プロフィール

140字小説の「140字のふたり」を、ノベプラとカクヨムで連載中。 あと、長編の「こらぼれーしょん ――協同恋愛小説――」を、カクヨムに連載中。 こちらも読みに来ていただけるとありがたいです。

ブックマーク

一覧

  • 昔あげた「なんでも言うコト聞く券」のせいで、幼馴染から婚約を迫られているのだが

    幼馴染とイチャイチャする!

    4,000

    0


    2021年10月23日更新

    ある日、俺は幼馴染から結婚を迫られた。 彼女とは付き合ってすらないただの友人の間柄。 当然戸惑ったし、もちろん断る方面で話を進めた。 けれど、幼馴染は昔あげた「なんでも言うコト聞く券」を使うと言い出して‥‥‥。

    読了目安時間:1時間4分

    この作品を読む

  • 追憶の先のレジューム〜扮装する王様と記憶を失くした魔法士の恋物語〜(旧どうやら王様)

    【レジューム】再び始めること

    52,550

    375


    2021年10月22日更新

    マギア王国の国家魔法士ルーシーは、3ヶ月ほど前から大学生のテナーと付き合っている。 彼女は温厚な性格で、人見知りしやすいタイプの女性だが、この世界で最高位の魔法士だ。 彼女は、生まれてこの方25年恋人がいたことが無かったので、2人の交際は手を繋ぐのでやっとという、傍目から見たら甘酸っぱいものだった。 本音を言えば彼女は、彼との交際をもう少し進めたいと思っているのだが、彼は特にそうでもない様子。 というのも、彼には事情があって彼自身彼女との関係を自分から踏み込めないからだった。 さて、マギア王国には6年ほど前に即位した国王がいる。 彼の生まれた時につけられた名前はレオンハルト。身近な人たちからはレオンと呼ばれている。現在28歳で大陸では珍しい独身の国王だ。 彼は国民ないし、非公式だがファンクラブの会員が世界中に何千人といる程、大衆からの人気が高かった。 そんな彼には、現在悩みが2つある。 1つは、3年ほど前から自国の東南部の森林に魔物が出現し始めたことである。 と言うのも魔物は500年程前にこの世界から何故か姿を消していたが、再び現れるようになってしまったのだ。 2つは……好きな女性と自分の素性を隠して交際をしていることである。 と言うのも彼はその女性から「圧が強い・無表情」と敬遠されていて、素の自分のままだと会話もままならかった。 そういった事情があり、彼は高位の魔法である扮装魔法で「テナー」に扮装し彼女と接し付き合うことになるのだった。 ────つまり、ルーシーが付き合っている大学生は実は王様だったのだ。 ⭐︎現在は、月・水・金曜日のの21時に1話毎載せています。お付き合いいただけたら嬉しいです。 ⭐︎ちなみに、今作は題名が長いので、作者は「どうやら王様」と略しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間9分

    この作品を読む

  • 100文字ショート

    100文字きっかりです。

    293,980

    120


    2021年10月22日更新

    小説を書く力を取り戻す為のリハビリとしてTwitterに投稿を始めたのが、この作品を創るきっかけになりました。タイトルも含めて、100文字完結型の短編集です。誰もがやったことがあるだろう日常の失敗、勘違い、自慢などを100文字にまとめてみました。皆さんにクスッと笑ってもらえる作品を目指します。 ※モバスペにも掲載しております。

    読了目安時間:1時間18分

    この作品を読む

  • 【BL】親友だった僕達は

    男子高校生のピュアラブストーリー

    3,800

    0


    2021年10月22日更新

    「僕の好きな人、その……男なんだ」 「……え?」 その衝撃的な告白をしたのは、小学生の頃からの親友だった。 主人公:中本 遊星(なかもと ゆうせい) 高一 明るくて、真っ直ぐな性格 親友:七瀬 透(ななせ とおる)高一 落ち着いた雰囲気のイケメン ふたりは小学生の頃からの友達。中学、高校と同じ学校に通っている。 主人公の遊星は男性を好きになった事がない、いわゆるノーマル。だが同性愛について特に否定的な考えはなかった。そんな彼がある日、親友の透に「自分の好きな人が男である」と告白される。戸惑い、どう接していいか分からない主人公。自分の同性愛者に対する本当の考えや気持ちに気付いて愕然とする。 その後、透の心の内を知り、知られざる心の傷に気付かされていく。大切な存在の透に自分がどう関わればいいのか悩む遊星。ところが、あの告白から透がいつもと違って見える。気のせいなのか、透が変わったのか……。 透は誰にも心の中を打ち明けられない。仮面を被って生きてきた。そんな中、僕の事を受け入れてくれそうな人が現れる。気付いたら好きになっていた。でも、その人は男の人だった。本当はその事を遊星に打ち明けるつもりなんてなかった。なのに……。 僕は遊星みたいにはなれない。遊星に僕の事は理解できない。遊星との間に壁を感じる。それでも友達でいたい。離れたくない。 二人の関係はあの告白から徐々に変わっていく。 シリアスなストーリー展開になりますので、番外編として、ちょっと笑える小話など入れる予定です。 ※BOYSFANコン参加作品、テーマ「バディ」

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • この悪辣な天秤を心に宿して

    友情と恋心――親友への矛盾するこの気持ち

    444,000

    37,068


    2021年10月21日更新

    高校二年生の高野凛子(たかの りんこ)はある日の放課後、教室内で騒ぐ男子たちの会話を偶然耳にする。 そして「クラスのイケメン男子が一ヶ月後の夏祭りにて、親友の蘭奈(らんな)ちゃんに告白予定」との情報を知ってしまう。 実は、凛子は密かにその蘭奈ちゃんに恋心を抱いていたが、親友&幼馴染である彼女にはその気持をひた隠しにしていた。 恋する相手が誰かと付き合うのは嫌だ。でも、この気持は決して彼女には伝えられない――! どうするべきか葛藤する凛子の前に、一人の魔女が驚きの提案をもって現れる。 「貴女のその人格を【友情】と【恋心】の二つの人格に分離してあげる! お互い争い合って、各自の望む結末を目指しなさい!」 魔女の提案する争いのルールは以下の通り――。 ・毎朝の起床時にランダムで人格が決まる。選ばれた人格は終日、行動する権利を得る。 ・一ヶ月後の夏祭りにて、蘭奈ちゃんがイケメン男子の告白を受け入れるか否かで勝敗を決する。 凛子は魔女からの提案を受け入れ、 【友情】の人格時には彼氏が出来るように応援し、 【恋心】の人格時には彼氏が出来ないよう妨害する、 という矛盾に満ちた日々を送ることになる。 ――この争いの結末は、魔女も知らない。 ♪♭♪♭♪♭ イラストは小西たま様に制作いただきました。 第22話『勉強会の終わりと、幸せな休息【♪】』のラストシーンです。このエピソードには大きいサイズのイラストを掲載しています。 無断転載・無断利用はしないようお願いします。 ♪♭♪♭♪♭ 私が大好きな要素をたくさん詰め込んでいます! 女の子たちの可愛い仕草や会話、ソフトな百合、心理戦、謎解き、ヒロインの葛藤&成長、そして アツい展開もあります! 予想ができないヒネクレた展開をお楽しみください。 ♪♭♪♭♪♭ 毎週 火、木、土、日の 19 :30 頃 投稿予定です! たまーに、他の曜日にも追加で投稿します (。・・。)

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:10時間40分

    この作品を読む