界でも魔王となるべく人材を異世界に求めた。 だが、召喚された二人が親友同士だった事が悲劇を招く。 それから数千年。人と魔の垣根はなくなったが、人間同士が争う世界となっていた。そんな中、互いに反発し合う二人の男。 強大な力を持つ二人は敵味方を盛大に巻き込みながら、バカでかい規模の喧嘩に明け暮れるのだった。 *この作品はアルファポリスにも掲載予定

  • 遥かな時の先の、機械満ちる惑星での物語

    ♡93,200

    〇100

    SF・連載中・53話 双子烏丸

    2020年8月2日更新

    地球上から人類と言う種が消滅し千年後―― 人類の残した機械は長い年月の中、まるで生物のように、そしてかつて存在した人類のように変化を遂げた。主はなくとも、それでも彼らは存在し、いや……この地球に『生きて』いた。 これはそんな彼ら彼女らと、風変わりな異邦人の物語。

  • 邪魔するものは死があるのみ

    ♡9,200

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・13話 コロンact01

    2020年8月2日更新

    魔王ロー・ノヴァ 彼は、心優しき平和を愛する魔王であった。 そんな彼の優しき平和は、遊び感覚で世界を破壊する『破壊神』により破壊され、 世界全てを失い残ったのは己のみ。 『世界最弱』の烙印を付けられ『破壊神』は去った。 魔王は数万年の修行ののち『創造神』の子供であるレムリアとともに旅に出る。 『破壊神』に復讐するため。 『破壊神』と同じような存在をなくすため。 そして、誰も失わないために……。

  • 江戸時代? の大江戸にコボルトあり

    ♡263,800

    〇100

    歴史/時代・連載中・65話 風楼

    2020年8月2日更新

    時は貞享、天下の名君、徳川綱吉の時代。 空が割れて異界の門が開かれる。 門より溢れし犬小人の「こぼると」を一目見た綱吉は深く愛し、直ちに保護せよとの命を発す。 以後もえるふ、どわあふなどが次々に現れ、綱吉はこぼるとと同様に友好関係を築くことに注力す。 ―――そうして異界の知識と技術を得ることになった江戸の世は、異界の力による文明開化を迎えることになる。 それから時が流れて、享保。 八代将軍徳川吉宗の時代となり、江戸の世は飢え知らず、病知らずの太平の世を謳歌していた。 ……が、それはあくまで江戸の世だけの話。 海の向こうにある諸外国は、異界文明と接触したことによる混乱と対立と、異界からの侵攻を受けて大いに荒れてしまっていた。 そんな状況を打破すべく将軍吉宗は、海を渡っての平和を主眼とした介入を決意し、その為の技術と資源を得る為に、異界の門の残滓である『異界迷宮(ダンジョン)』の攻略の命を発す。 その命を拝領することになった御庭番であり武芸百般に通じていた『犬界(いぬかい) 狼月(ろうが)』は親友であるコボルト『ポチ』と共にダンジョンに挑むことになるのだった。 ※他サイトでも掲載しています。

  • 俺たちはなぜ戦い合うのだろうか?

    ♡51,700

    〇120

    現代/その他ファンタジー・連載中・86話 芳乃 類

    2020年8月1日更新

    俺は、最愛の人の体を自ら振るう剣で貫いた。『あの時』は、そうするしかなかった。彼女が堕天するさまを、ただ見ることしかできなかった。 なぜ、俺たちなのだろうか? 熾天使ミカエルは、自らの手で堕天させた双子の姉ルシフェルの姿を人間界で探し求めていた。 そんな時に出会った少女ハルは、天界と地獄の勢力を揺るがしかねない存在だった。そして、ハルを守るようにそばに居たのは、魔王となったルシファーだった。 なぜ、彼女はハルのそばに居るのか? なぜ、『あの時』堕天するに至ったのか? ハルとの出会いにより、ミカエルの錆びついた時間の歯車が軋みながらも動き出す……。 ―――――――― *目次について*(2019年1月5日改定) 各タイトルにつく番号の末尾『-0』は本編からは少し外れた話となります。 『-0』を読み飛ばしても問題ないように、本編は進めていく予定です。しかし、本編の中で疑問に思う箇所が出てくるかと思います。気になる場合は、『-0』をお読みいただくとスッキリするかと。 ―――――――― *お知らせ* 『小説家になろう』サイトにて、こちらの作品を重複投稿しております。(2018年10月30日から公開) 『カクヨム』サイトにて、こちらの作品を重複投稿しております。(2018年12月8日から公開)