えんどろ~!ユーシャ

このページを報告

味ポン

Lv  :6

ジョブ:ひよこ剣士

称号 :ノベルアッパー

はじめまして! 別名義で作家をしています☆ 商業ではなかなか書けない、趣味の小説を書いていこうと思います。 主に、一味違ったラブコメを中心。よろしくお願いします♪ ※朝の更新は控え、夕方~夜に二作更新をしていきます。

作品

一覧

  • 恋愛/ラブコメ
    連載中 6話 / 2019年6月15日更新

    可愛いは作れる――! 自分の理想の美しさを持つ女の子が見つからないと嘆いていた主人公、飾利拓美は 見つからないなた作ってしまえばいいと結論に至り、メイク技術を覚えて理想の女の子を作ることにした。 そんな彼は高校に入学すると同時、志を同じくする同志であり「美しい髪を求める変態」切咲頭屋と共に、 女性を美しく装飾する部活――通称「女装部」を立ち上げる。 これは女の子に振り回されながらも、本当に美しいものを見つけるラブコメディ!

  • キスは Lemon じゃなくて青汁の味☆

    ★9,350

    恋愛/ラブコメ
    連載中 12話 / 2019年6月15日更新

    キスに憧れすぎている少年、飾利唇也は親友から恋愛にご利益のある神社に行こうと誘われる。 恋愛には興味のない唇也だが、せっかく神社にきたのだからと「理想の女の子と最高のキスがしたい!」と願った。 するとどうしてか? キスはできたものの、相手は唇也が好きじゃない「氷の女王・リリティア」こと氷上紅音だった。 「ファーストキスはレモンの味じゃなくて、青汁みたいな味だった……」 翌日――絶望にうなだれる唇也の前に現れてたリリティアこと紅音は、まさかのを口にする。 「キスをしたことで、私たちの恋愛感情が入れ替わったのよ――!」 キスで感情が入れ替わったのなら、もう一度キスをすれば元に戻るはず? こうして唇也は、自身の恋愛感情を取り戻すため、嫌々ながら紅音にキスを迫り始める。 これは、最悪のキスから「想い」を取り戻す、ちょと変わった修羅場なラブコメディ――。 ※6/12 もう一作品『理想の彼女が見つからないので作ることにした少年のラブコメ』も宜しくお願いします☆

ブックマーク

一覧

  • 運び屋と王子の凸凹異世界ファンタジー!

    ★17,680

    異世界ファンタジー
    連載中 32話 / 2019年6月18日更新

    魔物が蔓延る外の世界で、物資や武器などの荷を運ぶことは決して楽な仕事ではなく、常に危険と隣り合わせだ。 それでも運ばなければ世界は回らない。 食料や水、武器、薬、時には死体をも。それらを無事に、安全に届けるのが【運び屋協会】に属する【運び屋】である。 そんな運び屋たちが活躍する世界【アッベルド】で、今日も今日とて荷物の依頼を受け、運び屋ディルモットは気怠い面持ちで、王国の貴族街へと足を踏み入れていた。 ろくでもない人生を歩んできたディルモットは、運び屋に転職してからのんびりと楽な荷物運びをして、安酒を飲み煙草を吹かす毎日を送る怠惰な女。 危険などとは皆無の仕事環境なのだ。 今回も、薬にしてはやけに大きい四角い茶封筒を、指定された場所に向かい特定の人物に渡すだけの、簡単且つ金払いの良い依頼……のはずだった。 ──一人の少年と出会うまでは。 これは、悪と悪が正義を掴みとる物語。 こちらはRPGをプレイしているような感覚で読んで頂ける、異世界ダークコメディファンタジーです! 応援やコメントありがとうございます(*´▽`)

  • 地球の青年と異世界の姫が肉体を共有します

    ★37,250

    異世界ファンタジー
    連載中 50話 / 2019年6月18日更新

    愛する弟と妹の為にと、あらゆる努力を積み重ねて、人としておかしい領域に辿り着いた青年「ミタカ モトキ」。 幸せな人生を謳歌するモトキは、不運なことにトラックにより命を落とし、その記憶を保持したまま異世界に転生することとなる。 弟と妹のいない第二の人生に興味のないモトキは、病弱で虚弱な余命幾ばくもない異世界の姫「セラフィナ」に、自分の命を丸投げして助けることを選ぶ。 しかし死の淵より生還したセラフィナの中には、消滅するはずだったモトキの魂が残り、2人は1つの体を共有することとなる。 立場も強さもまったく違う2人は、力を合わせて困難な第二の生を生き抜くのだった。 毎日0時頃最新。 この小説は小説家になろうでも投稿しております。 感想等お待ちしております。

  • それは高校三年間の、すこし非日常な恋物語

    ★38,650

    恋愛/ラブコメ
    連載中 17話 / 2019年6月17日更新

    高校生になった黒野翔は虚無感の中で日々の学校生活を送っていた。 授業は毎度同じような事の繰り返し辟易する。 男子は馬鹿騒ぎが好きで、女子はコミュニティ内に籠もる。 教師はその立場を乱用して横暴で、この社会が牢獄のように思えて嫌いだった。 そして。 無知で無力で無能な自分が、なによりも嫌いだった。 そんな翔に一人のクラスメイトが近づいてくる。 相沢澪という女子生徒は、なぜか陰気な翔のことに興味を持って接してくる。 そんな澪に、翔は次第に心を開いていく。 だが。 翔は次第に、澪の事を思い出せなくなっていく――

  • 妖怪達が出迎えてくれる、秋の温泉街

    ★5,130

    現代ファンタジー
    連載中 12話 / 2019年6月17日更新

    物心が付く前に両親を亡くした『秋風 花梨』は、過度な食べ歩きにより全財産が底を尽き、途方に暮れていた。 そんな中、とある小柄な老人と出会い、温泉旅館で働かないかと勧められる。 怪しく思うも、温泉旅館のご飯がタダで食べられると知るや否や、花梨は快諾をしてしまう。 そして、その小柄な老人に着いて行くと――― 着いた先は、妖怪しかいない永遠の秋に囲まれた温泉街であった。 そこで花梨は仕事の手伝いをしつつ、人間味のある妖怪達と仲良く過ごしていく。 ほんの少しずれた日常を、あなたにも。

  • 初めて書く作品です、よろしくお願いします

    ★300

    恋愛/ラブコメ
    連載中 11話 / 2019年6月17日更新

    2XXX年、日本では婚姻率の低下による出生率の低下が問題視されていた。そこで政府は、大人による婚姻をしなくなっていく風潮から若者の意識を改革しようとした。そこて、日本本島から離れたところに東京都所有の人工島を作り上げ高校生たちに対して特別な制度を用いた高校生活をおくらせることにした。 しかしその高校は一般的な高校のルールに当てはまることなく数々の難題を生徒たちに仕向けてくる。時には友人と協力し、時には敵対して競い合う。 そんな高校に入学することにした新庄 蒼雪。 蒼雪、相棒・友人は待ち受ける多くの試験を乗り越え、無事に学園生活を送ることができるのか!?