プロフィール

為になる小説を書いていこうと思います。短編集なので、基本的にどこから読んでもOKです。少しでも良いのでコメントや応援いただけると嬉しいなー! 最近やや忙しめの日々ですが、できるだけ皆さんの執筆されたものも読ませていただきたいと思っています。読んだら出来るだけ何か残します。 Twitter:@hoshino_1025a

ブックマーク

一覧

  • お電話ありがとうございます。中の人です。

    コールセンター中の人×創作のヒント!?

    222,625

    3,880


    2021年11月30日更新

    コールセンター業界で20余年。おはようからガチャ切りまで、暮らしを見つめる東十条の提供でお送りいたします。 『お電話ありがとうございます。』から始まる、見えない相手を想像し続けた毎日。ある時は料理人。またある時は営業、そしてマーケター。 そうした経験が、皆さまの創作における何らかのヒントになるかも!?と思い立ちました!

    読了目安時間:51分

    この作品を読む

  • 物書きの備忘録

    間違えやすい言葉を書き残していきます

    111,700

    164


    2021年11月30日更新

    異字同訓、重言、誤字誤用は自覚しているよりも沢山あったりします。 自分が良く間違えたり、ややこしいと思う言葉の備忘録。 自戒の為に書き留めておきます。 【サブタイの★に関して】 特に普段使いで間違えてそうなモノに付けておく事にします。 【更新情報】 月曜~金曜、朝と夜の二回更新

    読了目安時間:1時間10分

    この作品を読む

  • 介護職の闇 姑息なイジメ最低!

    裏仕事の介護職 イジメの嵐

    100

    0


    2021年11月25日更新

    表舞台では無い介護職。 職員同士のイジメは最悪なモノです。 中には泥棒も、、 ニュースになった事件もありますが、本当に存在するのです。 女ならではの卑劣なイジメ。 是非、覗いて下さい。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 薫野みるく式小説の書き方

    BOOTH限定セール中です!

    215,800

    540


    2021年11月11日更新

    バーチャル作家の薫野みるくです。 私は十数年ほど小説を書いてきましたが、本を読んだことはほとんどありません。 小説をいくら読んだところで、感覚が鈍ければ文章は稚拙なまま。 では、どうすればいいのか? 文法の「なぜ」と、「心理的アプローチ」を理解し、自分のものにしていくことです。 まあまあ、あとは本文で。 発売中の電子書籍『薫野みるく式小説の書き方』(KindleとBOOTH) からの一部抜粋と、ノベプラ限定エッセイです。 表紙&キャラクターデザイン:ひとみゃん様

    読了目安時間:1時間49分

    この作品を読む

  • お魚から学ぶ創作ネタ集!

    魚の世界はリアルなファンタジーです。

    69,000

    100


    2021年3月25日更新

    ※これは小説ではないので、気になる項目からお読みいただければと思います。 突然ですが、「ファンタジー」の面白さって何だと思いますか? 僕は、現実の常識がファンタジーだと非常識である。というギャップが、面白さの1つだと思います。 そして実は、現実世界にもこのギャップってあるんですよ。 はっきり言います。 人間を含む陸上生物の常識は、海の中では非常識です。 太古から命を育み、進化の宝庫だった海。 そこには昆虫の世界にも引けを取らない程の「多様性」があり、多岐にわたる生存戦略があります。 その結果、ファンタジー世界の生き物にそのまま使えそうな生態を持つ生物も少なくありません。 ドラゴン、天使、ユニコーン、エイリアン、ワーム、トラップ床、スナイパー、空飛ぶ十字架、不老不死、星を睨む者…等。この程度の呼名、あるいはモデルとなった生物はごくごく普通に実在しています。 世界一毛深い動物、世界一妊娠期間が長い脊椎動物、世界一子育て期間が短い動物、生物学者が「世界最強」と呼ぶ生物、世界最高性能の目を持つ生き物…等。まさに「バケモノ」と呼ぶに相応しい世界一の生物も揃ってます。 ファンタジー作家さんがファンタジー世界を構築するヒントになりそうな生物を、『ネタの使用例』と『検索ワード』と共にご紹介。 ここで得た知識やネタは、皆様の作品でバンバン利用していただければと思います。 ※権利の問題もあるので、紹介する生物の写真は一切載せません。 もし本当に気になる生物が見つかった場合は、『検索ワード』を参考に検索してください。 お手数をおかけしますが、よろしくおねがいします。

    読了目安時間:2時間15分

    この作品を読む