プロフィール

兎蛍(うさほ)です 和風ファンタジーと煮込みうどんが好きです 翡翠の屋敷で変人(きみたち)と、連載中です カクヨム、小説家になろうでも活動してます

ブックマーク

一覧

  • ある一人の少女に巻き起こる恐怖の物語

    ♡528,579

    〇76,079

    ホラー・完結済・37話・92,055字 文月伶架

    2021年2月4日更新

    神域である山や森で、人が行方不明になったり、街や里からなんの前触れも無く失踪することを、ある者は「神の仕業」としてとらえた。 そして、現代。神隠しなのか、事件なのか分からない出来事が多発。 そんな中、ある一人の少女に巻き起こる恐怖の物語が始まろうとしている── 【寄せられたご感想の一部】 「サイコサスペンス、かな! 冒頭から謎めいた緊張感のある展開が文字を追う目を急がせます!」 「 人の心の闇の深淵さ。。。。覗きたい、でも怖すぎる。でも次の 展開が知りたくて読み続けてしまうな。アディクトすぎるこれ」 「考えさせられる内容がとても面白かったです! 他にはない小説になっていると思います」 尚、当作品は「エブリスタ」にて同時連載しております。 Art by 香月 @s_z4230

  • 何も知らない少女が、生きることを知る物語

    ♡150,800

    〇1,645

    現代/その他ファンタジー・完結済・26話・113,545字 瀬戸晴海

    2020年11月22日更新

    ある日の晩。一人の赤子が捨てられ、一匹の狐が人間に襲われた。 一人と一匹の赤子を拾い、育てることとなったのは、山の神である千年大樹や、聖なる山の住民である鬼や獣たちだった。 木之子と木守と名付けられた一人と一匹はすくすくと育ち、山を駆け巡るようになる。 好奇心いっぱいの木之子は、山を駆け巡るうちに、山の外の世界を知りたくなってしまった。 「山から出てはいけない」 そんな母の教えを破り、木之子は山を降り、橋を渡って人里に出てしまう。そして、山に戻らない木之子を追い、木守もまた、人里に出てしまうことになる。 禁忌を犯してしまった木之子と木守は山へ戻ることはできるのだろうか。 十二歳の少女と獣の生きる力を描く、和風ファンタジー。 【日間総合1位ありがとうございました!】