プロフィール

基本短編と掌編しか書かない 文字に起こしてみようと始めた、架空の世界を楽しむ頭のおかしい文字書き初心者(語彙力養い中) 読んでくださった方、本当にありがとうございます。 感想やアドバイスもくださると嬉しいです⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝⋆*

ブックマーク

一覧

  • 作品、読みます。感想書きます。

    埋もれている名作を見つける場としても是非

    721,580

    426


    2022年12月12日更新

    小説を募集します。未完・完結問いません。 感想書きます。 自分にあった作品を見つける場としてもお使いください。冒頭に作品リンクを貼り付けておきます。

    読了目安時間:5時間8分

    この作品を読む

  • 星が墜ちた夜から

    これはただの悪夢ではない。予知夢だ。

    956,357

    12,127


    2020年9月2日更新

    主人公の大学生、“知念 誠人”は、ある日を境に頻繁に悪夢を見ることになる。 しかし、その悪夢はただの悪夢ではない。 夢の中身が正夢となる──“予知夢”だったのだ。 散々悪夢に悩まされ続けた誠人は、その苦悩を友人に打ち明けるが、そこで信じられないことが起きる。 集まった友人の全員が、誠人と同じように悪夢──予知夢を見ていた。 この面子から考えられるのものは、もう“あれ”しかない。 昔みんなで見た、大きな流れ星…… その時に起こった不思議な現象……きっかけは、この“流れ星”に違いないはず。 あの星が墜ちた夜から──物語はすでに始まっていたんだ。 基本シリアス、時々ギャグ。 ヒューマンドラマに、青春あり。 あわゆる要素を兼ね備えた──SFミステリー(サスペンス)作品、ここに開幕。 悪夢を未然に防ぐために、誠人達が立ち上がる。 ※こちらの作品は、小説家になろう、ステキブンゲイにも掲載しております。 タイトルロゴは、紅蓮のたまり醤油様に作って頂きました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間33分

    この作品を読む

  • 僕的不思議体験きいてかない?

    青年がただ語ってるだけの話

    400

    0


    2020年7月28日更新

    僕の名前は鈴宮鈴。その他もろもろの自己紹介は本編で。ちょっとした息抜きに僕の話聞いていってよ。出入り自由で良いからさ。もう随分人と話せてないから、誰かに話したいんよ。この機会にね。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 言霊の力

    日常から非日常へ

    100

    0


    2020年6月26日更新

    言ったことが現実に起こる、言霊の不思議な力。謎の男が語るのは、ある少女に起こった出来事。あなたの身近でも起こりうるかもしれません。どうか言葉にはお気をつけて。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 忘れられた約束

    純愛×友情物語

    1,100

    0


    2020年5月8日更新

    夜野孝人は、記憶を人より蓄積できないという苦しみを抱えていた。だが生活に大きな支障はなく、今年度で高校2年。親友の柳直人と去年と同じように日々を過ごすかに思われた。しかし始業式早々、孝人は3年である佐久良結羽と出会うことになる。それから彼女の気持ちを聞き、3人で過ごす日々へと変わっていく中で、彼女の言動に自分の知らない感情が芽生え始め―。

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • 友達としかみられない

    この言葉で振られた、全ての同士へ捧ぐ。

    1,500,750

    17,304


    2020年5月2日更新

    現代の大学を舞台にした、『死神盗難事件』! 『日常の謎』なので、人は殺されません。 大学4年生の初夏。 渡貫 詳(わたぬき しょう)は、『お悩み相談サークル』に所属している。 気の強い後輩、角川 貴理(かどかわ きり)に振り回されながらも、他人の悩みや、持ち込まれる些細な謎を解決することで自尊心を満足させる、虚しい毎日を送っていた。 そんなある日、詳自身が盗難に遭ってしまう。 割引券、鑑賞券、小冊子という一見無価値なものが次々盗まれ、ウェブ新聞記事のコピーと思われる紙切れと、『死神』のタロットカードが残される奇妙な連続盗難事件。 いつも通り貴理に押し切られ、詳はその事件の解決に乗り出す羽目になる。 犯行の法則性は何なのか? 犯人は誰なのか? その目的は? 『人間は根源的に時間的存在である』 ハイデガーの言葉通り、人は過去からは逃れられない。 *この作品は『小説家になろう』、『カクヨム』でも公開しています。

    読了目安時間:2時間53分

    この作品を読む