プロフィール

よろしくお願いいたします✨ ついったー@naroukaotan

ブックマーク

一覧

  • 異世界SNS

    魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    1,335,276

    16,045


    2021年9月21日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

    読了目安時間:39時間30分

    この作品を読む

  • 異世界転生したら女になっていました!

    異世界に行ったら女の身体なんだけどぉ!?

    167,700

    6,310


    2021年9月21日更新

    彼女は異常なチート能力を持っていた。 歩く度にふよふよと揺れる形の整った豊満な胸。 太陽の光を浴びると優しく美しく光る白い肌。 目を合わせると吸い込まれてしまいそうな蒼い目。 キスをしたら溶けてしまうのではないかと思うほどの甘い唇。 ありとあらゆる人間の美しさと可愛さがその身体に宿っていて全ての人間を男女問わず『魅了』してしまうチート能力、彼女が本気で男を落とせば国の王ですら彼女の虜になるだろう……だが彼女は…… 実は中身が男!!!!!! 彼は中学時代に女性恐怖症を医者から言い渡された26歳独身の平社員サラリーマン! 今日も大好きなお酒を飲みに弟であるヒロユキを連れて居酒屋で飲んでいたが泥酔し就寝! 目が覚めると異世界に勇者として召喚され、しかも身体が女だったぁ!? 属性モリモリの主人公の今後はいかに! そんなちょっと変わった異世界ストーリーをお楽しみください!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:30時間5分

    この作品を読む

  • Witch Craft Guardian~ヒーローを夢見た男が転生して魔女の護り手になるお話~

    ヒーローといいつつちょっとダークヒーロー

    2,045,820

    23,925


    2021年9月20日更新

    ヒーローを夢見た少年が成長して現実を知り、それでも英雄的行動を行って命を喪う。 だがその行為を世界を管理する女神に認められて世界を変革させるために異世界へと転生させられる。 同じ頃、一人の魔女が勇者のパーティーから追放されていた。 自身の愛人として残るならば面倒をみてやるという勇者を拒絶した魔女は勇者の怒りを買い、一人あてもなく冒険を続ける。 ヒーロー志望と魔女が出会う時、世界が動きはじめる。 まあ普通の転生ものです。 マイペース更新。

    読了目安時間:27時間5分

    この作品を読む

  • キメラクラフト ガチャフィギュアを魔改造する底辺のおっさんと『召還姫』の異世界記

    異世界サバイバルなのかなぁ

    477,121

    5,301


    2021年9月20日更新

    43歳住所不定のフリーター山本正は電車とタンクローリーの激突事故により死亡し『神からチートアイテムを貰って異世界に』とまぁテンプレ展開で異世界に立つが貰うはずのチートアイテム大型ハンドガンタイプの『召還機』が何の手違いか銀髪碧眼の少女タイプの『召還姫』に代わるは、召還はソシャゲ染みたガチャだったり、召還したゴブリンに襲われたり、ガチャ召還で出たフィギュアを魔改造したり、神々に覗かれたりと色々ありながら、てきとーな異世界生活するおっさんと『召還姫』の話。 表紙はファルさんから頂いたFAで、ヒロインの『召還姫』が素敵な一枚です。 『小説家になろう』にも投稿中です この作品には四肢や頭部の切断などの残酷な描写がありますが『この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:19時間32分

    この作品を読む

  • ひとくちセリフ劇場

    「セリフだけ?」「しかも140字」

    1,241,800

    1,432


    2021年9月20日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

    読了目安時間:3時間14分

    この作品を読む