プロフィール

殻ひよこ

ぷいゔぃとん

Lv   :15

作品数 :1

ジョブ :殻ひよこ

称号  :ノベルアップマスター

アバター:殻ひよこ

レビュアーポイント:0pt

三度の飯より筋トレが好き。 小説よりもスクワット。

ブックマーク

一覧

  • 自作童話・説話の傑作選です

    ♡306,000

    〇3,100

    文芸/純文学・連載中・99話 D

    2020年5月28日更新

    他の小説投稿サイトで、ランキング入りした自作童話や説話の短編集です。 『逆さの森と真っ直ぐな気持ち』 ……人が良いキツネは、群れでは失敗ばかり。 人を騙すことが仕事のキツネが、お人よしではなにもできません。 失敗ばかりで、おちこんでいたある日、彼女は逆さにかかる虹を見るのでした……。 逆さの虹に導かれて、彼女がたどり着いた場所は、変な動物ばかりが住む森でした。 悪戯好きなリス、臆病な熊、怒りっぽいアライグマ。 そして、キツネはひとつの感情が芽生えていく。 など収録。 ※小説家になろうさん・カクヨムさん、アルファポリスさんにも投稿しています。

  • 第四章開幕です。

    ♡502,982

    〇2,119

    異世界ファンタジー・連載中・123話 秋山静夜

    2020年5月28日更新

    非転生モノ。 非俺Tueeeeモノ。 非ハーレムモノです。 勝てなくとも前に進むことはできる。 負けても失うものばかりではない。 手の平から多くのモノが零れ落ちたとしても、それでも握りしめたモノだけは離さないで。 この物語は12章構成で予定しています。 第一譚:無垢純白の勇者譚 第二譚:灼銀無双の魔法譚 第三譚:憎悪爆散の魔人譚 第四譚:理念夢想の人形譚 第五譚:天涯波濤の英雄譚 第六譚:神魔謀逆の賢悠譚 第七譚:愛憎跋扈の青春譚 第八譚:〇〇〇〇の伝承譚 第九譚:覇道羅刹の逆襲譚 第十譚:滅私愛国の王道譚 第十一譚:〇〇〇〇の滅亡譚 第十二譚:手垢まみれの魔勇譚 以前掲載していた、あらすじ、世界地図、設定関連の項目は別の作品枠に引っ越ししました。 設定や世界観が好きな方はぜひそちらも覗いて下さい。 気に入って頂けましたら、ブックマークや評価をしてもらえると大変励みになります。 今後ともよろしくお願いします。 小説家になろう、アルファポリスにも掲載中です。

  • リアルな戦闘シーンをお楽しみ下さい。

    ♡188,250

    〇555

    異世界ファンタジー・連載中・80話 カバ太

    2020年5月28日更新

    夢の中で出会った女性に誘われて、転生をした異世界はロマンも何もない、ただ文化・文明の遅れた世界だった。 そんな中、主人公デリックは辺境の超貧乏農家に生まれる。 求められるのはただ一点、「逞しく生き残る事」 運命に翻弄され、自分の居場所を求め続ける。 使える魔法は強化の魔法のみ。だが、そんな事は関係ない! 立ち塞がる強敵は物理の力で一発逆転。殴って、蹴って、叩き付ける。それさえあれば全て片付く。 でも、それだけでは済まないのがこの世の中。様々なやっかい事に首を突っ込み、幾人もの女性との出会いと別れを繰り返す。 英雄にはほど遠い。大きな功績は残さない。底辺を生きる等身大の転生者のお話。

  • 此れは孤独な者達が紡ぐ出会いの物語。

    ♡1,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・48話 スバルバチ

    2020年5月28日更新

    三十四話で湯煙話配信中♡まさかの異世界移動の原因も判明か!?乞うご期待っ! あらすじ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 虚しい部屋で一人暮らしの三十路を迎えたサラリーマン 天知 健。 仕事を淡々とこなし、会社と家を往復するだけの毎日。 いつもと変わらぬ惨めで虚しく救われない日々を過ごしていた。 生きる意味はある。 その意味だけが男が生に手を掛ける唯一の理由だった。 そんな日々を送る中で前触れなく視界が黒く染まり奈落の底へと突き落とされていく。 気が付くと其処には現実ではあり得ない光景が広がっていた。 壊れかけた世界に放り出され真の孤独に見舞われた男。 そんな中、男は一人の少女と出会う。 少女と出会い、更なる物語に導かれた先に待つ新たなる出会いから生まれる歪な想いで彩られた冒険譚。 此れは孤独な者達が紡ぐ物語。 否、孤独を語る者達が巡り会う、誰しもが通る道。 かけがえのない出会いの軌跡だ。 ※この作品は『カクヨム』様、『小説家になろう』様にも掲載されています。

  • 皆様、末永く応援よろしくです。

    ♡60,160

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・118話 郭隗の馬の骨

    2020年5月28日更新

    南九州の架空の自治体、宮之城市(みやのしろ)で島津義弘公を大河ドラマに誘致したいと願う一人の青年(ハンドルネーム 祭り之介)と東京の引きこもりの若者(ハンドルネーム コモロウ)横浜に住む壮年の男(ハンドルネーム フウイ)との会話や議論を通じて目標に向かって進んでいく物語。