プロフィール

短編好きの創作者です。BL・友情・暗めの純文・異世界ファンタジー・ゆるSFが好き! よろしくお願いいたします。 本拠地はサイト→https://plus.fm-p.jp/u/shellvio

ブックマーク

一覧

  • コズミックトラベラー

    子連れ宇宙産異形頭ロボの為戦う少年少女達

    13,000

    0


    2021年4月13日更新

    流星群の降る夜。裏山へ落下する謎の光を目撃した宮沢 美月は、体は男性、頭部がブラウン管テレビのロボットと出会う。 ココロという赤ちゃんを連れた、宇宙から来たロボット〈ハル〉に美月は戸惑いつつも、無感情で物知りなハルと友達になろうとする。 だが、そんな美月の前に、ハルを狙う“敵組織”が現れる。 ハルが作ったという道具の力により変身をした美月は、戦ってどうにか刺客を退ける。 「私達は、追われている身なんだ」 「どうか、私達を守ってはくれないか」 ハルが打ち明けた通り、敵組織の刺客達は次々と襲いかかる。 しかし一方で、少しずつ仲間も集まっていく。 壊れた宇宙船が直るまでの間、そんな仲間達と共に日常や冒険、ときに戦いの日々を過ごす、ヒューマンドラマ×ジュブナイル小説。 「人は、皆旅人だ」 ――地球人も、宇宙人も。人間も、ロボットも 。―― 【cosmic】宇宙の、宇宙的規模の、宇宙を思わせるように神秘的な 【traveler】旅人、旅行者 毎日更新中! ※Part1以外は、基本的に1章(1Chapter)完結です。 ※科学の専門知識などは一切必要ありません。 ※戦闘シーンがありますが、グロテスクなどの過激描写はありません。 ※この物語は、実在する人物、団体、名称等とは一切関係がありません。 ※特定の団体や個人の思想及び主張を、批判または推奨するものではありません。 ※カクヨム、小説家になろうにも同作品を掲載しています。 ※表紙画像は、表紙メーカー様で作ったものを使用しています。

    読了目安時間:23時間0分

    この作品を読む

  • ひとしれずこそ

    高校2年生の夏休み、俺は恋を自覚した。

    30,690

    100


    2021年4月12日更新

    高校2年生の夏休み、俺は恋を自覚した。 高校生の夏由(なつゆき)が恋をした相手は、友人の悠翔(ゆうと)だった。 悠翔からも自分の気持ちからも逃げる夏由。 夏由の態度を不審に思い、夏由から少し距離を取り始める悠翔。 二人は友人ではいられなくなってゆく。 夏休みから始まる、恋と進路に揺れる物語。 スピンオフ「むかしはものを」完結しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • 贖いのオリキュレール

    満身創痍の魔術師と、蝶の少女の物語

    81,419

    0


    2021年3月14日更新

    【3/14 第五章:神亡き闇にて 完結】 あらゆるものを喰らう巨大な蠅グレゴ。突如世界に現れた不死身のそれは、街や村を襲って人間をも食い散らかした。 かつては優秀な魔術師であったものの、大怪我のためにその力のほとんどを失ったパウは、グレゴを追って旅をする。グレゴを生み出すきっかけを作ってしまった故に。自身を裏切った師匠ベラーの企みを阻止するために。そして青い蝶に償うために。 感想・応援ありがとうございます。大変励みになります。 次回更新予定【現在第六章プロット制作中、5月半ば頃には連載再開したいと思います】 ※縦組み表示推奨。その方が読みやすいかと思います。 ※連載中は週一更新、日曜日に更新していく予定です。 ※物語全体の構成はぼんやりとできています。全部で九章~十章になる予定です。 ※カクヨムでも連載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間20分

    この作品を読む

  • 転生勇姫

    おっさん勇者はプリンセスに転生しました。

    11,200

    0


    2021年2月7日更新

    世界を救った伝説の勇者の次なる生はお姫様でした、が旧タイトル。 つまりはそういうお話です。内容が内容なのでいろいろ注意。中身がおっさんなお姫様とか。 乙女ゲームっぽさを目指していたつもりがどうしてこうなった感。一部挿絵つきです! 要素として一応含まれているためTSタグをつけています。 ちょっとしたラブコメ要素はありますがエロはありません。 話数・文字数の関係で長編になっておりますが軽くてゆるーいお話です。

    読了目安時間:3時間21分

    この作品を読む

  • 魚は空を泳いでいた

    お魚が空を飛ぶ世界の冒険譚

    600

    0


    2021年1月30日更新

    魚が空を泳いでは、足元に影を落として去っていく。 魔法も力もあるのに、どこか救われない。 これは、そんな世界の冒険譚。 人里離れた池のほとり、一軒の小屋があった。 そこで暮らしていた猫獣人のコハクと小柄な狼のライム。 二人がいつものように朝食をとっていると、咆哮のような声があたりに響く。 急いで向かうと、そこには大口を開けた怪物と、それに対峙する二人の少女。 ひょんなことからその少女たちと旅をすることとなったコハクとライム。 人外と人間の旅が始まった。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間20分

    この作品を読む