プロフィール

小説初挑戦作「エルダーストリア-手垢まみれの魔勇譚-」を地道に投稿してます。 完結まで、……先が長い!Σ( ̄□ ̄;) 投稿頑張ります!

ブックマーク

一覧

  • 生まれ変わったら曹昂だった。 前世の知識を活かして宛城の戦いで戦死しないで天寿を全うします

    曹昂生存していたらという話です

    15,849,228

    35,985


    2022年11月27日更新

    生まれた時から難病で|白河《しらかわ》|脩《しゅう》は成人まで生きられないと医者に診断されていた。 その為、毎日を病院で本を読んで過ごしていた。病状が悪化しあっけなく死んでしまう。 気が付くと自分が赤ん坊になっており、更に自分が曹操の息子の曹昂になった事に知る。 本を読んでいたので、自分が宛城の戦いで死ぬ事を知る。そんな未来を回避する為に前世の知識を活かして生き残る事を決める。 この話は三国志演義に準拠します。 参考文献 秘密三國志 著者陳舜臣 三國志 著者吉川英治 三国志 著者横山光輝

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:52時間1分

    この作品を読む

  • 「なぜ日本経済は絶対に破滅しないのか?」について宇宙戦艦ヤマトの世界観を使って、イヤになるほど説明する!

    日本が破綻するわけ「ない」(# ゚Д゚)

    3,639,619

    27,120


    2022年11月23日更新

    対GDP比200%もの債務を抱えているとされる日本。もう日本は破滅するしかないのか? …という不安に対し、 「実は全然大丈夫なんですお(≧∀≦)」 …という事実を、世界各国の現状と過去の歴史から詳述しています。 キーワードは『国債』。 国債には意味があり、無駄に発行している訳ではないということと、日本に比べて世界の方が遥かに危険だという真実、なによりも日本の債務総額は、日本の純資産3,300-兆円(うち現金資産で1.800兆円。そのうち半分は即金出来る流動資産)に比べても小さいので「増税覚悟なら、そんなに心配ない」だけでなく、「他の国は既に債務超過」で死にかけている…という2020年以後の世界の債務と破綻について検討していくつもりです。お楽しみにね。 なお日本を含めた世界各国の現状について、全く情け容赦なくぶった切っていきますので、表現上、不愉快で不適切に感じる場合もあるかもしれません。しかし、こういう場所は自らの確信と信念を披瀝する場だと認識しており、以って偽善や綺麗事を排除し、正確かつ切迫感を持たせるために「政治的に正しい表現」は致しません。ご理解を頂きたく思います。合わせてコメントには可能な限りレスを付けます。コメント数が(嬉しいことに)多数頂いていますので、もしかしたら確認ミスからレスが付いていないコメントもあるかと思います。もし抜けがあったらご報告ください。 なお、この内容は別のWeb投稿サイト「カクヨム」でもUPしていますが、内容は少し異なります。相互に補完する関係にあるのですが、乖離が大きくなりましたらその都度、内容を修正していくつもりでいます。常に新しいのが良い…ということです(^^) がんばりますので、皆さん、よろしくお願いいたします…m(_ _)m ちなですが、「なぜ〜ヤマト」はCXの「カノッサの屈辱」のオマージュです…m(_ _)m 意外と本気でイグ・ノーベル経済学賞を狙いに行ってます(爆死

    読了目安時間:22時間45分

    この作品を読む

  • 一万字まで小説読ませてください

    私の寿命が尽きるその日まで続けます

    2,848,149

    8,220


    2022年11月22日更新

    2020/10/10 200話記念により表紙がつきました。 志茂塚ゆり様、ありがとうございます!! 基本は書き手の私ですが、自分に足りないものを補うため、色んな思いやその中に隠されたものを理解しくみ取る能力を身に着けたくて隠れた名作を読んで学んでいきたいと思っています。正直者ゆえ、酷評になってしまいがちな可能性はありますが、それでもいいですよ!という心優しい方の作品をお待ちしています。もしかすると、勝手に読んで勝手に感想の時もあるかもですが、そのへんは許してくだされ…… 皆さまの素敵な作品をお待ちしています。よろしくお願いいたします。 *** ※200話以降のエピソードは「次へ」のボタンを押さないと開けません。 201話以降のエピソードを探す際はお手数ですが次のページを開いてくださいね! ※何度か自主企画の運営をお手伝いor企画を立ち上げる、といった回数が多くなりましたので、読書順番票の次のエピソード、『4話』に参加する企画、主催する企画などのお知らせを残していくようにいたします。終わった際はお礼を述べた後に<非公開>させて頂きます。 作品紹介と共に、よろしければチェックしてみてくださいませ。

    読了目安時間:12時間38分

    この作品を読む

  • 跳びヒザ蹴りのお嬢様!

    おーほっほっほっほっほっほっほ!

    553,650

    5,452


    2022年11月20日更新

    日本中から格闘乙女が集う聖龍女学園高等学校。 最強を目指し切磋琢磨する彼女たちの中に、一際異彩を放つお嬢様がいた! その名は小鳥遊紗耶香。 コーナートップで高笑いする彼女の前に次々と現れる、格闘乙女たち! そして「絶対女王」として学園に君臨する最強の生徒会長・九頭竜麗華! 華麗にして激しい乙女たちの熱きバトルが、今まさに始まろうとしていた! ※注意 ・この物語はフィクションであり、実在の人物・団体・出来事などとは一切関係がありません。 ・既存作品等のパロディが多々ありますが、本気で怒られたら修正します。 ・登場する技は絶対に真似しないでください。Don't Try This At Home!

    読了目安時間:9時間41分

    この作品を読む

  • ダークスレイヤーの帰還 ※改稿中!

    現在じわじわ改稿中です!

    1,541,089

    9,872


    2022年11月18日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、最終選考!】 ※現在大規模な改稿中です! ※序章から1章までの文章・演出のブラッシュアップ、序章前の最後の戦いの章が追加される予定です。 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 ※各章話の予定はその項をご覧ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:39時間36分

    この作品を読む

  • その作品、もう一度

    紹介してもらった作品限定

    387,509

    1,251


    2022年11月16日更新

    こちら、「一万文字まで~」の作品紹介お試し企画として記載していたものを分離させました。 この企画は、紹介中毒者になりつつある魚住真琴の「やりたいこと」を全部つめこんだものです。 面白い作品を見つけたい。 面白い作品を紹介したい。 色んな作者様と交流したい。 作者、読者の輪を広げ、ノベプラならではの輪を広げまくり「小説」というジャンルを思いっきり楽しみたい。 楽しけりゃなんでもよくない? ※必ず応募要項を読んでください。応募資格者の基本は「すでに一度紹介してもらった作品」です。 応募する際には『紹介してくださった方の名前』と『応募する小説の作品名』の記入を必ずお願いします。 <何故紹介してもらったものに限定しているかの理由> ・応募者が大量になって真琴が処理しきれなくなるのを防ぐため。 ・一度紹介されたことで多くの人の目に触れ、改善されたものが多いと思うので『良作が多い』と見受けているため。 ・真琴の気分でなんとなく(これ重要) 文字中毒者ともなりつつある魚住真琴と「小説」を一緒に楽しみませんか? ☆全体的に作品のネタバレ注意です!

    読了目安時間:4時間4分

    この作品を読む