プロフィール

2022/2/3 『ベンチの星は輝かない』で主人公の妹役の美里愛唯(メイちゃん)が、小説を飛び出してツイッターを始めました!      元気いっぱいのメイちゃんをフォローしてあげてください。      ※ メイちゃん(美里愛唯)お笑いアイドル 【@MMei_ComedyIdol】 どこにでもいる会社員です。非IT系の会社で、IT系の仕事をしています。いわゆる「社内SE」ってヤツです。 理系人間の私がこんなバリバリ文系のサイトにユーザ登録することになるとは、世も末ですね。 そんな私が自身の「作風」など語るのもおこがましいですが、読み終わった後に温かい気持ちになれるようなストーリーを心掛けています。 あとは・・・執筆時に流行っている「良いもの」「悪いもの」を文中に散りばめて、楽しく読めるように工夫するところですかね。 とにかく、お読みいただいた方に楽しんでもらえればそれで満足です。

ブックマーク

一覧

  • 食育勇者の三姉妹~美味しく楽しく食事ができれば、絶対できる最強奥義!~

    少女は食べて、強くなる!

    972,899

    3,042


    2023年2月7日更新

    ※夜中に見ると、お腹が絶大に空く危険性がございます。お気を付けくださいませ。 俺は引き籠りの男子高校生、天城 翔(あまぎ しょう)。コンビニへと昼飯を買いに行った帰りに異世界転移してしまった。 異世界の森で不思議な化け物に追い掛けられる最中、空腹で倒れていた女剣士に遭遇する。 持っていた弁当を食べさせると、彼女は突然人が変わったように化物へと立ち向かう。多彩で不思議で、強力な技の数々を駆使していった。 どうやら、彼女は食物の特徴、調理法、風習、言い伝え、イメージに関係して様々な攻撃ができるようになるらしい。 気が付くと、俺は何故か元の世界に戻っていて。元の暮らしをしているうちに二回目の異世界転移。また女剣士に逢うこととなる。 彼女の世界で紹介されたのが、森で逢った女剣士レディアを次女とする食育勇者の三姉妹。 三人は、この世界を支配する魔王を倒せる唯一の存在だったのだ。 魔王討伐を目指すため、俺は援護。三姉妹は化物を、食物が成せる奇跡の技で倒していく。 今話題、テイクアウトが炸裂! 時に涙あり笑いありの日帰りファンタジー! 表紙は海乃エメ様に描いていただきました。

    読了目安時間:34時間17分

    この作品を読む

  • トホホの雑記 パーキンソン病の事 ノベプラ活動の事 

    たまに投稿します。

    1,031,970

    812


    2023年2月6日更新

    イラストを、みどりちゃ緑ちゃ様よりいただきました。後姿の女の子は、なずなひよこ様です。 2022/09/08 ◇◇◇◇◇ パーキンソン病病歴 2017年5月頃 プレゼンで喋りにくくなる。 この間、症状の病名が判らず、耳鼻咽喉科、整形外科、整体、鍼灸院、脳神経外科MRIと回る。 2018年5月21日 市立病院の検査で診断を受け、投薬開始。 2020年 市中の内科に変わる 症状 発生順 しゃべりにくい 睡眠障害 途中覚醒 朝の太陽光が眩しい 手による作業がやりずらい 便秘 腰痛 主に左 目の焦点が合わない時がある 夕方になると足の指が冷たくなりむくむ 2022/05

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6時間4分

    この作品を読む

  • まのう! ~魔王様? それ、人間界で育ちますっけ?~

    4コマ風の超短編ほのぼの魔界辺境農家日記

    821,650

    1,985


    2023年2月6日更新

    【5秒で読み終える4コマ風の超短編異世界ファーマーファンタジー】 ※2022/12/10 第2部完結済 ※29000PV感謝です!! ※ほぼ毎日投稿です。 ――ここは、魔王様の統治する魔国。その辺境の辺境。 世間は人間との戦争で大変みたいだけど、ここはそんなの関係ない。ほのぼのと日々を過ごして、日記を残す。そんな毎日。 小さな小さな、魔界のファーマーダイアリー。 誰であろうと、美味しいものには勝てないのである……!

    読了目安時間:15時間9分

    この作品を読む

  • 兎人ちゃんと異世界スローライフを送りたいだけなんだが

    世界一可愛い兎人ちゃんはここにいますよ🐰

    3,117,538

    190,317


    2023年2月6日更新

    ■ウサギ成分を多く含む『ほのぼの×ダークファンタジー』作品です。 黒髪黒瞳の青年は人間不信が原因で仕事を退職。ヒキニート生活が半年以上続いたある日のこと、自宅で寝ていたはずの青年が目を覚ますと、異世界の森に転移していた。 右も左もわからない青年を助けたのは、垂れたウサ耳が愛くるしい白銀色の髪をした兎人族の美少女。 青年と兎人族の美少女は、すぐに意気投合し共同生活を始めることとなる。その後、青年の突飛な発想から無人販売所を経営することに。 そんな二人に夢ができる。それは『三食昼寝付きのスローライフ』を送ることだ。 青年と兎人ちゃんたちは苦難を乗り越えて、夢の『三食昼寝付きのスローライフ』を実現するために日々奮闘するのである。 三百六十五日目に大戦争が待ち受けていることも知らずに。 ●第1章:異世界生活編 (1話〜43話) ●第2章:出逢い編 (44話〜84話) ●第3章:成長編 (85話〜180話) ●第4章:恋愛編 (181話〜274話) ●外伝:白兎月歌 (1話〜56話) ●第5章:大戦争編 (275話〜未定) ◆2021/08/17:小説家になろうにて投稿を開始しました。 ◆2021/12/09:第10回ネット小説大賞の読者ピックアップに掲載されました。 ◆2022/05/12:第10回ネット小説大賞の一次選考通過しました。 ◆2022/07/19:ノベルアッププラス様で異世界ファンタジーランキング日間1位を初獲得。 ◆2022/07/20:ノベルアッププラス様で総合ランキング日間1位を初獲得。 ◆2022/08/02:ガトラジで作品が初めて紹介されました。 ◆2022/08/10:第2回一二三書房WEB小説大賞の一次選考通過しました。 ◆2022/09/29:ノベルアッププラス様で異世界ファンタジーランキング週間1位を初獲得。 ◆2022/09/30:ノベルアッププラス様で総合ランキング週間1位を初獲得。 ◆2022/12/04:ノベルアッププラス様で異世界ファンタジーランキング月間1位を初獲得。 ◆2022/12/04:ノベルアッププラス様で総合ランキング月間1位を初獲得。 ※小説家になろう様でも連載中です。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:51時間14分

    この作品を読む

  • ダンシング・ウェポン

    それは、武器を持たない戦士…!

    283,810

    3,799


    2023年2月5日更新

    80年代のアメリカの街、メンフィス。空前のダンスブームのこの街では、鍛え上げられたブレイクダンサーたちがスケボーで走り回り、建物間を飛び回る。喧嘩、場所取り、異性へのアピール、どんなことも踊って決めるのが彼らの風習。 その中で、トップクラスのB-boyとして腕を振るうスパイクは、謎の少女フレアの紹介により、大男赤蜂とバトルすることになる。しかし、彼女にはある秘密があった…。さらに、B-boyたちを蝕む陰謀が、徐々に明らかになる…! 自身の欲望や名誉のために交錯するダンサーたち。これは、この時代に生きた若きダンサーたちの、プライドと葛藤を描いた物語! ※ダンスの知識が無くても楽しめます! ※今作は一部、実在する場所や建物の名称を使用していますが、物語そのものはフィクションです。ダンサーのしきたりや街での抗争も創作であり、実際のダンサーの行動様式とは異なります。それを理解した上でお楽しみください。 表紙絵、作中挿絵は自作しております! 使用アプリ:ibisPaint X

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間10分

    この作品を読む

  • 開拓者のラルフ

    誰よりも弱者なラルフは前を向いて生きる

    29,312

    0


    2023年2月3日更新

    スラム街に住む住人たちは同じ身分の平民でさえからも「はぐれ者」として厄介者扱いされる。 そんなはぐれ者の中でもバカにされる青年がいた。 その青年の名は「ラルフ」 腐った物や虫でさえも平気で口にする姿はまるで泥をすするようだと「ドブネズミのラルフ」と罵られていた。 はぐれ者たちは明日以降の事は考えない。 なぜなら考えても仕方がないからだ。 今日なんとか生き延びる事を考え、余裕があれば明日の生き延びる事を考える。 そうやって命を繋ぐ事を考えて生きる。 だが、ラルフは違った。 ラルフは夢を抱いていた。 その夢は「開拓者」となり、活躍すること。 どれだけ飢えようとも、どれだけバカにされようともラルフは前を向いた。 全ては開拓者になるために。 開拓者となって活躍するために。 ラルフはそれだけを胸に秘め、日々を生きる。 そんなラルフは1人の女性と出会う事になる。 その女性は王女シンシアであった。 身分の差から考えれば決して交わる事のない2人。 ラルフとシンシアは数奇な運命によって出会いを果たす。 そして運命の歯車は動き出す。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間39分

    この作品を読む