プロフィール

音楽活動をしながら詩や小説を書いている物書きバンドマンです。 中世・小説・映画・音楽・ファッションのどの意味でもゴシックが好き。でもフォントだけは明朝派。 【所属バンド】 ・Alchemy Crystal https://sunnydaysbreakfast.wixsite.com/alchemy-crystal ・Dark Planet Second http://darkplanet2nd.com/

ブックマーク

一覧

  • 秒で百合分を摂取したい時に

    ♡275,300

    〇2,635

    恋愛/ラブコメ・連載中・149話・10,077字 ARR

    2020年9月24日更新

    水沢ながるさんの「一行怪談集」に影響を受けて、一行の百合話をやってみます。まずは百話目標~。 お話は独立していますので、どこからでもどうぞ。

  • 大切な人だから、ノーマルでも伝説級!

    ♡97,500

    〇680

    異世界ファンタジー・連載中・23話・56,866字 玉椿 沢

    2020年9月23日更新

    どこかの世界の、いつかの時代。 その世界の戦争は、ある遺跡群から出現した剣により、大きく姿を変えた。 女の身体を鞘とする剣は、魔力を収束、発振する兵器。 剣は瞬く間に戦を大戦へ進歩させた。数々の大戦を経た世界は、権威を西の皇帝が、権力を東の大帝が握る世になり、終息した。 大戦より数年後、まだ治まったとはいえない世界で、未だ剣士は剣を求め、奪い合っていた。 魔物が出ようと、町も村も知った事かと剣を求める愚かな世界で、赤茶けた大地を畑や町に、煤けた顔を笑顔に変えたいという脳天気な一団が現れる。

  • 「セリフだけ?」「しかも140字」

    ♡676,505

    〇1,035

    童話/絵本/その他・連載中・478話・54,918字 中村尚裕

    2020年9月23日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

  • 【改定作業完了!】本編更新再開しました!

    ♡513,950

    〇18,920

    異世界ファンタジー・連載中・261話・445,673字 美風慶伍

    2020年9月23日更新

    【改稿作業、完了いたしました】 【あらすじ】 17歳の銀髪・碧眼の美少女ルストは重い病の母の治療費のために傭兵として懸命に働いていた。そんなルストは女の子故に腕っぷしや武力では屈強な男たちには敵わない だが優れた洞察力と包容力と指導力、そして精霊科学『精術』を武器に困難な事態を次々に打ち破っていく 気高さに溢れた美少女が、精霊科学の残る悠久の大地フェンデリオル国で砂漠の大帝国と戦い、人々を幸せへと導く爽快なサクセスストーリー戦記ヒロインファンタジー 【ストーリー全体概要】 17歳の少女ルストは病身の母のために傭兵として戦い治療費を稼いでいた。努力の末に昇格したルストだったが実績のない彼女では率の良い仕事はなかなか得られない。彼女はそれでも諦めない。親切な老傭兵の手助けを受けて、大きな任務を掴むことに成功する 新たな任務に隊員として参加するはずだったルストは、予想外の事態から小隊長を命じられる。そして命の危険を乗り越えて、敵軍の偵察部隊を撃破する成果をあげて無事帰還する だが成功を喜び仲間を労おうとするルストを、一人の不良傭兵が仕掛けた罠が待っていた。仲間たちの前で晒し者になった彼女は傭兵としてメンツと誇りを守るため、真っ向から果し合いの勝負を挑む 「あたしの誠意とメンツを傷つけたならあなたのメンツを叩き潰してあげる!」 苦闘の末に見事果し合いに勝利した彼女は、傭兵としての二つ名『旋風のルスト』を勝ち取る 名を挙げた彼女に新たな任務【西方の辺境領でのミスリル鉱石の横流し疑惑の極秘内偵任務】が舞い込む 再び隊長として仲間を率いたルストが任務先の土地で目の当たりにしたのは、領主の不慮の死、対立領主の執拗な迫害、そして苦境に立たされる領民たちの姿だった 姿なき敵の襲撃がルストたちを襲い、ワルアイユには危機がせまる 悪化する事態の中、解決の糸口を開いたのはルストの強い意志と、ともに闘う仲間たち。そしてルストは人々の命とワルアイユ領再建への道を掴みとるために決意する 「みなさん!これは困難ではありません!千載一遇のチャンスです!」 東から追撃部隊が、西から砂漠の帝国が迫る中、ルストは秘策を胸に人々を率いて決戦の地へと向かう。そしてルストの乾坤一擲の策が動いたとき、大平原で決戦が始まる。人々は勝利し、ルストは仲間たちと共に栄光をつかめるのだろうか?

  • 帰ってきた(帰ってくるなよ)

    ♡38,600

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・22話・29,072字 夜霧醒客

    2020年9月23日更新

    前回謎の盛況を博した「百人一評」を定期的に書いていこうと思いたち、再び酔客が立ち上がる。 評の名の通り、読んだ作品を片っ端から切り捨てる文芸批評です。もっとも、峰打ちにはしてあります。 流石に前回のように一日3作も5作も挙げることはしません。ちょっとじっくりとやっていこうと思います。 妄言・戯言ご容赦。