プロフィール

小説関係のツイートは「@heitarou_ranobe」にて行っています

ブックマーク

一覧

  • 賢者が恋した賢者の恋

    コミカル+シリアス+恋愛?×群像劇‼️

    747,945

    5,368


    2021年6月16日更新

    『散りぬる陽』と呼ばれる謎の災害から、その法力を以て人々を守っていた大賢者セルシアスは、絶大な魔力を持つ魔導師ラシディア、最強の女戦士ジュメイラと出会い仲間に加える。 古文書に記された終焉の時【アンニハヤトゥ】の迫る中、セルシアスは魔導騎士のリサイリ、慈しみの聖人ナドアルシヴァ、美しき狂戦士ジュベラーリ、異世界から召喚した剣士メイダーン、そして、自身を守護する【月影の神】エルミラと共に、散りぬる陽の出現した北の大国ラス・ウル・ハイマへと出発する。 ラス・ウル・ハイマの首都ワディシャームでは『英雄如来三尊』と呼ばれる女騎士イェシェダワと、同じく英雄如来三尊の騎士ドゥルマが、散りぬる陽の出現とセルシアスの仲間たちとの出逢いをきっかけに意見を違え、離れ離れになる。 ドゥルマが去った事で、恋心を抱いていた事に気付いたイェシェダワは、気持ちを整理する為にドゥルマを追いかける。 同じ頃、散りぬる陽の調査をしてある異変に気付いたナドアルシヴァは、その事についてセルシアスと話す為、騒ぎにならないように周りにはその異変の事を伏せ、首都ワディシャームへ向かう。しかしその途中、ナドアルシヴァの様子がおかしい事を怪しんで無理やりついてきたもう一人の英雄如来三尊、ラスジェノスに追求され、ナドアルシヴァは『異変』と、それにまつわる二十三年前に起きた悲劇について話し始める。

    読了目安時間:10時間38分

    この作品を読む

  • 世界平和はムリなので、世界統一しましょうっ!

    コミカルダークファンタジー

    32,200

    0


    2021年4月10日更新

    彼にとって大切なのは受けた恩と妹の無事。 「中山孝太郎」は妹「ちよ」との旅行中凄惨な事故に遭う。死にかけの脳裏に響いた声に「何でもするから助けてくれ」と答えた彼は別世界で目覚めた。 そこで命を助けてくれた魔人の王、「ウー」に人を殺してくれないかと請われ、彼は即答する。 「誰を殺せばいい?」 この世界では「星落とし」という邪悪な神に二つの大陸のうちの一つを奪われ、残るもう一つの大陸「アタラシア大陸」で人間たちはその覇権を取り合っている。 千年前に人間と契約し、星落としから大陸を守り続けてきた魔人であったが、どういうわけか人間たちから「契約品」である人間の死体と血液が貰えなくなってしまった。今では唯一、絶対王政国家ルクスのみがその契約品を納めている。 魔人にとって契約品は彼らの武器であり魔力である。それが枯渇した今、アタラシア大陸は風前の灯火であった。 よって、ウーは唯一残った親魔人国家ルクスに大陸の覇権を握らせることを計画する。そうして再び大陸の守りを万全のモノとするのだ。 しかし、ルクスの新女王は賢いが奔放な性格で、突拍子もない行動の多い困った少女だった。 そんな女王に振り回されながら、孝太郎は世界を統一し、妹を守り抜くことができるのだろうか。 ※ダークファンタジーです。 ※序章が長めです。 ※こちらカクヨム様でも投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間43分

    この作品を読む