プロフィール

上遠野浩平先生のブギーポップシリーズを得て、自分も書きたくなり書いています。

ブックマーク

一覧

  • 変身時間のディフェンスフォース 〜ヒーローの変身途中が『隙だらけ』なので死ぬ気で護るしかないし、実は最強の俺が何故か裏方に!?〜

    ジャンル別日間1位、総合3位の実績あり!

    417,712

    5,535


    2021年5月16日更新

    異世界よりこの地球へ侵攻する「ヴィラン」 その数多の軍勢に対抗するため、たくさんのヒーローが日々世界を守る為に戦っている! しかし、ヒーロー最大の隙は『変身中』である! そんなヒーローが変身している間を守る組織「護利隊」にて、ヒーローになろうと奮闘する主人公「隠雅飛彩(かくれがひいろ)」は、ヒーローとの接触禁止令を無視して最終試験中の金髪美少女「ホリィ・センテイア」を救い出す。 ホリィに正体がバレないにように護衛任務をこなす飛彩は「巨大な怪獣との戦闘」や「ヴィランに操られたヒーローを撃破する」壮絶な戦いを繰り広げる中で、変身前の戦闘力で勝る自分はヒーローになれないのかと怒りを抱えていた。 幼なじみの美少女スナイパーや、不思議系サポーターの後輩娘に支えられながらも、飛彩は現状に満足することは出来ずにいる。 何故なら、かつて自分を庇って死んだヒーローのためにもヒーローにならなければと焦っているからだ。 しかしヒーローを守る最強の護衛も、とうとう今までの問題行動のせいで追放処分となってしまう。 エースを追放した矢先、最悪なことに今までのヴィランとは比べ物にならない力を持った存在が襲来。 街の被害が増えていく中で次々にヒーローが倒れていく。 ホリィもまたヴィランに敗れ、殺されそうになるが…… その窮地にヒーローを憎んでいたはずの飛彩が乱入! 今までの戦いを通して「ヒーローを守ること」が己のやりたかったことだと理解した飛彩はヒーローの変身能力『世界展開(リアライズ)』に目覚める! ヒーローと違って瞬時に変身できる『最強の能力』を得た飛彩は対ヴィランの切り札として活躍していく……! 様々なヒーローやヒロインの『変身途中を守る』最強のヒーローのアクションストーリー! ここに開幕! ------------------------------------------------------------------- 【1話2000~3000文字程度の読みやすいボリューム! しかし綴られるのは濃密な熱血アクションストーリー! どうぞ御照覧あれ!】 -------------------------------------------------------------------

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:26時間24分

    この作品を読む

  • 学芸員《キュレーター》と不思議な展示品―或る魔術師の鑑定報告書

    魔術師な学芸員さんと素敵な時空の旅。

    279,400

    5,230


    2021年5月16日更新

    帚木直人、大学三回生。何に対しても無関心だった彼が大学で見つけたのは、魔女と噂される女性。 その女性は私営博物館、目黒博物館の館長であり、魔術師だった。名を目黒ともこという。 ともこの元には、紅猪口、呪われた人形、謎の望遠鏡レンズといった不思議な品が届けられる。 ともこは時の魔術を使い、時間を遡ってその品を鑑定する魔術師だったのだ。 バイトとして博物館で働くことになった帚木もともこに付き添い、時間を遡るが、しかし、二人はそこで魔術具である時計を狙う謎の男に襲われることとなり――。 「あのね。物というものは、それを必要としている人の元へと自分から向かうものなの。どうしてあなたの元へ来たのか、私はそれを鑑定するわ」 人とモノと時間が、今、ともこの魔術により、再現される。 人とモノをつなぐ、ちょっと変わった博物館と学芸員とバイトの物語。 (表紙イラスト:如月簓様) 【HJ小説大賞1次突破ありがとうございました!】 【おしらせ】 4章から1話あたりの文字数を変更しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間40分

    この作品を読む

  • ダークスレイヤーの帰還

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    709,050

    5,230


    2021年5月16日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 【各章の紹介】 序章・主人公の目覚めと『眠り女』たち、そして魔の都。 第一章・工人の女アゼリアと、銃を使えるようになるまでの物語。 第二章・大国バルドスタの王女アーシェラが、古い困難を取り除くまでの物語。 第三章・ゴブリンの姫ゴシュの一族の敵討ちで、帰らずの地へ。【現在執筆中】 第四章・狼の魔女ファリスと魔女協会、そして黒い森の物語。 第五章・北のアンスリノラを出る、最後の眠り女カルラの物語。 以降順次発表・執筆していきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:25時間52分

    この作品を読む

  • 旋風のルスト ~逆境少女の傭兵ライフと、無頼英傑たちの西方国境戦記~

    気高き美少女傭兵のサクセスストーリー!

    1,137,200

    20,461


    2021年5月16日更新

    『私は家畜にはならない。たとえ飢えて痩せ衰えても、自らの意思で荒野を歩む狼の生き方を掴み取る!』 ■17歳の銀髪・碧眼の美少女ルストは重い病の母の治療費のために傭兵として懸命に働いていた。屈強な男たちと肩を並べて戦うが、女性としても小柄であり、実績も無く、名前も売れていないルストは傭兵として仕事を得るのも困難を極めていた。 だが、諦めない前向きな心を持つルストは、ついに未来へとつながる大きなチャンスを掴む。 『小隊長を任されたエルスト・ターナーです。よろしくお願い致します!』 ■そんなルストは、女の子故に腕っぷしや武力では屈強な男たちには敵わない。だが優れた洞察力と包容力と指導力、そして精霊科学『精術』を武器に困難な事態を次々に打ち破り、人々のために確かな明日へと繋がる未来を切り開いていく。 『みなさん! これは困難ではありません! 千載一遇のチャンスです!』 ■気高さに溢れた美少女傭兵が、精霊科学の残る悠久の大地フェンデリオル国で砂漠の大帝国と戦い、人々を幸せへと導く! 孤独な道を歩んでいた一人の少女が、傭兵となり救国の英雄となり、幸せの絆を取り戻すロマン溢れるサクセスストーリー! 【第2回ノベプラ大賞最終審査候補作品】 《改稿/改善情報》─────── 全体構成を〔【第1部】ワルアイユ動乱〕と〔【第2部】ルスト、心の旅路〕の2部構成にしました。 ────────────────

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:32時間9分

    この作品を読む

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期が舞台のファンタジーです

    1,000,260

    2,740


    2021年5月16日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間14分

    この作品を読む