プロフィール

がんばろー。 アームズミニコンをキッカケに登録しました。 ミステリーの作品更新を主軸に色々書いてます。 提供ホビージャパンさんということで、かつての恩を返す為にもプラモも造って記事をあげてます。 これでも執筆歴は八年です。

ブックマーク

一覧

  • ノベプラ堂書店へようこそ。 貴方のオススメ作品を教えてくれませんか?

    ノベプラの作品紹介です。

    292,001

    4,658


    2021年5月16日更新

    舞台等の台本風にノベルアップ+の作品を紹介して見ようと思います。 以下本文より改変及びに一部抜粋。 制服姿の二人の少女が公園のベンチで話をしている。 少女1「ねぇ、ノベプラ堂って本屋なんだけど、知ってる? そこ本屋なのに本が置いて無いんだってー」 少女2「なにそれ、本屋じゃ無いでしょそれ」 少女1「でもね、行った人は面白い作品に出会えたって、みんな言ってるらしいよ」 少女2「ますます分からん」 首を傾げる少女2 少女1「ニーはそうゆーの好きでしょ。少し不思議なの」 ニーと呼ばれた少女「確かに好きだけど、どこにあるのよ、そのナンタラ堂ってのは」 少女1「どこにでもあって、どこにもないって聞いたから、ニーに話したんだよ。アタシも気になるからそーゆーのに強いニーならなにか分かるかなって」 ニーと呼ばれた少女「シンプルに考えればネットかな? スマホが通じれば『あるし』スマホが無ければ『無い』になるでしょ」 少女1「あっそっか! んじゃ探そうか? ノベプラ堂」 ニーと呼ばれた少女「ハイハイ、検索検索、あーも検索しなさいよね」 アーと呼ばれた少女「はーいって、あれ? なんかマップが出たんだけど、どうする?」 ナレーション「 不思議な本屋『ノベプラ堂』を探し出した少女達。 少女達が『ノベプラ堂』で見たモノとは」 表紙に『藤原 アオイ』さんから頂いたイラストを使用しております。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間26分

    この作品を読む

  • 開催するかも知れない自主企画『子供と楽しむ作品コンテスト』の件について?

    やるかも知れない自主企画の準備

    52,200

    85


    2021年5月14日更新

    以前、ノベプラで掲載しているブログで『連載中の長編が完結したら自主企画を立ち上げるかも』と書いたのですが、皆さまにアンケートや相談をする為の準備ページを作ってみました。

    読了目安時間:1時間4分

    この作品を読む

  • 灰の執行人/不死殺しグレー

    疑うなら尚更信じるべきだろう?

    2,400

    0


    2021年5月14日更新

    ※この物語は特異能力が登場するサスペンスフィクションです。実際の人物、団体とは一切関係はありません。 立会職員である『及川』は6ヶ月前に死刑を言い渡された受刑者『真邊立花』と共に拘置所内の面会室を訪れる。 “不死殺し”を主張する彼女の前に現れたのは灰色の髪を持ち、特異能力を持つ受刑者を請け負う執行人『加賀谷暦音』であった。 「私は——不老不死です」 自らを不老不死と告げた真邊を待つ結末とは。 コロナ禍の日本を舞台に挑んだ自身初のミステリー短編。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 神装戦騎ザンバスター

    これは、小説のための「小説」である。

    81,100

    210


    2021年5月13日更新

    自分の考える、「メタフィクション」の表現と、その手法についての実験場です。 いちおう、R15相当とさせていただきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間2分

    この作品を読む

  • ヒーローは1日にして成らず?

    ★5/11更新『漫画を読む様に小説を』

    583,700

    29,905


    2021年5月10日更新

    ★先に言っておきます! これはコメディですッ!!★ ☆みんなを笑わせたいのだ!!!☆ ◤◢◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢ 右上の『最新話を読む』ボタンで案内される話は最新話ではありません! お手数ですが、目次を下って頂き、【★NEW★】と冒頭に打ってあるタイトルをご覧下さい(・∀・) ==================== 例えばさ、『変身願望』って言葉があるじゃん? 小さい頃なんかだと変身ヒーローとか、大人なんかは今の自分を変えたい、とか。まあ色々さ。けどそれはやっぱり願望であって、願ってはいるけど頭のどっかでは「無理ではあるけど」みたいな一文がくっついてると思うんだよね。 でもそれって普通の事で、現実に対してそういった空想があって、そんでもって今とバランスを取ってるって言うやつ? まあ早い話が、俺はこの日常が嫌いじゃないんだよね。別に変わって欲しいとかは望んでなかった。 けれど。 空想出来る事は起こり得る未来の可能性…ってヤツが、ラッパを鳴らして登場しちゃったら? その時、俺達に選べる選択肢って…そうあるのかな。 ==================== イラストで戦う相棒:とうま (https://twitter.com/ZqAiZkftprcAKcp)

    読了目安時間:2時間58分

    この作品を読む