プロフィール

ブックマーク

一覧

  • 黒き龍の香術師~偽りの婚約者、承ります~

    香術師の恋と仕事の和風ファンタジーです!

    28,650

    5


    2022年10月5日更新

    妖術大国【カイドウ帝国】の田舎町――ある夜のこと。 調香屋を営む神代アオバのもとに帝国軍【黒龍隊】の総長・院瀬見シュロが「腕が取れた」と店に駆け込んできた。 院瀬見は両腕がなく、妖術を施した特殊な義腕を身につけていた。知り得る妖術で彼の義手を直していた最中、突如アオバの店に領主の家臣達が押し掛けてきた。話を聞けば、養父が借金返済のために【店】と【アオバ】を領主に売り渡したという。おまけに領主のバカ息子がアオバを嫁にするとまで言い出す始末。 行く宛てを失った上に、大嫌いな領主の息子の嫁にされそうなアオバに、院瀬見はある提案をもちかける。アオバは住む場所を得るため、院瀬見に協力することになる。 香と妖術を操る【香術師(こうじゅつし)】アオバの、恋×仕事×妖術の和風ファンタジーです。

    読了目安時間:4時間3分

    この作品を読む

  • 紀尾井坂ノスタルジック

    明治舞台!子爵家令息と男爵令嬢

    268,810

    6,860


    2022年10月5日更新

    士農工商の身分制度は、御一新により変化した。 元公家出身の堂上華族、大名家の大名華族、勲功から身分を得た新華族。 明治25年4月、英国視察を終えた官の一行が帰国した。その中には1年前、初恋を成就させる為に宮家との縁談を断った子爵家の従五位、田中光留がいた。 日本に帰ったら1番に、あの方に逢いに行くと断言していた光留の耳に入ってきた噂は、恋い焦がれた尾井坂男爵家の晃子の婚約が整ったというものだった。 ★『紀尾井坂ノスタルジック夜話』の本編になります! ★いつものごとく カテに迷いありですが、文芸も砕けたヤツとかキャラ文芸とか、いろいろあるそうなので、もういいや!と文芸にしました。 ★ざまぁ とかじゃないです。

    読了目安時間:3時間9分

    この作品を読む

  • BACKWORKER'S ROCK

    バディ×アクション×クリーチャー

    389,100

    1,210


    2022年10月1日更新

    “メメント”と呼ばれる異形が闇に跋扈する世界。裏稼業〈異法者〉の青年エヴァン・ファブレルは、相棒レジーニとともに人知れずメメントと戦う日々を送っている。エヴァンはメメント討伐のために強化された戦闘員〈マキニアン〉だが、記憶の一部を失っていた。 ある日、メメントを任意に生み出している疑いのある無法集団が現れ、エヴァンとレジーニはその調査に乗り出す。集団の正体は脱走した囚人たちだと突き止めたが、そのリーダー格の男は過去のエヴァンを知るマキニアンだった。 洋画テイストの爽快バディ・アクション小説。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:25時間35分

    この作品を読む

  • 常世の狭間

    此処は 現し世 と 常世の狭間 にて。

    1,027,343

    17,359


    2022年7月12日更新

    辿り着ける者と、そうでない者がいるらしい。 畦道を進むと広がる光景は、人それぞれ。 山の洞窟、あばら家か? それとも絢爛豪華な朱の御殿か? 中で待つのは、人か?幽鬼か?はたまた神か? ご覧候え、 ここは、現し世か? それとも、常世か? 【1・あらすじ】 畦道に立つ芳乃は、突然現れた男・太郎の勧めるまま、山に入った。 闇夜に一斉に灯る人魂のような篝火に導かれ、足を踏み入れたのは竜宮のような朱の御殿。 迎え入れたのは、この世ならざる亡者だった。 【2・あらすじ】 悦楽をあつむる聚楽第に住まう関白は、遠い昔の夢をみた。それは、関白を慕った並ぶ者なき美貌の小姓。 ◆表紙◆ 夜市さまに描いて頂きました。 ◆セルフレイティング◆ 大丈夫と思いますが念のため。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間1分

    この作品を読む