プロフィール

SFジャンルばかりを書いているモノです。 主にパソコンを用いて作業しています。 まだまだ未熟なところもありますがよろしくお願いします。

ブックマーク

一覧

  • 最強の女騎士さんは、休みの日の過ごし方を知りたい。

    彼女は知る。休日を満喫するという事を――

    336,071

    4,970


    2022年8月14日更新

    ―― 王国歴 221年。 世は混迷を極めていた。 魔物、魔獣の襲撃に王国の防御は疲弊し、民の恐怖は限界に達す。 その混乱の世に、光が差し込む。 王国騎士団。 剣技、知略、諜報に優れたその集団の活躍は瞬く間に国全土に広がり、平和と安寧をもたらすのであった。 エリートばかりの騎士団の中での、絶対的エースの存在がその活躍の源。 ルーティア・フォエル。別名『稲光の騎士』。 雷光のように鋭く、伸びる穂先のように枝分かれする華麗な剣技を持つその騎士は――女性であった。 これは、彼女の闘いの―― ――ではなく。 彼女の、『休日』との闘いの記録である。 生まれも育ちも城で育った彼女は、幼い頃から国のために剣技に明け暮れていた。 そのため、彼女は『休む』事を知らない。自分の身体は国のため、民のためにあると、信じていた。 しかし、国王の心配は増すばかり。 若く美しい女騎士は、未だに自分の人生を全くといっていいほど謳歌していないのであった。 国王は告げる。「休日を満喫する事」を。 そして、王国からの刺客により、ルーティアは知るのだった。 ――『休日』を。 ※この作品の世界観は『極めて現代日本に近いファンタジー世界』です。緩い目で見ていただけると幸いです。 ※一話につき七分割しています。不定期連載となっております。 ※この小説は他サイトと重複投稿を行っております。 ※表紙イラストは ゆせーぺん さん(@glenlivet_speys)に描いていただきました!ありがとうございます。

    読了目安時間:9時間5分

    この作品を読む

  • 私、メリーさん。今、あなたと色んな物を食べているの

    特に、お味噌汁と唐揚げが好きなの

    90,088

    88


    2022年8月14日更新

    「私、メリーさん。今日、不思議な人間に出会ったの」 都市伝説であるメリーさんが出会ったのは、背後に立っても慄かず、一杯の味噌汁を差し出してきた人間。 その味噌汁を飲んだメリーさんは、初めて食べた料理に衝撃を受け、もっと色んな料理を食べてみたいと願い始めた。 片や、毎日を生き延びるべく、試行錯誤を繰り返す楽天家な人間。 片や、ただ料理を食べたいが為だけに、殺す事が出来ない人間の家に毎日現れる都市伝説。 互いに嚙み合わないずれた思考が平行線のまま続くも、一つの思いだけが重なっていく日常。

    読了目安時間:3時間36分

    この作品を読む

  • 食育勇者の三姉妹~美味しく楽しく食事ができれば、絶対できる最強奥義!~

    少女は食べて、強くなる!

    426,866

    785


    2022年8月14日更新

    ※夜中に見ると、お腹が絶大に空く危険性がございます。お気を付けくださいませ。 俺は引き籠りの高校二年生、天城 翔(あまぎ しょう)。コンビニへと昼飯を買いに行った帰りに異世界転移してしまった。 異世界の森で不思議な化け物に追い掛けられる最中、空腹で倒れていた女剣士に遭遇する。 持っていた弁当を食べさせると、彼女は突然人が変わったように化物へと立ち向かう。多彩で不思議で、強力な技の数々を駆使していった。 どうやら、彼女は食物の特徴、調理法、風習、言い伝え、イメージに関係して様々な攻撃ができるようになるらしい。 気が付くと、俺は何故か元の世界に戻っていて。元の暮らしをしているうちに二回目の異世界転移。また女剣士に逢うこととなる。 彼女の世界で紹介されたのが、森で逢った女剣士レディアを次女とする食育勇者の三姉妹。 三人は、この世界を支配する魔王を倒せる唯一の存在だったのだ。 魔王討伐を目指すため、俺は援護。三姉妹は化物を、食物が成せる奇跡の技で倒していく。 今話題、テイクアウトが炸裂! 時に涙あり笑いありの日帰りファンタジー! 表紙は海乃エメ様に描いていただきました。

    読了目安時間:20時間47分

    この作品を読む

  • 星屑のアーティファクト

    かつて世界を救った小さな機械達と少年の話

    881,451

    89,000


    2022年8月14日更新

    かつて世界を救った、とある小さな人型の機械達がいた。 一度は英雄として称えられた彼らだったが、再び戦争が起こる事を恐れた人々の手によって、記憶は消し去られ、遠く離れた荒廃した星に隔離されてしまった。 数百年の時が経ち、宇宙戦争も忘れ去られた頃、惑星運送業を営む少年レイが、彼らが隔離されている星に不時着してしまう。 宇宙船も故障し絶望的な状況下、レイはガラクタの寄せ集めで作られた小さな人型ロボット『N2』と出会う。 ※カクヨム、小説家になろうにも同作品を掲載しています。

    読了目安時間:8時間41分

    この作品を読む

  • LODGER

    近未来×学園×異能バトル

    17,660

    10


    2022年8月14日更新

    2079年2月3日、或る情報が米国より非公開で日本へ共有された情報に一同は驚嘆した。 今から十年前、2069年8月15日から18日午前にかけて米国西海岸の企業群を対象に発生した通信設備及び、電子計算機郡の大規模障害について、原因は代替保守が困難となったハードウェアの経年劣化による動作不良に起因したものとされていたが、真相はまるで信じがたいものだった。 超常的能力を持った「外次元からの生命体」の存在と関与であること、超常的能力を人類に共有することで身体を共有できることを明らかにした。 この一連の事象に関しては「外次元の生命体による身体能力の拡張および再構築(Lifeforms from Outer Dimension that Generate the physical ability to Expand and Reconstruct)」と命名。この名称の頭文字と、人類と一体化し潜伏する彼らを「現世の間借人、居候」と言う意味を込めて「LODGER」と呼称するに至った。 秘密裏に全世界規模でLODGERが再来する兆候を調査していたが、ついにその兆候が日本で確認されたことが、この物語の発端である。 このLODGER(間借人)の出現が新たに確認されたのは、東京湾に制定された東京新区、超巨大人工浮島(メガフロート)に展開される次世代型海上学園都市だった。 この情報共有より一か月後、十年前の事件でLODGERの接触者となった海藤健輝(かいとう けんき)という十七歳の少年がこの都市に「転校生」として訪れる。一見、いつもと変わらない学園都市の日常に潜むLODGERとの衝突を繰り返しながら、彼らが人類に接触を開始した真相。そして、自分自身が背負う運命に立ち向かっていく。 反抗するのさ、奴らに何がわかるんだ。そう、僕たちは一日だけ英雄になれる。 【HJピックアップコン参加作品:近未来×学園×異能バトル】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む