プロフィール

女子高生

氷口雪

Lv   :13

作品数 :3

ジョブ :女子高生

称号  :超すすめびと

アバター:女子高生

レビュアーポイント:0pt

がんばろー。 アームズミニコンをキッカケに登録しました。 ノペプラさんの読者層向けの手持ち作品は無さそう…

ブックマーク

一覧

  • 合法ショタが戦争に勝ち抜くお話

    ♡37,400

    〇1,000

    異世界ファンタジー・連載中・350話 金華高乃

    2020年4月7日更新

    死んだはずの僕が蘇ったのは異世界。しかもソーシャルゲームのように武器を召喚し激レア武器を持つ強者に軍戦略が依存している世界だった。 前世、高槻亮(たかつきあきら)は21世紀を生きた日本陸軍特殊部隊の軍人だった。しかし彼の率いる部隊は不測の事態で全滅してしまい、自身も命を失ってしまう。 しかし、目を覚ますとそこは地球とは違う世界だった。 二度目の人生は異世界。 彼は軍人貴族の長男アカツキ・ノースロードという、二十二歳にも関わらず十代前半程度でしかも女性と見間違えられるような外見の青年として生きていくこととなる。運命のイタズラか、二度目の人生も軍人だったのだ。 だが、この異世界は問題があり過ぎた。 魔法が使えるのはいい。むしろ便利だ。 技術水準は産業革命期付近。銃等の兵器類も著しい発展を迎える頃だから大歓迎であろう。 しかし、戦術レベルなら単独で戦況をひっくり返せる武器がソーシャルゲームのガチャのように出現するのはどういうことなのか。確率もゲームなら運営に批判殺到の超低出現確率。当然ガチャには石が必要で、最上位のレア武器を手に入れられるのはほんのひと握りだけ。しかし、相応しい威力を持つからかどの国も慢心が酷かった。彼の所属するアルネシア連合王国も他国よりはマシとは言え安全保障は召喚武器に依存していた。 近年は平穏とはいえ、敵国の妖魔帝国軍は健在だと言うのに……。 彼は思う。もし戦争になったらガチャ武器に依存したこの世界の軍では勝てない。だから、改革を進めよう。 これは、前世も今世も軍人である一人の男と世界を描いた物語。 イラスト:伊於様(Twitter:io_xxxx)

  • ゲームへの思いは半端じゃない。

    ♡34,700

    〇0

    エッセイ/コラム/評論・連載中・21話 みれにん

    2020年4月7日更新

    めまぐるしく移り変わるゲームたちとともに青春時代を過ごした筆者が、 時には熱く! 時にはだらだらと…… ゲームへの思いをつづるエッセイです。 あなたの思いもぜひともコメント欄にぶちまけちゃってください! 各話タイトルの後ろにテーマを記載しました。 気になるテーマからでもどうぞ! 【イラスト】 神無宇宙さま http://zrgt.net

  • 百合とチョコレート、そして三角関係

    ♡106,400

    〇40

    恋愛/ラブコメ・連載中・45話 黒川くろし

    2020年4月7日更新

    今日はバレンタインデー。 高校生になって【二度目】のバレンタインデー。こんな素敵な日に、私こと押切アオイはとても困っていた。どうしてこうなったんだろう。 今日は愛をチョコにかえて相手に届ける日。チョコをあげる相手に、性別は関係ない。 ということは逆もまた然り。私がもらったっておかしくない。 ――――目の前に差し出された二つのチョコ。 悩んでいる、困っている原因はこれ……。 こんなハッピーな日に似つかわしくない、二人の鬼気迫る表情。いま私は、究極の選択をせまられている。 すべては、ちょうど一年前の今日始まった。

  • 奪うモノですか?奪われるモノですか?

    ♡2,500

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・2話 革波 マク

    2020年4月6日更新

    色とりどりの欲望を飲み込む大都会『シブヤ』。 そこではXXX年に、神主が山賊を処刑した。 殺しても殺したりないと、神主は命を奪いながら山賊への再会を望む。 時が流れる。 チハヤは、自分は何者であるか葛藤し、疲弊し、自ら命を断とうとしたが失敗した。 もう一度試みる前に、最期の楽しみにと、シブヤにある喫茶店『LEO』にクラシックを聴きに行く。 心地よく眠りに堕ちた後、目覚めると鹿の頭蓋骨を被った大男に出会う。 彼は幽霊であり、シカという名と、山賊という通り名があったことを告げる。 そしてチハヤに「山賊の末裔、遠い娘だ」と明かす。 同時に、『ドウゲンの犬神』を呼び出す手伝いをしてほしいと願う。 その犬神は呼び出したモノの願いを、一つだけ叶える。 シカにとって犬神を呼び出し、姿を拝むだけで良い。 チハヤの願いごとを叶えられることを伝えた。 彼女は、しばらく考えて「安楽に死にたい。それが叶うなら手伝っても良い」と答えた。 シカは否定も肯定もせず、「その願いを叶えるまで、嬢ちゃんを守る」と誓う。 彼女と彼は契約を交わすことになる。 ドウゲンの犬神を呼び出す為には、シブヤで未練を残し、彷徨う3人の亡霊を成仏させることが必要だった。 犬神に会い、チハヤは、本当に願いを叶えてしまうのだろうか。 幽霊と自殺願望者の身長差コンビが、欲望渦巻くシブヤを駆け回ることになるのだった。 ※この作品は、『小説家になろう』様、『note』様にも掲載させて頂きます。

  • 絶対、未来を勝ち取ってやるんだからっ!

    ♡28,600

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・68話 餡《鶯埜餡》

    2020年4月6日更新

    ※甘い展開を望む方はブラウザバックおすすめです(恋愛要素は非常に薄いです)※ アリア・スフォルツァは名門公爵家令嬢(9歳)だが、ある日自分が転生者で、役割が『悪役令嬢』だという事を思い出す。 「ちょっとなんで私がこうなっているのよ」 転生先となったゲーム『Love or Dead~恋は駆け引きと共に~』では、一族もろとも没落するしかない未来。 「そんな未来は嫌だよ」 というで、待ち受けた未来を変えていくための奮闘記。なぜか大人の事情に巻き込まれたり、侍女たち(しかも身分的にはアリアの方が上)にいじめられるわ。 「いや、これ、本当に『アリア・スフォルツァ』の未来なのかしらね。攻略対象たちも全然性格違うし」 プレイしていたゲームと全く違う状況の中で、アリアはどんな結末を迎えるのか。 ※巻き込み側の事情により、『登場人物たちの年齢』≠『行動 or 精神年齢』となっています。 ※同タイトル自作品(完結済み)の改稿版です(副題・一部設定を変更しております)。 ※小説家になろう、マグネット、LINEノベルにてほぼ同時掲載します。 ※魔法は出てきません。