プロフィール

ファンタジー小説が好きです。

ブックマーク

一覧

  • 水滸ストレンジア~水のほとりの百八戦姫~

    108人の美女・美少女による反乱戦記!

    99,600

    1,200


    2021年4月11日更新

    ~中華の皇帝にさらわれた異国の百八乙女。やがて彼女達は反旗を翻す!~ ラクシュミー海賊団を率いる女海賊ラクシュミーは、ある日謎の敵の襲撃を受け、囚われの身となる。 気が付けば、そこは中華の地。皇帝の庭園に設けられた、異国の乙女ばかりを集めた崑崙宮に幽閉されていた。 囚われた異国の乙女達の中には、皇帝に忠誠を誓い、あるいは安寧を求めて、現状を受け入れる者もいた。 だが、何よりも「自由」を愛するラクシュミーは、このまま囚われた身でいることを良しとせず、同じ意志を持つ乙女達を集めて、崑崙宮からの脱出を目論む。 それは、やがて中華全土を巻き込む大騒乱の幕開けとなるのであった……。 水滸伝好きの作者がお届けするチャイニーズファンタジー戦記!

    読了目安時間:2時間25分

    この作品を読む

  • 学芸員《キュレーター》と不思議な展示品―或る魔術師の鑑定報告書

    魔術師な学芸員さんと素敵な時空の旅。

    214,200

    5,220


    2021年4月11日更新

    帚木直人、大学三回生。何に対しても無関心だった彼が大学で見つけたのは、魔女と噂される女性。 その女性は私営博物館、目黒博物館の館長であり、魔術師だった。名を目黒ともこという。 ともこの元には、紅猪口、呪われた人形、謎の望遠鏡レンズといった不思議な品が届けられる。 ともこは時の魔術を使い、時間を遡ってその品を鑑定する魔術師だったのだ。 バイトとして博物館で働くことになった帚木もともこに付き添い、時間を遡るが、しかし、二人はそこで魔術具である時計を狙う謎の男に襲われることとなり――。 「あのね。物というものは、それを必要としている人の元へと自分から向かうものなの。どうしてあなたの元へ来たのか、私はそれを鑑定するわ」 人とモノと時間が、今、ともこの魔術により、再現される。 人とモノをつなぐ、ちょっと変わった博物館と学芸員とバイトの物語。 (表紙イラスト:如月簓様) 【おしらせ】 4章から1話あたりの文字数を変更しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間0分

    この作品を読む

  • 天使の為に鐘は鳴る

    出会いの物語。

    24,700

    10


    2021年4月6日更新

    ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 千年に一度、 偉大な鐘の音と共に、天使が舞い降りる。 天使は小さな奇跡を起こすという。 小さき奇跡は、やがて大きな奇跡となりて、 人々の心に豊かさを与えるだろう。 しかし、天使は厄災も呼び起こす。 だが、恐れる必要は無い。 偉大な天使と、その時代の従者達が、 厄災を払い、この地に安泰の時を築くだろう。 ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 天使伝説が息づく街『スタッツ・アンジェロ』。 この街で、鐘突きの仕事に勤しむ少年『アル・クーデルハルト』は、ある日、見慣れない少女と出会った。 なんとその少女は、自分が天使伝説の天使だと言うのだ。 今、少年と天使は出会い、 今までとは違う日常が始まろうとしていた。 これは、一人の少年と、一人の天使、 そして、愉快な街の人々の、奇跡な軌跡である。

    読了目安時間:2時間44分

    この作品を読む

  • 魔術可動式城塞 プルート・キングダム

    動く城にまつわるハイ・ファンタジー小説

    58,300

    1,300


    2021年4月4日更新

    クレヴァー・アノックライトは魔道具と呼ばれる古代の不思議な力を宿す道具を修理する技術屋を営む青年。 ある日、スクエルム王国の双子の姫君が目の前に現れ「ヴァッダニア王国の侵略によって国が危機に瀕している。自分たちの城をプルート・キングダムとして起動してほしい」と依頼される。それは悪魔の城と異名を取る強大な力を持つ巨大な戦車のような兵器だ。 いくら最高の技術師、城士(キャッスラー)の称号を持つ祖父から技術を学んだとはいえ、自分にそんなことができるかと悩むクレヴァー。 そんな時、かつての親友でヴァッダニア現国王エクドラが、祖父が直したプルート・キングダムを操り現れた。

    読了目安時間:2時間58分

    この作品を読む

  • 竜のこどもの物語

    黒の竜と異世界で――。

    45,400

    100


    2021年3月29日更新

    「その竜、ほんのちょこっと、おっちょこちょい――――」 【〜あらすじ〜】 主人公《平田 深那生》(ひらた みない) は、あとすこしで卒業を控える大学生。ちょっとだけつっ走りがちな彼は、ある日突然、異世界へと召喚される。 光の灯る闇のなか、そこで彼が目にしたもの――。それは、黒燐を纏(まと)い、紅い瞳で彼を見つめる、巨大な竜の姿だった……。 まるで、小説や映画にでも出てきそうなその竜は、彼の無事を確認。すると魔法で、美しい女性の姿に変身し、すこし、緊張しながらこう告げる――。 「……ぬしよ。わしの『息子』になってはくれぬか……」 「……へ?」 ……これは、彼と竜とが織りなす、魔法の世界の物語――。 いきなり呼ばれた異世界で、『竜のこども』になる彼に、いったい、どんな出会いがあるのだろうか……? ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ※【R -15】表現について。 → リアルな感じでいきたいのですが、『なるべく少なめに』書いていく予定です。 ・・・ 内容は、王道展開に持っていく予定の長編作品です。 「序章」では、主人公と竜の出会いから、その仲を深めていくまでを描いています。 ・・・ 「バトル要素」は、外伝にてお試しですこし。【※035[其の伍]熊】にて――。 ちなみに外伝は、講談を意識してチャレンジしてみてます。 本編でのバトルは、「第1章」からの予定です。 ・・・ ※外伝が完結しました。【031〜041】にあります。(2021/02/23。全11話。) ※序章が完結しました。【001〜030、042〜055】にあります。 (2021/03/27。全41話、番外編2話、幕間1話。) ・・・ ※ただいま、のんびり改行工事中デス……。 → 終了!2021/04/11。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間46分

    この作品を読む